【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なぜ小川淳也議員は注目されるのか

総裁選、新内閣発足、そして月末には総選挙、と怒涛の政治スケジュールで、世の中はすっかり自民党関連のニュースに席巻されている。たまに顔を見せる野党党首(代表)らは相変わらずのメンツで目新しさもなく、こういっては何だがシケたコメントを並べているのみだ。

そんな中で、書店の一角をひそかににぎわせている野党議員がいる。立憲民主党の小川淳也議員だ。自治省の官僚職を辞して衆院選に立候補し、現在五期目。

2019年に公開されたドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』が話題となり、東大法学部出身なれども政治家らしからぬ言動、振る舞いが「特異である」として注目を集めている。

今回ここで主に取り上げる『本当に君は総理大臣になれないのか』のほかにも、映画の内容を書籍化した『なぜ君は総理大臣になれないのか』(日本評論社)、ノンフィクション作家・中原一歩によるインタビュー本『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)、ライターの和田静香氏との対話形式で進む『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか――国会議員に聞いてみた』(左右社)と、「小川本」の刊行が相次いでいるのだ。

なぜ君は総理大臣になれないのか

どうしてももどかしく思ってしまう

筆者(梶原)も、映画を見て小川議員を知り、『本当に君は―』と『時給はいつも―』の2冊を読んだ。何の気なしに読み始めたが、面白い。するする読んでしまう。対話から伝わってくる小川議員の印象は、確かに「らしからぬ政治家」である。

東大卒のエリート官僚ではあるが、香川の一般家庭に育ち、母親は今も美容師として働いている。香川の自宅は狭いアパート。「妻がレンチンしてくれる油揚げのつまみが好き」。

一方でオタクと言われるほどに政策に通じ、日本はおろか世界(地球)の行く末までよくよく見通しており、「国民一人一人と話し合って政策を決定していきたい」というなんとも立派な民主主義的思想をお持ちなのである。

我々庶民の痛みを知りながら、その解決策を提示してくれる、議員らしからぬ議員。誰だって応援したくなるだろう。別に皮肉で言っているのではなく、実際そう思うのだ。

だが……いや、だからこそ、映画を見て、また本書を読んで、どうしてももどかしく思う点がある。それについて書籍の内容を引きつつ見ていこう。

関連するキーワード


梶原麻衣子 書評 読書亡羊

関連する投稿


【読書亡羊】元次官の「面従腹背」は続いている? 前川喜平『権力は腐敗する』

【読書亡羊】元次官の「面従腹背」は続いている? 前川喜平『権力は腐敗する』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】中国分析の「解像度」をあげていこう! 中川コージ『巨大中国を動かす紅い方程式』

【読書亡羊】中国分析の「解像度」をあげていこう! 中川コージ『巨大中国を動かす紅い方程式』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


谷口智彦のこの一冊|手嶋龍一著『鳴かずのカッコウ』

谷口智彦のこの一冊|手嶋龍一著『鳴かずのカッコウ』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


【読書亡羊】まるで中国要人の主張を読んでいるみたい 富坂聰『「反中」亡国論』

【読書亡羊】まるで中国要人の主張を読んでいるみたい 富坂聰『「反中」亡国論』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末、もとい、今回は連休書評!


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)