なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


U.S.TOYSはミニソフビで億万長者?

ワンフェスには日本全国、そして海外からも人が来ているので色んな人に会えるのが楽しい。
U.S.TOYSさんも関西だが、関西軍団のお仲間に会えるのが嬉しい。

『ステルス田中雷工房』は毎回驚愕のプロップ風レプリカを販売している。科学特捜隊、ウルトラ警備隊、MAT(モンスターアタックチーム)のヘルメットは毎回瞬殺完売。オープンと同時に売り切れてしまう。
その他、今回も新作がずらーっと並んでいた。スパイダーショット、モロボシ・ダンの杖、アンドロイド01コンパクト(ウルトラセブン)、ドロシーアンダーソンのブローチ(ウルトラセブン)、郷秀樹のペンダント(帰ってきたウルトラマン)。

スパイダーショットは初代ウルトラマン劇中で使われる科学特捜隊のウェポンで、劇中では何度か登場している。でも今回のスパイダーショットは、フルハシ(毒蝮三太夫さん)が使っているのではなくイデ(二瓶正也さん)が使ったバージョンだ。

モロボシ・ダンの杖は『ウルトラマンレオ』劇中で脚を痛めているダンが使っている杖である。子供の頃、テレビを観ていて「かっこいい杖だ」と思っていたからプロップ風レプリカとして再現してくれた事が非常に嬉しい。

ステルス田中雷工房のプロップ風レプリカが好き。スパイダーショット&杖、最高!

モロボシ・ダンの杖。

ここまでは劇中で何度も目にするプロップだが、アンドロイド01コンパクト、ドロシーアンダーソンのブローチ、郷秀樹のペンダントは違う。一回だけの登場。

しかも、一瞬しか映らない物である。バカが付くほどマニアック!!!だから余計に楽しい。
ステルス田中雷工房の並びは田中さんのお仲間で、『ウルトラセブン』に登場したメトロン星人やクール星人の円盤を販売。これらも本当に素晴らしい。

関連する投稿


なべやかん遺産|「胸像」

なべやかん遺産|「胸像」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「胸像」!


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エモリ宇宙人」!


なべやかん遺産|「ショッカー」

なべやかん遺産|「ショッカー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ショッカー」!


なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「女性胸コレクション」!


最新の投稿


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。