【読書亡羊】フランス発・中国の「見るも明らかな捕食行為」 ピエール=アントワーヌ・ドニ著、神田順子監訳『世界を食らう龍・中国の野望』(春秋社)

【読書亡羊】フランス発・中国の「見るも明らかな捕食行為」 ピエール=アントワーヌ・ドニ著、神田順子監訳『世界を食らう龍・中国の野望』(春秋社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


フランス版「目に見えぬ侵略」!

オーストラリア発の『目に見えぬ侵略』(飛鳥新社)は、中国がいかに水面下でオーストラリア社会への浸透を図り、その影響が政財界はもちろん、学会や社会そのものにまで及んでいるかを明らかにし、世界に衝撃を与えた。

一方、本書『世界を食らう龍・中国の野望』は、近年の中国がもはや「目に見えぬ」手法での浸透を図るのではなく、誰が見ても明らかな捕食行為を行っていると指摘する。並べて読めば、中国がわずか数年のうちにその牙を隠さないどころか、剥き出しにして各国を威嚇するようになった変化を否応にも感じざるを得ないだろう。また、邦訳版は原著刊行からわずか半年程度で発売されたというスピード感からも、中国に対する国内外の注目の高さがうかがえる。

『目に見えぬ侵略』の著者、クライブ・ハミルトンは本誌でもおなじみだが、いわゆる人権派で、環境問題にも造詣の深いきわめてリベラルな思想の持ち主だ。ゆえに、中国に対するスタンスの自由を許さず、他国の政治や他者の思想にまで介入してくる中国に危機感を抱いたと取材等に答えている。

『世界を食らう龍・中国の野望』の著者、ピエール=アントワーヌ・ドニも同様だ。AFP通信社で北京特派員を務めた経験もあるドニは、確かに本書で中国を厳しく指弾してはいる。だが、その筆致から民族主義的な部分や、人種差別的な要素は感じられない。

第一章で綴られているように、ウイグル人への弾圧やチベット人へ向ける視線は、むしろ人類愛に満ちてさえいる。ドニにはチベットに関する著書(『チベット受難と希望――「雪の国」の民主主義』、岩波現代文庫)もあり、リベラリズムの観点から、中国に警鐘を鳴らしているのである。

世界を喰らう龍・中国の野望

「捕食者」中国が食らうフランスの原子力技術

ウイグル人やチベット人を巡る人権問題、環境問題、テクノロジーや機微情報の窃取、民主主義か否かの思想の問題と、本書が扱う分野は非常に多岐にわたる。だがドニの問題意識と幅広い取材、多くの資料を活用して、「捕食者・中国」の全体像を浮かび上がらせている。

日本でも経済安全保障推進法案が審議されるように、中国と密接になりすぎた貿易・製造など経済面での結びつきと、それによって活動しやすくなっていた中国人の産業スパイの問題は、フランスでも強く警戒されるところのようで、第三章で〈未来のテクノロジー 中国は「世界の工場」から「世界の研究所へ」〉と題して一章を割く。

ここで何より驚かされたのは、核保有国であるフランスの原子力技術が、〈いやおうなしに〉中国に吸い上げられたという指摘だ。

本書によれば、フランスの電力会社・EDFや、フランスの原子炉メーカー・フラマトムは中国でビジネスを始めるにあたり、強制的にジョイントベンチャーの形を取らされ、中国への技術移転が義務付けられたのだという。それにより、フランスが数十年かけて構築してきた民生用原子力のノウハウや技術を、中国人技術者たちが短期間のうちにすっかりマスターした、というのだ。

技術を取られ並ばれただけではない。フランスの原発稼働が技術的、資金的な理由で立ち遅れている間に、中国は一気に抜き去り、すでに国内でEPR(欧州加圧水路)型という新式の原子炉を複数稼働するに至ったという。ドニは思わず〈冗談ではない!〉という叫びを綴っている。

また、そうした「移転技術」と国内での研究のたまものか、中国の核融合技術も世界のトップに躍り出ている。ドニ曰く「再生可能エネルギーの聖杯」と期待されている核融合の実験で、中国が世界記録を保持しているという事実。

ちなみに後を追っているのは韓国だといい、では日本はと言えば、技術を手掛けるベンチャーはあるものの、投資家の動きは鈍く、政府の支援も他国に比べると規模が小さいというありさまだ。

関連する投稿


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評! 今年もよろしくお願いいたします。


「白紙の乱」で犯した習近平の致命的失態|石平

「白紙の乱」で犯した習近平の致命的失態|石平

「白紙の乱」を巡って習近平はある致命的な失態を犯した。中国の「繁栄と安定」の時代が終焉し、国全体は「動乱の時代」を迎える。 習近平政権は崩壊の危機から逃れるためには対外戦争に打って出る以外にないだろう。台湾有事が予定よりも早まる危険性がある。


最新の投稿


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

1月20日、三浦瑠麗氏は「今般、私の夫である三浦清志の会社が東京地方検察庁による捜索を受けたという一部報道は事実です。私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です」とコメントを発表。本当に「まったく」「関与」していないのか? (サムネイルは「三浦瑠麗チャンネル」より)


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。