欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

フランスの大統領選挙決選投票で、中道派で現職のエマニュエル・マクロン大統領が、極右のマリーヌ・ルペン候補を破って当選した。フランスに限らずヨーロッパの政治事情に日本人は疎い。この大統領選挙の意味、ヨーロッパ政治の今後、八幡和郎氏が徹底解説!


ルペンと日本の保守派の違い

フランスでは大統領選挙の直後に総選挙が行われるが、前回はマクロン新大統領への期待からマクロン支持派が圧勝し、選挙後に「共和国前進」を結成した。第二党は共和党で、社会党など左派は惨敗、国民戦線は全体の二%弱の議席しかとれなかった。
 
今回の選挙の構図は最終的なものでないが、「共和国前進」が「再生」と党名を変えて中道派や共和党分離派(フィリップ前首相ら)と組み、左派では「不服従のフランス」、社会党、共産党、環境派が協力する。社会党内に反EU・反NATOの「不服従のフランス」と手を組むことには反対も多いが背に腹は替えられない。
 
こうなると共和党と国民連合が保守連合で結びたいところだが、共和党内ではルペンへの拒否感が強いので踏み切れないだろう。現時点での予想では、マクロン派が過半数を確保出来るかは微妙だが第一党となり、左派が第二党となるとみられている。
 
左派は共産党まで含めて選挙協力するのに、右派はバラバラだ。その結果、半年前には第一党になるという予想もあった共和党は現状議席を維持できず、国民連合は議席を伸ばすがたいしたことはないと予想される。
 
さすがに馬鹿らしいと、ルペンがこれまでよりさらに中道化することでドゴール派とルペン派の協力が少しでも動く可能性はまったくないわけではない。
 
ここで、ドイツの政局に目を移すと、二〇二一年九月の選挙の得票率で、社民党が二六%、緑の党が一五%、自民党が一二%で、この三党で連立与党を組んでいる。第二党はキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)で二四%。
 
このほか、極右とされるドイツの選択肢(AfD、一〇%)と東ドイツ与党の残存勢力と社民党左派が組んだ左翼党は五%だが、この二党は反体制的だとして連立の相手からは排除するのが暗黙の了解になり、大連立もたびたびである。
 
だが、フランスでもドイツでも、極右政党が安定して一〇%~二〇%超の得票をしているなかで、それをいつまでも体制外扱いするのは、無理がある。
 
まして、ウクライナ紛争の影響で経済苦境が深刻化し、戦争に巻き込まれる恐れも増す中でドイツなどでは極右が支持を伸ばすと予想され、その時に矛盾はますます拡大するだろう。すでにイタリアでは極右政党も政権に参加しており、スペインでも地方レベルでは同様だから仏独でもタブー視し続ける理由も稀薄なのである。
 
そうしたときに、もしかすると日本モデルは、ひとつの参考になるかもしれない。つまり、日本には極右的政党がほとんどなく、少し議席をもってもやがて自民党に吸収されてきた。
 
それは、自民党が党内保守派にあまりタブーを設けずに自由に発言させガス抜きさせたり、保守派が望む政策で党内リベラル派の抵抗も少ないものは実現していくことにある。
 
一方で、公明党というハト派的な外交防衛政策と場合によっては穏健ながらも大衆の喜ぶ政策も掲げる連立中道与党があって、ほどほどに折り合いをつけてもいる。
 
フランスやドイツは、この日本モデルを少し勉強してみるとよいのではないか。
 
ちなみに、英国や米国では小選挙区制度による二大政党制が堅固で、極右、極左政党の伸長は難しいが、予備選挙の普及で二大政党の方が却って極右・極左化して別の問題が生じている。ドナルド・トランプやボリス・ジョンソンはヨーロッパ大陸から見れば完全な極右だし、民主党や労働党の左派は議員数以上の猛威を振るっている。
 
予備選挙では中道寄りの候補より、極端に右とか左の過激な党員が熱心に運動したり投票する傾向があるからだ。

Getty logo

仏独と英米の対立とウクライナ

ウクライナ紛争で仏独の極右勢力は親プーチンだ。一見、不思議に見えるが、これには理由がある。いま西ヨーロッパはご多分にもれずポリティカル・コレクトネスが猛威をふるい、伝統的価値観を攻撃している。
 
