台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


尖閣諸島でも日米軍事演習を行うべき

中国が8月4日、日本のEEZ(排他的経済水域)内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。着弾した場所は、波照間島周辺のEEZ内をはじめ、我が国領土から最も近い着弾地点は与那国島から80kmである。

中国が撃った弾道ミサイル9発のうち7発は中国大陸から我が国の領土領海に向け撃っており、うち4発は台湾本島を超えて日本のEEZ内に着弾した。まさにこれだけでも「台湾有事は日本有事」ということが分かるがメディアの反応は鈍い。どれだけ危機的な状況か分かっているのだろうか。

そして、日本政府の対応も国民に危機をしっかりと伝えるものになっていない。着弾直後に政府は外務次官が駐日中国大使に抗議し、岸信夫防衛大臣が記者会見を行った。しかし、私がもし総理大臣であれば、速やかに国民に向け記者会見を行い、政府は何があっても国家国民を守ることを改めて表明するとともに、我が国を守るために対中国の演習を行うことを表明したであろう。

中国は我が国の出方を注視している。同規模の軍事演習を我が国は行って当然であり、その際に起きる「日本がエスカレートさせている」との論は、国際社会においては全く逆で、「日本は国を守るためにごく当たり前のことをしている」との話となる。むしろ、我が国が何もしないことによって、中国は「サラミスライス戦略」で、どんどん侵略ラインを押し込んでくるのである。

我が国は、弾道ミサイルを撃ち込まれた南西諸島海域=台湾東側海域のみならず、尖閣諸島においても演習を行うべきである。尖閣の久場島や大正島には米軍の射爆撃場エリアが設定されており、日本が許可をすれば、米軍単独のみならず日米共同の訓練をすることができる。

中国は、「尖閣は台湾の一部であるから中国の領土である」と荒唐無稽な主張をしており、だからこそ台湾有事は日本有事であるわけだが、今こそ尖閣の実効支配を高め、いかなる時も領土領海を守る断固とした行動を取るべきだ。

ペロシ下院議長はなぜ台湾を訪問したか

Getty logo

今年は日中国交正常化50年であるが、弾道ミサイルを我が国に向けて発射したばかりか、翌日の8月5日には東アジアサミットにおいて林芳正外務大臣の発言中に王毅中国外相が退室するという非礼があった。

日中国交正常化50年関連式典は政府関係では当然行う状況ではないし、日中外相会談も中国側に一方的にキャンセルされており、高レベル会談も全て中止すべきである。中国は歴史の節目など関係ないと高をくくっているのであるから、我が国も当然の対応をすべきだ。

今回、なぜペロシ米国下院議長が台湾を訪問したのか。それは台湾有事の危機が高まっていることに他ならない。下院議長一行が自身や議会の意志だけで来訪したのではない。そこには米国政府の意志がある。

なぜなら、ペロシ下院議長の台湾訪問時に、米海軍は原子力空母ロナルドレーガンを中心とする空母打撃群を台湾東側海域に派遣したし、沖縄県の米軍嘉手納基地には空中給油機を20機以上集結させた。

一昨年の10月には、クアッド(日米豪印)の外相会議が緊急で開かれ、トランプ大統領の再選がかかる大統領選挙直前にポンペイオ米国務長官が来日した。その際も中国による台湾侵略の動きを止めるための緊急的な会合であったが、今回も台湾侵略に対して米国としてくさびを打ち、阻止するためのものであったと私は考える。

関連する投稿


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

派閥全廃とその先の根本的な党改革を構築するため、「政治(まつりごと)変革会議」を今月22日に結成した。党変革、政治変革が中途半端に終われば、自民党は国民の信を失い、下野し、将来消滅する――。(サムネイルは自民党HPより)


「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

自衛隊に入隊する多くの人は、誰かの役に立ちたい、家族や国民の命を守りたいという思いをもっている。しかし自衛隊は隊員を大切にしない。入隊時には説明されていなかった無数の職務が課され、休養を取る時間すらないのが現実だ。(サムネイルは「防衛省統合幕僚監部」のXより)


最新の投稿


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。