秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

突如、眞子様、小室圭氏年内ご結婚の情報が。小室圭氏問題をいち早く批評してきた筆者。月刊『Hanada』2021年9月号の寄稿に、新たな序文を加え、再録!


秋篠宮家の長女眞子様と小室圭氏が年内に結婚されると報道されている。小室氏がNY州弁護士試験を合格することを前提に、アメリカでの新生活を念頭に置いているようだ。

また、秋篠宮殿下は、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ婚約の儀式は行えない」との考えを示されてきたが、「必ずしも多くの国民が祝福する状況になっていない」ので、「コロナ禍の現状も踏まえ、一般の結納にあたる納采の儀や結婚式などの関連儀式は行わない」「一億数千万円の一時金は、受け取らない意向」と伝えられている。
 
「月刊Hanada」で私は、2018年4月号で「眞子様『結婚延期』の真実」という記事を書いたが、これは総合雑誌において最初にこの問題を扱った記事だった。その後も何度か書いているが、2021年9月号ではこの記事を掲載した。
 
今回の結婚は止められないのでさせるが、正式な儀式は行わないし、皇室としてはある意味で縁を切るというという解決は、そこで選択肢として上げた可能性のひとつで、本人にとっても皇室にとっても、多くの困難が予想される結婚ではあるが、憲法で両性の合意による結婚が原則とされている趣旨に従えば、阻止することは難しいので、それなりに筋を通したものとして、歓迎はしないが評価したいと思う。願わくば、妙な妥協はしないで欲しいと思う。

批判の矛先が眞子様へ

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子様と小室圭氏の婚約騒動でのお二人の気持ちと行動は、しばしば論じられている。以前は、もっぱら小室圭氏に批判が集中していたが、このごろは眞子様へ批判の矛先は向かっている。
 
一方、秋篠宮殿下・妃殿下についてはあまり論じられていない。しかし、この問題を混迷させているのが、皇族方とそれを補佐すべき宮内庁のスタッフがこのような問題について世知に長けていなかったことだという視点も必要なのでないか。
 
国民からも、ご両親である両殿下などにこうしたらともっとアドバイスするべきでないかと思う。そこで、あえて口火を切るつもりで畏れ多いが、「秋篠宮殿下ご夫妻は、親としてこうされては」という提案をしてみようと思う。
 
ただ、本誌の読者には眞子様までが公然と批判の標的になっているのをご存じない方もおられると思う。なぜなら、週刊誌やSNSでは炎上中だが、テレビや一般紙では遠回しの表現に留まっているからだ。
 
眞子様に対する批判が表面化したのは、小室圭氏がお粗末な弁解文書を出したあと、宮内庁が「文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」との眞子さまのコメントを明らかにしたからである。
 
しかも、秋篠宮家の官房長官ともいえる加地隆治皇嗣職大夫が定例記者会見で、文書は眞子さまと小室さん側が相談したうえで公表されたこと、母親と元婚約者の金銭トラブルに際し、話し合いをせずに金を渡して解決する選択を取らない方針が記されていることについて、この方針は「(眞子さまの)意向が大きかったと聞いている」と述べたのである。 
 
こういう説明をすること自体、両殿下や眞子様の希望に基づいたものであろうし、解決金を払うという方針転換についても、眞子様が承知されていないとは考えにくい。
 
もともと小室氏に批判が集中したのは、眞子様自身を批判しにくいとか、眞子様の好感度が高く世間知らずのお姫様のイメージが強く、小室氏が瞞したのに相違ないという思い込みがあるからでもある。

しかし、私は29歳の成年女性である眞子様にかえって失礼だといってきた。小室圭氏がいささか厄介なタイプの人物であることはたしかだ。しかし、逆玉を狙うことは、爽やかではないが、許されない行為ではない。
 
もともと、逆玉志向だったらしい小室圭氏が、思いもかけぬ大魚に巡り合って、必死に眞子様の心をつかむ努力をしても悪いこととはいえない。あるいは、熱心だったのは眞子様のほうだったかもしれないし、両殿下もそれほどネガティブだったわけでもない。逆に眞子様は、内親王としていささか無責任に過ぎる。プリンセスに生まれたがゆえの責任をまったく否定したら、君主制度は成り立たない。
 
ところが、批判が小室母子にばかりに行くので、心優しい眞子様が「気の毒だ。小室さんだけでなく、お母様までひどくいわれるのも全て私のせいだ」と考えられておられるようだ。その意味でも、眞子様にも心温かくも厳しい諫言をするべきだ。
 
また、秋篠宮殿下ご夫妻にも進言をしたいと思う。もちろん、ひとつの案であるから、いろんな人があとに続いてくれたらいいと思う。また、殿下への提案への書式など見当もつかないので、「提言の内容」ということにさせていただく。

小室氏がとるべき行動

関連する投稿


小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

眞子様、小室圭さん年内ご結婚!だが国民の疑問や不安は未だ解消されたとは言い難い。今さら聞けないゼロから分かる「小室圭・佳代母子問題」を緊急解説!


「2021年9月号」新聞広告大公開!

「2021年9月号」新聞広告大公開!

スポンサー以外、東京五輪を応援してはいけない?3社とも「弊誌は東京五輪を応援します!」というキャッチコピーがNGに…。何に変更したのか、ぜひご覧ください。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対策でにわかに注目されている厚労省の「医系技官」。 しかし、彼らは霞が関の「獅子身中の虫」だった! 医療界の内情に詳しい筆者が、その知られざる実態を暴く!


【動画】月刊『Hanada』最新6月号の読みどころ|花田紀凱×和田憲治

【動画】月刊『Hanada』最新6月号の読みどころ|花田紀凱×和田憲治

興味のある記事から読んでほしい!「“コムロ禍”という皇室の重大危機」(櫻井よしこ×竹田恒泰 )、「 絶対に治らない中国共産党の病理」(櫻井よしこ×有本香)、「小池百合子都知事のコロナ暗愚都政」(上田令子)、「“実子誘拐”は犯罪だ」(橋本崇載)、「朝日がつくった福島"汚染水"の風評」(藤原かずえ)など、花田編集長が「最新号の読みどころ」を解説!


最新の投稿


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

急転直下、辞任に意向を示した菅総理。朝日、毎日は勝ち誇ったように報じるが、マスコミが「コロナ恐怖」を煽り、国民はその八つ当たりで政権を非難していたに過ぎない。菅総理の功績を、いまこそ振り返ろう。


新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

「安倍さんに『出馬してください!』と何十回お願いしても『100%ない』とおっしゃるので、7月下旬、もうこれが最後との思いで、もう一度お願いしました。そこできっぱり断られたので、『そんなんやったら、私、出たるからな』と安倍さんに言うたんです。止められもせず、勧められもしませんでしたが。勉強会を何度も重ねて、一緒に政策作りにも励んできました。『書き溜めてきた政策はどうすればいいんですか』と安倍さんに尋ねたら、『高市さんが発表すればいいじゃない』と(笑)」(月刊『Hanada』2021年10月号より)。独占無料公開! 高市早苗議員が日本を強くする「経済強靭化計画」のすべてを語った!