【読書亡羊】フランス発・中国の「見るも明らかな捕食行為」 ピエール=アントワーヌ・ドニ著、神田順子監訳『世界を食らう龍・中国の野望』(春秋社)

【読書亡羊】フランス発・中国の「見るも明らかな捕食行為」 ピエール=アントワーヌ・ドニ著、神田順子監訳『世界を食らう龍・中国の野望』(春秋社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


フランス版「目に見えぬ侵略」!

オーストラリア発の『目に見えぬ侵略』(飛鳥新社)は、中国がいかに水面下でオーストラリア社会への浸透を図り、その影響が政財界はもちろん、学会や社会そのものにまで及んでいるかを明らかにし、世界に衝撃を与えた。

一方、本書『世界を食らう龍・中国の野望』は、近年の中国がもはや「目に見えぬ」手法での浸透を図るのではなく、誰が見ても明らかな捕食行為を行っていると指摘する。並べて読めば、中国がわずか数年のうちにその牙を隠さないどころか、剥き出しにして各国を威嚇するようになった変化を否応にも感じざるを得ないだろう。また、邦訳版は原著刊行からわずか半年程度で発売されたというスピード感からも、中国に対する国内外の注目の高さがうかがえる。

『目に見えぬ侵略』の著者、クライブ・ハミルトンは本誌でもおなじみだが、いわゆる人権派で、環境問題にも造詣の深いきわめてリベラルな思想の持ち主だ。ゆえに、中国に対するスタンスの自由を許さず、他国の政治や他者の思想にまで介入してくる中国に危機感を抱いたと取材等に答えている。

『世界を食らう龍・中国の野望』の著者、ピエール=アントワーヌ・ドニも同様だ。AFP通信社で北京特派員を務めた経験もあるドニは、確かに本書で中国を厳しく指弾してはいる。だが、その筆致から民族主義的な部分や、人種差別的な要素は感じられない。

第一章で綴られているように、ウイグル人への弾圧やチベット人へ向ける視線は、むしろ人類愛に満ちてさえいる。ドニにはチベットに関する著書(『チベット受難と希望――「雪の国」の民主主義』、岩波現代文庫)もあり、リベラリズムの観点から、中国に警鐘を鳴らしているのである。

世界を喰らう龍・中国の野望

「捕食者」中国が食らうフランスの原子力技術

ウイグル人やチベット人を巡る人権問題、環境問題、テクノロジーや機微情報の窃取、民主主義か否かの思想の問題と、本書が扱う分野は非常に多岐にわたる。だがドニの問題意識と幅広い取材、多くの資料を活用して、「捕食者・中国」の全体像を浮かび上がらせている。

日本でも経済安全保障推進法案が審議されるように、中国と密接になりすぎた貿易・製造など経済面での結びつきと、それによって活動しやすくなっていた中国人の産業スパイの問題は、フランスでも強く警戒されるところのようで、第三章で〈未来のテクノロジー 中国は「世界の工場」から「世界の研究所へ」〉と題して一章を割く。

ここで何より驚かされたのは、核保有国であるフランスの原子力技術が、〈いやおうなしに〉中国に吸い上げられたという指摘だ。

本書によれば、フランスの電力会社・EDFや、フランスの原子炉メーカー・フラマトムは中国でビジネスを始めるにあたり、強制的にジョイントベンチャーの形を取らされ、中国への技術移転が義務付けられたのだという。それにより、フランスが数十年かけて構築してきた民生用原子力のノウハウや技術を、中国人技術者たちが短期間のうちにすっかりマスターした、というのだ。

技術を取られ並ばれただけではない。フランスの原発稼働が技術的、資金的な理由で立ち遅れている間に、中国は一気に抜き去り、すでに国内でEPR(欧州加圧水路)型という新式の原子炉を複数稼働するに至ったという。ドニは思わず〈冗談ではない!〉という叫びを綴っている。

また、そうした「移転技術」と国内での研究のたまものか、中国の核融合技術も世界のトップに躍り出ている。ドニ曰く「再生可能エネルギーの聖杯」と期待されている核融合の実験で、中国が世界記録を保持しているという事実。

ちなみに後を追っているのは韓国だといい、では日本はと言えば、技術を手掛けるベンチャーはあるものの、投資家の動きは鈍く、政府の支援も他国に比べると規模が小さいというありさまだ。

関連する投稿


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。