コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対策でにわかに注目されている厚労省の「医系技官」。 しかし、彼らは霞が関の「獅子身中の虫」だった! 医療界の内情に詳しい筆者が、その知られざる実態を暴く!


尾身茂会長の上から目線の「ご神託」

Getty logo

新型コロナウイルスの感染が収束しないなか、東京五輪・パラリンピックの開催について、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、6月3日の参院厚生労働委員会で、「なるべく早い時期に、われわれの考えを正式にしかるべきところに表明しようと思っている」と、上から目線の「ご神託」を下そうといわんばかりの発言をした。

「本来はパンデミック(世界的大流行)でやることが普通ではない。それをやろうとしているわけで、やるのなら強い覚悟でやってもらう必要がある」「開催すれば国内の感染や医療の状況に必ず何らかの影響を起こす。感染のリスクや医療逼迫への影響について評価するのはプロフェッショナルとしての責務だ」というのである。

それに対して、脳科学者の茂木健一郎氏は、「尾身さんを始めとする医療の『専門家』は、国民の行動変容(家に帰れ、酒を飲むな、出歩くな、五輪をやるな)を言うだけで、自分たちの行動変容(諸外国ではやっている多数のPCR検査、ボランティアによるワクチン接種、ITを利用した人海戦術からの脱出)をしていない。」となかなかの世論を吐いている。

新型コロナ騒動で、憤懣やるかたないのは、尾身会長を筆頭とする医者たちが、自分たちの仕事のやり方はほとんど変えようともせず、医者人生でいちどしか経験しないような状況にあっても、年末年始も連休もしっかり休み、国民に自分たちがこれまで通りのペースで仕事して受け入れられるだけの患者数に抑えるべく、人々の仕事や生活の活動量を削減しろということしか言わないことだ。

そこには、自分たちも頑張るからという姿勢もなければ、五輪・パラリンピックという崇高な目標と感染拡大防止をどうしたら両立できるか、さらには、相互によい影響を及ぼすウィンウィンの関係にすることはできないかといった配慮など露もない。
 

蓮舫氏は議員辞職せよ!

私は、東京五輪は、うまく仕込めば、コロナ蔓延防止にむしろ良い影響を与えるようにできるし、絶対に開催すべきだと思う。

だいたい、五輪を開催すれば、日本人は、外出せずにテレビを見る。いつもの年のお盆お休みをここに前倒しする企業も多そうだ。

それは感染防止になるし、テレビ見て楽しめたら、国民の精神衛生上もいい。MLB大谷選手の活躍を見て、多くの人が、昼間、自宅にいることの寂しさを紛らわせているではないか。

五輪を開催すれば感染が拡大するという批判があるが、選手にはワクチンを打ち、PCR検査を入国の時にもその後も毎日でもするのだから、これ以上、安全なことない。国際的にも、ワクチンを打った観光客も歓迎で動いているのだ。

選手や直接の関係者に絞ったら、医療従事者等四百八十万人の優先対象に比べればごく小さい数字なのだから、日本人関係者に早く広くワクチンを打つべきだ。

政府は五輪の前向きな意味や防御態勢が万全なことを積極的にPRせず、叩かれることばかり気にして低姿勢だから悪循環になっている。

さらに、外食産業のテイクアウトに五輪期間限定で補助券を国民に配ったら、ますますいいではないか。

五輪に限らず、外出を減らしたければ、もっと、テレビを面白くして、日頃と違うものを見せて欲しい。映画、演劇、音楽などの放映権を国が補助してどんどん買い上げて放送させたら文化振興にもなって良いと思う。

観客は、状況に応じて人数を制限したり無観客にしたりすればいいが、日本での開催が数十年にいちどで日程をずらすことも難しい五輪で、プロ野球や甲子園大会、あるいは、アイドルのライブより厳しい制限をすることは理屈に合わない。

5月10日の参院予算委の集中審議で、立憲民主党の蓮舫参院議員が菅義偉首相に「指定病院に選手と国民が同時に搬送された場合、どちらを優先して治療するのか?」と菅首相に質問した。

そして、首相の答弁後に「総理、日本国総理大臣として答弁はたった一つですよ。国民が優先される、でしょう。守るべき命は国民じゃないんですか?」と返した。

「病院が自国民を優先にして外国人を後回しにすべき」というのは、前代未聞の人道上とんでもない発言だ。議員辞職すべきである。

関連する投稿


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

生理食塩水をワクチンと偽って販売などは日常茶飯事の相次ぐ悪質な偽ワクチン事件。そして今や第三国の途上国を実験場にするワクチン外交に対しても批判が続出。中国人自身も信用しない中国製ワクチンの深すぎる闇。


東京五輪開催に賛成する|櫻井よしこ

東京五輪開催に賛成する|櫻井よしこ

五輪開催は私たちが忘れていた日本人の真の力を取り戻すきっかけとなるだろう。全盲のパラリンピック競泳選手、木村敬一氏の言葉が心に響く。 「開催するための努力は、自分たちの社会を取り戻す努力につながる。ウイルスを封じ込めていく努力と、ほぼイコールだと思う。僕らがやろうとする努力は、社会を良い方向へ向けていく努力であるはずだ」


月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

「安倍前総理の独占インタビュー」がNHKをはじめ、新聞各紙で報道され大反響だが、もちろん、注目記事はそれだけではない。百田尚樹「中国虐殺全史」、高橋洋一「『さざ波』で東京オリンピック中止は世界の笑われ者」、馬場伸幸「立憲民主党は日本に絶対必要ない」、遠藤誉×籾井勝人「中国には忖度せず、堂々と"武器"を使え」、山口智「神社本庁を私物化する二人の"妖怪"」、鈴木貴子×三谷英弘「『実子誘拐』一刻も早く法改正を」など、大手メディアが報じない“真相”が7月号も満載!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「聖火リレー、日本を走る!」など7月号も永久保存版!


「2021年7月号」新聞広告大公開!

「2021年7月号」新聞広告大公開!

2020年12月号、●●ウイルス以来のNGあり!NGを出したのは、読売新聞。「尾身茂は『〇〇』だ!」の○○がダメとのこと。話は変わりますが、武漢ウイルスはNGで、なぜインド株はOKなのか…。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!