なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


マニア垂涎のイベント

7月24日、幕張メッセで行われた世界最大のガレージキットイベント『ワンダーフェスティバル2022夏』に行って来た。コロナの影響で去年は中止になり今年2月に行われた時はブース数や来場者が少なく寂しい感じがした。

しかし、今回はコロナ前とまでは行かないがイベントに飢えた人々で賑やかな空間になっていた。ワンフェスには初回(84)から参加し、東京ビッグサイトでのエスカレーター事故(08)の時も事故現場を目撃している。正直、あの事故は運営側の落ち度は見当たらない。
皆さんおとなしくエスカレーターに乗っていたからね。

それなのに急にエスカレーターが轟音を立てて下がってしまった。あれで事故になるのなら震災などの非常事態の時に人が押し寄せたら大変な事故になるね。通勤ラッシュ時の新宿駅だって同じくらい毎日混んでい
るのに。

ワンフェスの楽しさは当日版権という、この日だけ許諾が許された商品発売がある事だ。その為かなりマニアックな商品が発売されるので、それ目当てに訪れる人も多い。
イベント終了後、色んな人のSNSを見て「え、こんな商品が発売されていたの!?」と会場で発見できなかった悔しさに涙ぐんでふて寝する事も頻繁にある。

会場巡りは毎回『M1号』ブースからスタートする。『M1号』のオーナー・西村さんはコレクターの師匠である。まず師匠夫婦にご挨拶をし、今回販売される怪獣ソフビをチェックされていただく。

怪獣ブーム当時のデフォルメ怪獣ソフビを継承し91年にケムール人を発売すると大ヒット商品になった。M1号のケムール人が起爆剤になり後のディフォルメソフビブームに繋がっていく。ソフビを集めている人達はそういった歴史も是非お勉強していただきたい。

M1号のブース。ガラモン、鉄人28号、共に素晴らしい。どちらも欲しい。

バカが付くほどマニアック!

M1号のお隣は『U.S.TOYS』。ミニサイズの怪獣ソフビをメインに販売し、種類もカラーバリエーションも豊富にある。

「ミニソフビで億万長者?」と思うくらい様々な種類が発売されているので、税務署の方はU.S.TOYSさんをチェックした方が良いですよ!(笑)

関連する投稿


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


最新の投稿


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!