日本のAUKUS参加を模索せよ|岩田清文

日本のAUKUS参加を模索せよ|岩田清文

全ては、わが国の安全保障を確実にし、抑止力を強化するためである。ジョンソン英首相はファイブアイズへの日本の参加について2020年9月16日、「私たちが考えているアイデアだ」とも発言している。


米国、英国、オーストラリア3カ国が昨年9月に創設した安全保障パートナーシップの枠組み「AUKUS(オーカス)」の下では現在、豪州海軍の原子力潜水艦取得計画が進行している。3カ国はこれに加えて4月5日、AUKUSの一環として極超音速兵器の開発でも協力すると発表した。AUKUS創設の背景には、中国による太平洋、南シナ海、インド洋などへの覇権拡大に対する米豪の強い懸念があり、英国をこの地域の安全保障に重層的に結びつけるという狙いがある。ミサイル開発でも協力を始めるとの今回の発表は、100年以上にわたり紐帯関係にある米英豪が、揃って中国に対する抑止強化に更に踏み込んでいくという意志の表れであろう。

クアッドと相互補完

AUKUSに対する日本の姿勢については、昨年9月に当時の茂木敏光外相が「インド太平洋地域への関与を強化するという意味で、AUKUSの創設を歓迎する」と述べているが、日本としてどう関わっていくかの表明はいまだにない。台湾有事においては日本も必然的に有事になり、多大な影響を受けるが、米国の台湾防衛に加えて、AUKUSの枠組みとして英豪が平時から関与することは、日本の安全保障にとっても極めて大きな支えとなる。この観点からも、AUKUSに対しての日本の立ち位置を明確にすべきではないのか。

AUKUSの参加国拡大に関して問われた英軍制服トップのカーター参謀長は「AUKUSは排他的に設計されていない」と答えている(豪公共放送ABC、2021年10月21日)。AUKUSへの参加形態は、全面的な参加から、連携の対象とされるサイバー、人工知能(AI)、量子技術など、機能を絞った形での参加まで多様性があるものと認識する。我が国がこれまで取り組んできた日米豪印の安保協力枠組み「クアッド」を含め、AUKUSを活用した重層的、相互補完的な安全保障体制を構築するという姿勢が必要ではないだろうか。

議論を通じ関わり方が見えてくる

もちろん課題はある。例えば、AUKUSの3カ国は情報分野の同盟とも言える「ファイブアイズ」(3カ国のほか、カナダ、ニュージーランドで構成)の中核メンバーである。だからこそ原潜技術の共有も可能になるのであるが、そこにスパイ防止法も制定されず、機密保持に疑問が付きまとう日本が加われるのかとの指摘もある。ただ、ジョンソン英首相はファイブアイズへの日本の参加について2020年9月16日、「私たちが考えているアイデアだ」と発言している。ファイブアイズのメンバーでなくとも、AUKUSに参加する扉は閉ざされていないと見ていいだろう。

課題は乗り越えるためにある。全ては、わが国の安全保障を確実にし、抑止力を強化するためである。取り得るあらゆる努力を惜しまず、積極的に議論、検討、調整を進める中で、AUKUSへの関わり方において画期的な方策が見えてくることもある。前に進まねば、何事も始まらない。(2022.04.11国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


米国を弱体化させるイスラエル甘やかし|上野景文(文明論考家)

米国を弱体化させるイスラエル甘やかし|上野景文(文明論考家)

これまでイスラエルをかばい続けてきたアメリカだが、ここで方向転換した。 これ以上、事態の沈静化を遅らせれば、どんどんアメリカと日本の国益が損なわれる!


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)