秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

突如、眞子様、小室圭氏年内ご結婚の情報が。小室圭氏問題をいち早く批評してきた筆者。月刊『Hanada』2021年9月号の寄稿に、新たな序文を加え、再録!


秋篠宮家の長女眞子様と小室圭氏が年内に結婚されると報道されている。小室氏がNY州弁護士試験を合格することを前提に、アメリカでの新生活を念頭に置いているようだ。

また、秋篠宮殿下は、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ婚約の儀式は行えない」との考えを示されてきたが、「必ずしも多くの国民が祝福する状況になっていない」ので、「コロナ禍の現状も踏まえ、一般の結納にあたる納采の儀や結婚式などの関連儀式は行わない」「一億数千万円の一時金は、受け取らない意向」と伝えられている。
 
「月刊Hanada」で私は、2018年4月号で「眞子様『結婚延期』の真実」という記事を書いたが、これは総合雑誌において最初にこの問題を扱った記事だった。その後も何度か書いているが、2021年9月号ではこの記事を掲載した。
 
今回の結婚は止められないのでさせるが、正式な儀式は行わないし、皇室としてはある意味で縁を切るというという解決は、そこで選択肢として上げた可能性のひとつで、本人にとっても皇室にとっても、多くの困難が予想される結婚ではあるが、憲法で両性の合意による結婚が原則とされている趣旨に従えば、阻止することは難しいので、それなりに筋を通したものとして、歓迎はしないが評価したいと思う。願わくば、妙な妥協はしないで欲しいと思う。

批判の矛先が眞子様へ

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子様と小室圭氏の婚約騒動でのお二人の気持ちと行動は、しばしば論じられている。以前は、もっぱら小室圭氏に批判が集中していたが、このごろは眞子様へ批判の矛先は向かっている。
 
一方、秋篠宮殿下・妃殿下についてはあまり論じられていない。しかし、この問題を混迷させているのが、皇族方とそれを補佐すべき宮内庁のスタッフがこのような問題について世知に長けていなかったことだという視点も必要なのでないか。
 
国民からも、ご両親である両殿下などにこうしたらともっとアドバイスするべきでないかと思う。そこで、あえて口火を切るつもりで畏れ多いが、「秋篠宮殿下ご夫妻は、親としてこうされては」という提案をしてみようと思う。
 
ただ、本誌の読者には眞子様までが公然と批判の標的になっているのをご存じない方もおられると思う。なぜなら、週刊誌やSNSでは炎上中だが、テレビや一般紙では遠回しの表現に留まっているからだ。
 
眞子様に対する批判が表面化したのは、小室圭氏がお粗末な弁解文書を出したあと、宮内庁が「文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」との眞子さまのコメントを明らかにしたからである。
 
しかも、秋篠宮家の官房長官ともいえる加地隆治皇嗣職大夫が定例記者会見で、文書は眞子さまと小室さん側が相談したうえで公表されたこと、母親と元婚約者の金銭トラブルに際し、話し合いをせずに金を渡して解決する選択を取らない方針が記されていることについて、この方針は「(眞子さまの)意向が大きかったと聞いている」と述べたのである。 
 
こういう説明をすること自体、両殿下や眞子様の希望に基づいたものであろうし、解決金を払うという方針転換についても、眞子様が承知されていないとは考えにくい。
 
もともと小室氏に批判が集中したのは、眞子様自身を批判しにくいとか、眞子様の好感度が高く世間知らずのお姫様のイメージが強く、小室氏が瞞したのに相違ないという思い込みがあるからでもある。

しかし、私は29歳の成年女性である眞子様にかえって失礼だといってきた。小室圭氏がいささか厄介なタイプの人物であることはたしかだ。しかし、逆玉を狙うことは、爽やかではないが、許されない行為ではない。
 
もともと、逆玉志向だったらしい小室圭氏が、思いもかけぬ大魚に巡り合って、必死に眞子様の心をつかむ努力をしても悪いこととはいえない。あるいは、熱心だったのは眞子様のほうだったかもしれないし、両殿下もそれほどネガティブだったわけでもない。逆に眞子様は、内親王としていささか無責任に過ぎる。プリンセスに生まれたがゆえの責任をまったく否定したら、君主制度は成り立たない。
 
ところが、批判が小室母子にばかりに行くので、心優しい眞子様が「気の毒だ。小室さんだけでなく、お母様までひどくいわれるのも全て私のせいだ」と考えられておられるようだ。その意味でも、眞子様にも心温かくも厳しい諫言をするべきだ。
 
また、秋篠宮殿下ご夫妻にも進言をしたいと思う。もちろん、ひとつの案であるから、いろんな人があとに続いてくれたらいいと思う。また、殿下への提案への書式など見当もつかないので、「提言の内容」ということにさせていただく。

小室氏がとるべき行動

関連する投稿


欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

フランスの大統領選挙決選投票で、中道派で現職のエマニュエル・マクロン大統領が、極右のマリーヌ・ルペン候補を破って当選した。フランスに限らずヨーロッパの政治事情に日本人は疎い。この大統領選挙の意味、ヨーロッパ政治の今後、八幡和郎氏が徹底解説!


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

今回の報告書が男系の皇統維持の立場に立ち、旧宮家の男系男子孫を養子とする方策を提示したことは当然とはいえ画期的であり、心から歓迎したい。一方で、立憲民主党の泉健太代表や西村智奈美幹事長の主張は全く的外れである。


月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

「岸田総理 憲法改正宣言!」をはじめ、「高市早苗×櫻井よしこ」の特別大型対談、総力大特集「日本の争点!」、総力特集「習近平の限界!」、特集「眞子様ご結婚問題の核心!」、「新・創価学会研究」、「コロナ禍、徹底検証!」、グラビア特集「追悼・すぎやまこういち」など12月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

読売新聞は「ひとつ」、福島民報は「みっつ」、新潟日報は「よっつ」、久しぶりに伏字が発生!各新聞社の度量なのか、それとも…? 広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。