「真珠湾」の誤解は日本が解くしかない|グレンコ アンドリー

「真珠湾」の誤解は日本が解くしかない|グレンコ アンドリー

3月16日、ウクライナのゼレンスキー大統領は米議会向けにオンラインで演説した。米国に連帯を呼び掛け、ロシアから侵略を受けているウクライナの悲劇に無関心でいてはいけない、と主張した。全体的に素晴らしい演説だったが、一点だけ、日本人が看過できない問題があった。


3月16日、ウクライナのゼレンスキー大統領は米議会向けにオンラインで演説した。米国に連帯を呼び掛け、ロシアから侵略を受けているウクライナの悲劇に無関心でいてはいけない、と主張した。全体的に素晴らしい演説だったが、一点だけ、日本人が看過できない問題があった。問題の部分は以下である。

「アメリカの皆様。あなた方の歴史で、今のウクライナ人の気持ちを理解できるような出来事がありました。ウクライナ人は今、あなた方の理解を必要としている。真珠湾を思い出して下さい。1941年12月7日の恐ろしい悲劇的な朝、あなた方を攻撃する航空機で空は黒くなりました」

不適切だったウクライナ大統領の例示

もちろん、ゼレンスキー大統領に日本を批判する意図は全くなく、あくまで「空から攻撃を受ける恐怖」の一例として、米国人にとって分かりやすい出来事を取り上げただけだ。しかし、これによって気持ちを傷つけられた日本人がいるのは事実だ。

ゼレンスキー大統領は、日本軍の真珠湾攻撃とロシア軍のウクライナ攻撃を単純に比較しているわけではない。日米戦争は東アジアの将来に関する意見の違いや利害対立が原因であったのに対し、ロシアによるウクライナ侵略は、何の正当性もない、無法で野蛮、一方的な暴挙である。前者の一場面の記憶を、後者への理解を深めるために使うのは適切でない。

この間違った認識に基づく不適切な例えに対して、どう対応すればいいのだろうか。ウクライナ人である筆者は、日本とウクライナの友好関係を大変大切に思うので、この発言のため日本におけるウクライナの印象が悪くなるのを避けたい。そこで、外交ルートを通じて日本が訂正を求めればいいのではないだろうか。日本からの申し入れは、ゼレンスキー大統領に間違った認識を是正する貴重な機会になると思う。

対外発信で欧米の固定観念を覆せ

同時に、これはゼレンスキー大統領だけの問題ではないということを理解しなければならない。残念ながら、似たような認識を欧米諸国の国民の大多数は持っている。米国のトランプ前大統領も真珠湾攻撃について「邪悪な急襲」と発言している。この間違った認識を是正するには、日本が積極的な対外発信を行うしかないと私は思う。

現実問題として、定着してしまった思い込みは、積極的な是正の動きがない限り、延々と存在し続ける。また、欧米諸国においては、固定観念にとらわれていない人はごく一部だ。こういう人が自主的に動き、諸国における第2次世界大戦での日本の評価を変えることは期待できない。だからやはり、誤解されている当事者である日本が誤解を解くために積極的に動くべきだ。(2022.03.22国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されるニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!


不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

今年6月に入管法(出入国管理及び難民認定法)が改正された。改正を受けた難民審査の工程表作成を出入国在留管理庁(入管庁)に要請してきたが、先週その回答があった。今回は、不法滞在者や不法滞在での就労等を狙う外国人をいかに減らしていくか、取り組みの詳細について記していく。(写真提供/時事)


首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

ハマスやレバノンの武装勢力ヒズボラをイランが操り、その背後に中露両国がいる世界的な構図がはっきりしてこよう。


ハマス奇襲攻撃を予言したトランプ、評価が急上昇|石井陽子

ハマス奇襲攻撃を予言したトランプ、評価が急上昇|石井陽子

ハマスによるイスラエル奇襲攻撃を巡って米共和党強硬派の間で大激論が交わされている。そんな中、あの男の発言に注目が集まっている――。


最新の投稿


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。