【読書亡羊】実に野蛮で洗練された中国のウイグル弾圧 ジェフリー・ケイン著、 濱野大道訳『AI監獄ウイグル』(新潮社)

【読書亡羊】実に野蛮で洗練された中国のウイグル弾圧 ジェフリー・ケイン著、 濱野大道訳『AI監獄ウイグル』(新潮社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「党を、習主席を愛しています!」

「党を愛しています! 習主席は偉大な最高指導者です!」

「頭の中にあるウイルスを取り除こう!」

強制収容所に送り込まれたウイグル人が、ノートに書くこと、唱和することを強要されているのがこのフレーズだ。毎日、毎日、監視の下、このフレーズだけを繰り返すよう求められ、少しでも「疑問を呈した」と監視員側に受け取られれば、それがたとえちょっとした表情の変化であっても厳しい懲罰が待っている。

中国共産党は、ウイグル人に対して「党に反抗的な態度」や「独立運動」といった外からもわかる言動を取り締まるだけでは飽き足らない。「頭の中にあるウイルス」とは、ウイグル人たちのルーツ、生活様式、文化、歴史、宗教を指す。

「中国共産党への忠誠」を誓わせることによって、それ以外の思想、精神を根絶やしにしようとしていることが、ジェフリー・ケイン著、 濱野大道訳『AI監獄ウイグル』(新潮社)から、これでもかというほどに伝わってくる。

実に野蛮で原始的なやり方だ。だが共産党はこうしたアナログな「洗脳」をする一方、先端テクノロジーを駆使した強固な監視システムによって、ウイグル人の行動を取り締まる。しかもそこには、AIによる「予測」まで含まれる。党にとって不都合な「何か」をするはるか手前の段階で、「何かしそうな人物」と判断されれば即座に監視網にとらえられ、身柄を拘束されるのだ。

『AI監獄ウイグル』という本書のタイトルはまさに、端的に現在のウイグルが置かれた状況を表している。

AI監獄ウイグル

監視員と自宅で同居

「そうは言うけれど、弾圧を示すものは証言しかないじゃないか」

 ウイグル弾圧をめぐる告発に常に付きまとう物言いだが、本書は多くのウイグル人の証言を得、しかも同じ人物に何度も証言内容を確認することで、創作や過剰な「演出」を排す努力が施されている。

強制収容所の中の詳細な描写、あるいは自身や家族への監視の網が徐々に張り巡らされていく様子は、メイセムという女性の証言を中心に紹介されている。

家の壁の色が、東トルキスタン復興を目指す独立派の色だと注意され、赤く塗れと当局から迫られる。メイセム自身は収容所へ送られ、残された実家には「監視員」が送り込まれ、衣食住を共にすることを強いられる。

そして監視カメラや顔認識技術、ビッグデータの解析といったテクノロジーによって、ウイグル地区全体が逃げ場のない「AI監獄」と化していく様は、イルファンという技術者の男性の体験を通じて語られる。

二人とも、中国共産党に対して敵対的な思想を持っていたわけではない。むしろ、メイセムは「中国という祖国のために働く」外交官を目指し勉強していた学生であり、イルファンは国内の治安維持にかかわる、高給を得られる仕事に誇りを持っていた。

だが中国共産党は、こうした若いウイグル人が持っていた「祖国のために」という純粋な気持ちを踏みにじり、彼らを敵視し、ついには洗脳によって「ウイグルらしさ」を捨てさせようとする。内心の自由さえ認めないのだ。

「奴らが体制に打撃を与えるのではないか」という疑心暗鬼が高じると、人間はこうも残酷になれるのかと暗澹たる気持ちになる。

関連する投稿


昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇が靖國神社に御親拝されなくなったのはA級戦犯とされる方々が合祀されたことにあるとの説があるが、A級戦犯とされる方々が合祀されたのは昭和53年であり、この間の3年間は説明がつかない――。


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


最新の投稿


昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇が靖國神社に御親拝されなくなったのはA級戦犯とされる方々が合祀されたことにあるとの説があるが、A級戦犯とされる方々が合祀されたのは昭和53年であり、この間の3年間は説明がつかない――。


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。