コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対応を狂わせる「医系技官」のひどすぎる実態|八幡和郎(評論家)

コロナ対策でにわかに注目されている厚労省の「医系技官」。 しかし、彼らは霞が関の「獅子身中の虫」だった! 医療界の内情に詳しい筆者が、その知られざる実態を暴く!


尾身茂会長の上から目線の「ご神託」

Getty logo

新型コロナウイルスの感染が収束しないなか、東京五輪・パラリンピックの開催について、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、6月3日の参院厚生労働委員会で、「なるべく早い時期に、われわれの考えを正式にしかるべきところに表明しようと思っている」と、上から目線の「ご神託」を下そうといわんばかりの発言をした。

「本来はパンデミック(世界的大流行)でやることが普通ではない。それをやろうとしているわけで、やるのなら強い覚悟でやってもらう必要がある」「開催すれば国内の感染や医療の状況に必ず何らかの影響を起こす。感染のリスクや医療逼迫への影響について評価するのはプロフェッショナルとしての責務だ」というのである。

それに対して、脳科学者の茂木健一郎氏は、「尾身さんを始めとする医療の『専門家』は、国民の行動変容(家に帰れ、酒を飲むな、出歩くな、五輪をやるな)を言うだけで、自分たちの行動変容(諸外国ではやっている多数のPCR検査、ボランティアによるワクチン接種、ITを利用した人海戦術からの脱出)をしていない。」となかなかの世論を吐いている。

新型コロナ騒動で、憤懣やるかたないのは、尾身会長を筆頭とする医者たちが、自分たちの仕事のやり方はほとんど変えようともせず、医者人生でいちどしか経験しないような状況にあっても、年末年始も連休もしっかり休み、国民に自分たちがこれまで通りのペースで仕事して受け入れられるだけの患者数に抑えるべく、人々の仕事や生活の活動量を削減しろということしか言わないことだ。

そこには、自分たちも頑張るからという姿勢もなければ、五輪・パラリンピックという崇高な目標と感染拡大防止をどうしたら両立できるか、さらには、相互によい影響を及ぼすウィンウィンの関係にすることはできないかといった配慮など露もない。
 

蓮舫氏は議員辞職せよ!

私は、東京五輪は、うまく仕込めば、コロナ蔓延防止にむしろ良い影響を与えるようにできるし、絶対に開催すべきだと思う。

だいたい、五輪を開催すれば、日本人は、外出せずにテレビを見る。いつもの年のお盆お休みをここに前倒しする企業も多そうだ。

それは感染防止になるし、テレビ見て楽しめたら、国民の精神衛生上もいい。MLB大谷選手の活躍を見て、多くの人が、昼間、自宅にいることの寂しさを紛らわせているではないか。

五輪を開催すれば感染が拡大するという批判があるが、選手にはワクチンを打ち、PCR検査を入国の時にもその後も毎日でもするのだから、これ以上、安全なことない。国際的にも、ワクチンを打った観光客も歓迎で動いているのだ。

選手や直接の関係者に絞ったら、医療従事者等480万人の優先対象に比べればごく小さい数字なのだから、日本人関係者に早く広くワクチンを打つべきだ。

政府は五輪の前向きな意味や防御態勢が万全なことを積極的にPRせず、叩かれることばかり気にして低姿勢だから悪循環になっている。

さらに、外食産業のテイクアウトに五輪期間限定で補助券を国民に配ったら、ますますいいではないか。

五輪に限らず、外出を減らしたければ、もっと、テレビを面白くして、日頃と違うものを見せて欲しい。映画、演劇、音楽などの放映権を国が補助してどんどん買い上げて放送させたら文化振興にもなって良いと思う。

観客は、状況に応じて人数を制限したり無観客にしたりすればいいが、日本での開催が数十年にいちどで日程をずらすことも難しい五輪で、プロ野球や甲子園大会、あるいは、アイドルのライブより厳しい制限をすることは理屈に合わない。

5月10日の参院予算委の集中審議で、立憲民主党の蓮舫参院議員が菅義偉首相に「指定病院に選手と国民が同時に搬送された場合、どちらを優先して治療するのか?」と菅首相に質問した。

そして、首相の答弁後に「総理、日本国総理大臣として答弁はたった一つですよ。国民が優先される、でしょう。守るべき命は国民じゃないんですか?」と返した。

「病院が自国民を優先にして外国人を後回しにすべき」というのは、前代未聞の人道上とんでもない発言だ。議員辞職すべきである。

関連する投稿


新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

突如、眞子様、小室圭氏年内ご結婚の情報が。小室圭氏問題をいち早く批評してきた筆者。月刊『Hanada』2021年9月号の寄稿に、新たな序文を加え、再録!


小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

眞子様、小室圭さん年内ご結婚!だが国民の疑問や不安は未だ解消されたとは言い難い。今さら聞けないゼロから分かる「小室圭・佳代母子問題」を緊急解説!


なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

「原発事故と福島」は情報戦である。「正しい情報を発信すればわかってくれる」という相手の善意を基本とした風評対策では、中国や韓国の悪意あるプロパガンダには太刀打ちできない。国と県が連携して、相手国内において積極的なロビー活動やPR活動を展開すべきである。


月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

自民党総裁選に出馬表明をした高市早苗議員の「わが政権構想」(聞き手・有本香)をはじめ、安倍前総理×マクマスター元大統領補佐官「中国の脅威とどう闘うか」、百田尚樹×石平「中国共産党は史上最悪の寄生虫だ!」、「櫻井よしこさん激怒! 韓国MBCが捏造報道」、藤井聡×木村盛世「『ゼロコロナ詐欺師』に国民は殺される」、岸博幸×原英史「『第三臨調』で官僚の劣化にメス」、長谷川学「実子誘拐を助ける日本の『拉致司法』」など10月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


最新の投稿


アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガニスタンからの邦人等退避措置をめぐって見当外れの政府批判は御免被りたい。問題の根源は深いところにあるのだ。


河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

反原発団体や立憲民主党と同一の主張を繰り返す河野太郎氏。当時外相だった河野氏は、何ら指摘されてもいないのに、国際原子力機関(IAEA)に対して、「日本はプルトニウムを減らす」と宣言してしまった。「河野談話」に匹敵する「第二の河野談話」である。


安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

河野氏の防衛相時代、自衛隊グッズのオークションといった人気取り行事は多かったが、同氏の政策が日本の防衛のためにプラスとなったかといえば、マイナスの方が多かったと言わざるを得ない。


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!