NYタイムズの佐渡金山偏向記事を批判する|西岡力

NYタイムズの佐渡金山偏向記事を批判する|西岡力

佐渡金山の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録問題で、米紙ニューヨーク・タイムズがひどくバランスを欠く記事を掲載した。武器を使わない「歴史戦」は既に始まっている!


佐渡金山の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録問題で、米紙ニューヨーク・タイムズがひどくバランスを欠く記事を掲載した。2月21日付で電子版に掲載した「日本は佐渡金山の歴史を一部だけを見せようとしている」と題する佐渡島発の記事だ。

タイトルから分かるように、日本が佐渡金山の朝鮮人戦時労働に関わる歴史を隠そうとしているという韓国側の主張に沿った記事だ。この記事は二つの点で偏っている。

強制労働史観を垂れ流し

第1に、当初は戦中の歴史まで含めて登録申請をしようとしたが、最近になって対象時期を江戸時代に限定した経緯について、現地からの報告であるにもかかわらず関係者に取材していないことだ。韓国マスコミなどが戦中の歴史を隠すために江戸時代に限定したと書いているが、この記事もその見方を無条件で踏襲している。

しかし、時期の限定は、ユネスコ文化遺産審査に関係している専門家からアドバイスを受けて行ったもので、戦中の歴史を意識したものではない。すなわち、明治以降の金山遺跡は同時代の西洋技術を導入したもので世界各地に同じような遺跡があるから遺産価値は小さいが、江戸時代の佐渡金山は独自の手掘り技術で当時の世界でも有数の採掘量を誇っていたので遺産価値が高いのだ。これは現地で関係者に話を聞けばすぐ分かる事実だ。

第2に、記事冒頭で「佐渡の歴史には暗い部分がある。それは第2次世界大戦中、約1500人の朝鮮人が日本の植民地支配の被支配者として鉱山で働くように徴集された時期だ」と断定していることだ。また、佐渡金山で働いた朝鮮人労働者が「強制労働」をさせられたとも書いてもいる。しかしその根拠としては、日本人研究者の竹内康人氏が「100人以上の朝鮮人労働者が鉱山から逃亡を試みたことがその証拠だ」と語ったことだけを挙げている。

一次史料によると、1943年までに募集形式で1005人の朝鮮人労働者が佐渡金山で働き、そのうち148人が職場放棄して逃亡している。記事は「試みた」と書いて、あたかも官憲の厳しい取り締まりがあったかのような印象を与えているが、実際に逃げたのだ。実は戦時動員された朝鮮人の平均逃亡率は約40%であり、佐渡金山の逃亡率は平均より低かった。逃亡の一番の大きな原因は、より待遇の良い職場に移ることだった。内地では若い男性が徴兵で職場を離れたので賃金が高騰しており、ブローカーが朝鮮人労働者の引き抜きを行っていた。

学者の異論を無視

記事は、逃亡者がいたことは強制労働の証拠とならないと論ずる私のような強制労働否定派の学者の主張を全く取り上げていない。それがこの記事が大きく偏ってしまった原因だろう。竹内氏のほか、記事が取り上げた米国、韓国、ドイツの学者はすべて強制労働があったという立場の人々だ。一方、内地人と同じ待遇だったとの反論は全て佐渡住民に語らせている。住民は歴史に無知という印象を意図的につくっているように読める。(2022.02.28国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

これは宗教団体に対する「人民裁判」ではないか。キリスト教、仏教、神道などのリーダーを含む宗教法人審議会が解散命令請求に全会一致で賛成したことに戦慄を覚えた。


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)