ところが、プーチンのロシアではLGBTに対して否定的だし、国家への忠誠が求められ徴兵制も健在だ。伝統文化や宗教も大事にされ、モスクワにはロシア正教の本山で革命によって破壊された救世主ハリストス教会が再建された。
 
ルペンがロシアの銀行から借金をしているのが問題になったが、フランスの金融機関が極右排除のために融資しないのでロシアから借りたのだ。西欧自身がロシアの工作を許す隙を与えている。

フランスは伝統的にロシアと関係が深い。日清戦争後の三国干渉もそうだし、二度の世界大戦の連合国でもある。戦後もフランスは独自の核戦力を持ち米ソの調停者となった。
 
一方、ドイツとの和解を深化させ、それがEU統合に結実した。フランスは狭い地域での通貨統合まで含めた深い統合を主張したが、ドイツは東欧まで含めた広く浅くを好み、妥協して「広く深い統合」が行われ、それにやや無理が生じている。
 
両国とも主導権の喪失を怖れて巨大なロシアを入れることは将来ともに考えてない。ウクライナの加盟も西欧への移民が自由になることなどを嫌って、近い将来には無理と拒否、戦争に巻き込まれるのは嫌なのでNATO加盟も拒否してきた。
 
なにしろ、ウクライナの一人あたりGDPはEU最下位のブルガリア(ロシアと同水準)の三分の一で、人口はその八倍の四千万人もいる。しかし、今回の紛争での犠牲に同情して加盟圧力が強くなるのは避けられない。それ以前にすでに数百万人が西ヨーロッパに難民として来てしまっており、加盟させたら人口の半分くらい移民しかねない。
 
そうなると、辻褄合わせのために、イスラム教徒やアフリカからの難民・移民を排除する圧力が高まり極右政党も勢いづくだろう。
 
穏健派が右派・左派を問わず過度の理想主義に走ったあげく、極右と極左両方のポピュリズムを台頭させてしまった。極右政党のうちルペンのような穏健派を共和党のような中道右派政党が上手に吸収していくことも選択肢であるべきだ。
 

関連する投稿


岸田文雄氏の総裁選出が“理にかなっている”ワケ|八幡和郎

岸田文雄氏の総裁選出が“理にかなっている”ワケ|八幡和郎

注目を集めた自民党総裁選は、岸田文雄氏の勝利で決着がついた。 八幡和郎氏は以前から、岸田氏の外交力を高く評価。また、過去の寄稿で、河野太郎氏や高市早苗氏、野田聖子氏らを的確に分析している。改めて、2020年9月号の記事を掲載!


秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

突如、眞子様、小室圭氏年内ご結婚の情報が。小室圭氏問題をいち早く批評してきた筆者。月刊『Hanada』2021年9月号の寄稿に、新たな序文を加え、再録!


小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

眞子様がご結婚され、小室眞子さんに。この結婚は素直に祝福する気持ちになれない国民は多いのではないだろうか。今さら聞けないゼロから分かる「小室圭・佳代母子問題」を緊急解説!


コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対策でにわかに注目されている厚労省の「医系技官」。 しかし、彼らは霞が関の「獅子身中の虫」だった! 医療界の内情に詳しい筆者が、その知られざる実態を暴く!


玉城デニー知事当選はアベノミクスの恩恵|八幡和郎

玉城デニー知事当選はアベノミクスの恩恵|八幡和郎

翁長雄志前知事の死去に伴う沖縄県知事選挙は、翁長氏の後継候補だった玉城デニー(前代議士)が、自民・公明・維新などが推す佐喜眞淳(前宜野湾市長)を破って当選した。 玉城氏が55パーセントで佐喜眞氏とはそれなりの差ともいえるが、選挙戦の初めの頃は65パーセントと35パーセントといわれていたから、当初の劣勢をよく挽回したが、逆転するには時間が足りなかったというべきだ。


最新の投稿


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。