なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


マニア垂涎のイベント

7月24日、幕張メッセで行われた世界最大のガレージキットイベント『ワンダーフェスティバル2022夏』に行って来た。コロナの影響で去年は中止になり今年2月に行われた時はブース数や来場者が少なく寂しい感じがした。

しかし、今回はコロナ前とまでは行かないがイベントに飢えた人々で賑やかな空間になっていた。ワンフェスには初回(84)から参加し、東京ビッグサイトでのエスカレーター事故(08)の時も事故現場を目撃している。正直、あの事故は運営側の落ち度は見当たらない。
皆さんおとなしくエスカレーターに乗っていたからね。

それなのに急にエスカレーターが轟音を立てて下がってしまった。あれで事故になるのなら震災などの非常事態の時に人が押し寄せたら大変な事故になるね。通勤ラッシュ時の新宿駅だって同じくらい毎日混んでい
るのに。

ワンフェスの楽しさは当日版権という、この日だけ許諾が許された商品発売がある事だ。その為かなりマニアックな商品が発売されるので、それ目当てに訪れる人も多い。
イベント終了後、色んな人のSNSを見て「え、こんな商品が発売されていたの!?」と会場で発見できなかった悔しさに涙ぐんでふて寝する事も頻繁にある。

会場巡りは毎回『M1号』ブースからスタートする。『M1号』のオーナー・西村さんはコレクターの師匠である。まず師匠夫婦にご挨拶をし、今回販売される怪獣ソフビをチェックされていただく。

怪獣ブーム当時のデフォルメ怪獣ソフビを継承し91年にケムール人を発売すると大ヒット商品になった。M1号のケムール人が起爆剤になり後のディフォルメソフビブームに繋がっていく。ソフビを集めている人達はそういった歴史も是非お勉強していただきたい。

M1号のブース。ガラモン、鉄人28号、共に素晴らしい。どちらも欲しい。

バカが付くほどマニアック!

M1号のお隣は『U.S.TOYS』。ミニサイズの怪獣ソフビをメインに販売し、種類もカラーバリエーションも豊富にある。

「ミニソフビで億万長者?」と思うくらい様々な種類が発売されているので、税務署の方はU.S.TOYSさんをチェックした方が良いですよ!(笑)

関連する投稿


なべやかん遺産|「胸像」

なべやかん遺産|「胸像」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「胸像」!


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エモリ宇宙人」!


なべやかん遺産|「ショッカー」

なべやかん遺産|「ショッカー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ショッカー」!


なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「女性胸コレクション」!


最新の投稿


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。