英国王戴冠式と頭痛のタネ「ヘンリー・メーガン夫妻」|八幡和郎

英国王戴冠式と頭痛のタネ「ヘンリー・メーガン夫妻」|八幡和郎

もうすぐ行われる英国のチャールズ新国王とカミラ王妃の戴冠式。 英国王室で、いま何が問題になっているか、徹底解説!


先鋭化する対立

お祝いムードに水を差した暴露本『SPARE』

英国のチャールズ新国王とカミラ王妃の戴冠式が、5月6日にロンドンのウェストミンスター寺院で挙行され、秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻が出席される。
 
どうして天皇皇后両陛下が出席されないのかとかいう人もいるが、平成年間で両陛下は三度も訪英されているのに、英国女王は昭和50年(1970年)に訪日されただけで、平成になってからはいちども訪日されておらず、平成の即位礼はフィリップ殿下、令和の即位礼はチャールズ皇太子の出席だったし、令和になってからも両陛下がエリザベス女王の葬儀に出席されているというアンバランスな状況なので、今度は、新国王に来日していただくのが先であるべきだと思う。
 
また、チャールズ国王とカミラ王妃を大歓迎して、それに見合った扱いを両陛下訪英の時には実現してこそ、好循環が生まれると思う。
 
昭和12年(1937年)のジョージ6世の戴冠式では、秩父宮殿下ご夫妻が出席されたが、この時はすべての王侯の中で最上位の席を与えられていたのであるが、そのあたりの事情も含めて、最近、宮内庁の元式部官で全モロッコ大使の篠塚隆氏と共著で刊行した『英国王室と日本人: 華麗なるロイヤルファミリーの物語』(小学館 八幡和郎・篠塚隆)にも詳しくかいてある。
 
中世からの伝統に則った華やかな戴冠式になりそうだが、それに影を落としているのが、新国王の次男であるヘンリー王子とメーガン妃の引き起こしている騒動である。とくに、王子の自伝『スペア』が1月に発売になってからは対立が先鋭化し、結局、メーガン妃は出席を拒否し、ヘンリー王子だけが目立たないかたちで参列することになった。
 
どこのロイヤルファミリーでも一般社会における家族関係の変化を反映して、頭痛のタネは多く、日本でも眞子様騒動があった。
 
今回は、英国王室の歴史や王位継承についての基礎知識と、いま何が問題になっているかについて、日本の皇室問題に就いての参考になることも考慮しつつ解説する。
 
エリザベス女王が来日されたときに、「我が祖先ウィリアム一世の時から……」と仰ったのを聞いて、1066年にイングランドを征服したフランスのノルマンディー公ギヨーム(英語ではウィリアム一世)が日本でいえば神武天皇に当たると知った。

日本では万世一系だが、外国では王朝交代が頻繁にあると思っている人が多い。だが、易姓革命で頻繁に家系が交代する中国が特殊であって、ヨーロッパでも国の枠組みが維持されている限りは、関係のない家系が王位に就くことは滅多にない。
 
男系でも遠い分家とか、女系継承を認めている国で女系の子孫が即位すると別の姓を名乗るので、王朝交代したように見えるだけである。
 

完璧だったエリザベス女王

Getty logo

関連する投稿


日本が誇る大手食品メーカーに激震!ミツカン「種馬事件」①実子誘拐の地獄|西牟田靖

日本が誇る大手食品メーカーに激震!ミツカン「種馬事件」①実子誘拐の地獄|西牟田靖

「お前! 何者だと思ってるんだ、お前!! この場でサインをしなければ、片道切符で日本の配送センターに飛ばす」「中埜家に日本国憲法は関係ない」。日本が誇る大手食品メーカーが、婿に対してとんでもない人権侵害を行っていた――。2022年8月号に掲載され、大反響を呼んだ記事を特別無料公開!


欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

フランスの大統領選挙決選投票で、中道派で現職のエマニュエル・マクロン大統領が、極右のマリーヌ・ルペン候補を破って当選した。フランスに限らずヨーロッパの政治事情に日本人は疎い。この大統領選挙の意味、ヨーロッパ政治の今後、八幡和郎氏が徹底解説!


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本のAUKUS参加を模索せよ|岩田清文

日本のAUKUS参加を模索せよ|岩田清文

全ては、わが国の安全保障を確実にし、抑止力を強化するためである。ジョンソン英首相はファイブアイズへの日本の参加について2020年9月16日、「私たちが考えているアイデアだ」とも発言している。


「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

今回の報告書が男系の皇統維持の立場に立ち、旧宮家の男系男子孫を養子とする方策を提示したことは当然とはいえ画期的であり、心から歓迎したい。一方で、立憲民主党の泉健太代表や西村智奈美幹事長の主張は全く的外れである。


最新の投稿


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!