NYタイムズの佐渡金山偏向記事を批判する|西岡力

NYタイムズの佐渡金山偏向記事を批判する|西岡力

佐渡金山の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録問題で、米紙ニューヨーク・タイムズがひどくバランスを欠く記事を掲載した。武器を使わない「歴史戦」は既に始まっている!


佐渡金山の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録問題で、米紙ニューヨーク・タイムズがひどくバランスを欠く記事を掲載した。2月21日付で電子版に掲載した「日本は佐渡金山の歴史を一部だけを見せようとしている」と題する佐渡島発の記事だ。

タイトルから分かるように、日本が佐渡金山の朝鮮人戦時労働に関わる歴史を隠そうとしているという韓国側の主張に沿った記事だ。この記事は二つの点で偏っている。

強制労働史観を垂れ流し

第1に、当初は戦中の歴史まで含めて登録申請をしようとしたが、最近になって対象時期を江戸時代に限定した経緯について、現地からの報告であるにもかかわらず関係者に取材していないことだ。韓国マスコミなどが戦中の歴史を隠すために江戸時代に限定したと書いているが、この記事もその見方を無条件で踏襲している。

しかし、時期の限定は、ユネスコ文化遺産審査に関係している専門家からアドバイスを受けて行ったもので、戦中の歴史を意識したものではない。すなわち、明治以降の金山遺跡は同時代の西洋技術を導入したもので世界各地に同じような遺跡があるから遺産価値は小さいが、江戸時代の佐渡金山は独自の手掘り技術で当時の世界でも有数の採掘量を誇っていたので遺産価値が高いのだ。これは現地で関係者に話を聞けばすぐ分かる事実だ。

第2に、記事冒頭で「佐渡の歴史には暗い部分がある。それは第2次世界大戦中、約1500人の朝鮮人が日本の植民地支配の被支配者として鉱山で働くように徴集された時期だ」と断定していることだ。また、佐渡金山で働いた朝鮮人労働者が「強制労働」をさせられたとも書いてもいる。しかしその根拠としては、日本人研究者の竹内康人氏が「100人以上の朝鮮人労働者が鉱山から逃亡を試みたことがその証拠だ」と語ったことだけを挙げている。

一次史料によると、1943年までに募集形式で1005人の朝鮮人労働者が佐渡金山で働き、そのうち148人が職場放棄して逃亡している。記事は「試みた」と書いて、あたかも官憲の厳しい取り締まりがあったかのような印象を与えているが、実際に逃げたのだ。実は戦時動員された朝鮮人の平均逃亡率は約40%であり、佐渡金山の逃亡率は平均より低かった。逃亡の一番の大きな原因は、より待遇の良い職場に移ることだった。内地では若い男性が徴兵で職場を離れたので賃金が高騰しており、ブローカーが朝鮮人労働者の引き抜きを行っていた。

学者の異論を無視

記事は、逃亡者がいたことは強制労働の証拠とならないと論ずる私のような強制労働否定派の学者の主張を全く取り上げていない。それがこの記事が大きく偏ってしまった原因だろう。竹内氏のほか、記事が取り上げた米国、韓国、ドイツの学者はすべて強制労働があったという立場の人々だ。一方、内地人と同じ待遇だったとの反論は全て佐渡住民に語らせている。住民は歴史に無知という印象を意図的につくっているように読める。(2022.02.28国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


泊原発運転差し止め判決と原告弁護団|奈良林直

泊原発運転差し止め判決と原告弁護団|奈良林直

北海道電力泊原子力発電所1~3号機の運転差し止めを認める判決を札幌地裁が出した。判決は、北電が取り組んできた安全対策に注目せず、裁判の長期化で事実上の「時間切れ」が来たとして、予想される津波と防潮堤の高さの議論だけで運転差し止めの判断を下した。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


岸田政権は財務省の呪縛から完全に脱せよ|田村秀男

岸田政権は財務省の呪縛から完全に脱せよ|田村秀男

メディアの多くが財務省のレクチャー通り、しばしば国の会計を家計に例える。家計は何はさておき働き手の収入の範囲内に支出をとどめざるを得ないのだが、国家財政は家計と全く異なる。それを混同すれば国力の衰退を招く。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。