ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本――ウクライナがロシアに侵攻された経緯をたどりながら、日本の存続のために何が必要なのかを見つめ直す。


もはや「あり得ない」日本人の思考

日本人はウクライナの危機を“わがこと”として受けとめているだろうか。容赦のない国際社会の現実――私はそのことを考えながら、日々、刻々と移るウクライナ情勢に注目している。
 
2月14日現在、ロシアはウクライナに戦端を開いてはいない。だが、一触即発であることに変わりはなく、本稿が読者の皆様に届く頃には、ひょっとして事態は急展開しているかもしれない。
 
日本国憲法が「陸・海・空」の戦力の不保持を謳い、交戦権を否定し、憲法学者の約八割が自衛隊を「違憲である」ということをそのままにしてきた日本。アメリカの核の傘の下、平和を享受してきた私たちは今、これまでの姿勢を改めなければならない「時」が来ている。
 
正確にいえば、憲法前文の〈平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した〉日本人が、ウクライナ情勢を見ても、それでも「抑止力」を否定し、現憲法を維持するのだろうか、ということである。
 
常に性善説に立った日本人の行動や思考は、もはや「あり得ない」事態に至っていることを早くわかって欲しいと思う。そのことを念頭にウクライナ問題を見てみたい。
 
そもそも、ウクライナはなぜロシアに攻められなければならないのか。
 
ソ連共産党のゴルバチョフ書記長がペレストロイカを押し進め、1989年、ベルリンの壁の崩壊に至り、共産圏が瓦解。1991年、ソビエト連邦も、ロシアやウクライナなど15の共和国に分裂した。

かつて同じソビエト連邦を構成していたロシアとウクライナは別々の国になったのである。だが、厄介なことが生じた。
 
核兵器である。西欧と最も近い位置にあったウクライナには、核弾頭1240発、大陸間弾道ミサイル176基が存在し、独立時点でウクライナは「世界第三位」の核保有国だったのである。
 
ウクライナには、独立直後からロシアやアメリカによって「核兵器を放棄するように」との再三の要請がなされた。米露にとって、ウクライナの核兵器はなんとも「鬱陶しいもの」だったのである。

「非現実的」で「時代遅れ」の理想

Getty logo

今、ウクライナ人が嘆くのは、当時のリーダーが「核兵器放棄」を易々と決断したことである。

1994年12月5日、ハンガリーの首都・ブダペストで開催された欧州安全保障協力機構(OSCE)会議で署名された議定書で、ウクライナは米・英・露に「国境の不可侵」を保証されたことの見返りに、絶大な抑止力である「核」を放棄した。
 
だが、結果は無惨だった。議定書は国際条約ではないので、それを守る法的義務はなく、核兵器をロシアに引き渡したウクライナに待っていたのは、ロシアによる「侵略」という現実だった。

かつてのソ連邦復活を目論むプーチン氏によって、2014年にはクリミアが併合され、ロシアとの国境沿いのドネツク州とルガンスク州でも親露派の武装勢力が蜂起。州の重要施設を占拠した武装勢力とウクライナ正規軍との戦いが惹起された。
 
2015年2月12日、ベラルーシの首都ミンスクでウクライナとロシアとの間で「ドネツク州・ルガンスク州」での停戦合意が調印された。調停に当たったのはドイツとフランスである。停戦はしたものの、散発的な戦闘はその後も続き、ウクライナはロシアとの戦闘ですでに1万3000人を超える国民が犠牲になっている。そして昨年来、ロシアはウクライナ国境に10万の兵力を展開し、虎視眈々とウクライナ侵攻を狙っている。

〈平和を愛する諸国民の公正と信義〉を信頼することがいかに「あり得ない」ことか、そして、これで〈われらの安全と生存を保持しようと決意した〉日本人の理想がいかに「非現実的」で「時代遅れ」なのか、わかるのではないかと思う。
 
東アジアでは、〈百年の恥辱を晴らし、偉大なる中華民族の復興を果たす〉ために日本に刻々と迫る中国の横暴が顕著だ。

チベット、ウイグル、南モンゴル、南シナ海、香港、そして台湾……着実に日本に迫り、ロシア以上に狡猾かつ傲慢な中国から、どう日本は国民の生命と財産、そして領土を守り抜くのだろうか。
 
憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本。
相手に「手を出させない」、つまり「戦争をさせない」ために重要な抑止力も、敵基地攻撃能力をはじめ、中国共産党の強い影響下にある与党・公明党の反対によってなんら進展を見せない日本――ウクライナが陥った経緯を知った上で、国民には自らの存続のために何が必要なのか、よくよく考えて欲しい。
(初出:月刊『Hanada』2022年4月号)

関連する投稿


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

NHK党の立花孝志党首の発言の多くは全く賛同できるものではないと考えているが、番組キャスターが「認める、認めない」と判断することではない。もし政治家がテーマから逸脱した発言を行ったとしたならば、その政治家や党のモラルは選挙で国民に判断されるからだ。選挙のたびに行われる、大手メディアによる世論誘導を許してはならない!


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。