【読書亡羊】選挙という「祭り」は踊らなければ損! 畠山理仁『コロナ時代の選挙漫遊記』(集英社)

【読書亡羊】選挙という「祭り」は踊らなければ損! 畠山理仁『コロナ時代の選挙漫遊記』(集英社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


4割以上の人が「棄権」

投票率、55.93%。戦後三番目の低さ。

2021年10月31日に行われた衆院選挙の投票率はこのような結果に終わった。

約ひと月前に行われた「ほとんどの人は投票権を持っていない」自民党総裁選と比べると、ネット上の盛り上がりもさほどの熱を感じなかった。

「地元選挙区の候補者の顔ぶれを見ても、投票したい人がいないから仕方ないだろう」

そんな声も聞こえてきそうだが、果たして本当に「地元選挙区の候補者」がどんな人たちで、どんな政策を掲げているのか、我々は有権者としてきちんと把握しているだろうか。

畠山理仁『コロナ時代の選挙漫遊記』は、そんな「そもそも」の話に気づかせてくれる。畠山氏は選挙の魅力に取りつかれ、全国津々浦々、地方議員の選挙や補欠選挙まで、現地に行って候補者全員に話を聞く。

最初は記者として取材し始めたが、近年では赤字になっても選挙の現場へ足を運ぶ。それはひとえに〈面白い人や信じられない人に出くわす〉〈選挙の現場に「ハズレ」がない〉から。今回も、政見放送で「プロポーズ」した候補が紹介されている。

直接の投票権を持たない「よその選挙」を取材して20年。前著の『黙殺――報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社文庫)はマック赤坂氏やドクター中松など、供託金没収の目に遭っても選挙に挑み続ける候補者たちに迫った。そして本書はコロナ禍の2020年から21年の選挙を追ったものとなる。

コロナ時代の選挙漫遊記

勝手に主要候補を絞るメディアに反対!

一体、どんなドラマがあるのか。

例えば2020年に行われた東京都知事選挙。史上最多22人の候補が名乗りを上げたが、そのうち何人の名前を憶えているだろうか。候補者の中には、スーパークレイジー君こと西本誠氏もいた。彼はその後、戸田市議会議員選挙で当選しながらも、当選無効が取りざたされているさなかにある。

当初誰もが「売名行為のネタ候補」と思っただろうが、西本氏が畠山氏に話す「若い人が選挙に行かない」「日本の選挙もアメリカの大統領選のように盛り上がるものにしたい」という思いは本気である。

畠山氏は本書で戸田市議会選も取材しているが、西本氏はここで子供たちから絶大な支持を得た。子供や若者にとって「おじさん・おばさんやおじいさん」ではない「お兄さん」が政治を訴える姿は新鮮だったのだろう。そこでは子供たちが大人たちを西本氏のところに連れてくるという、前代未聞の光景が展開されていたという。

それが戸田市議会選挙当選というサクセスストーリーに結びつくのだが、いずれの選挙でも、報道は最後まで「イロモノ候補」扱いだった。

大手メディアの選挙報道は、実際には多くの候補者が乱立していても勝手に「事実上の一騎打ち・三つ巴」などと有力候補を括ってしまう。畠山氏はこうした選挙報道の在り方に断固として異を唱えている。

泡沫候補と呼ぶなかれ。何の支持基盤もない、一介の市民が顔出しで、己の温めてきた政策や政治思想を問うべく立候補するのだから、できうる限りのリスペクトが必要だ。

関連する投稿


【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか?  ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか? ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】原爆スパイの評伝を今読むべき3つの理由  アン・ハーゲドン『スリーパー・エージェント――潜伏工作員』(作品社)

【読書亡羊】原爆スパイの評伝を今読むべき3つの理由  アン・ハーゲドン『スリーパー・エージェント――潜伏工作員』(作品社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】「条文削除」を訴えるなら、海保法25条より憲法9条第2項 奥島高弘『知られざる海上保安庁』

【読書亡羊】「条文削除」を訴えるなら、海保法25条より憲法9条第2項 奥島高弘『知られざる海上保安庁』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。