秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

秋篠宮殿下ご夫妻、眞子様への進言|八幡和郎

突如、眞子様、小室圭氏年内ご結婚の情報が。小室圭氏問題をいち早く批評してきた筆者。月刊『Hanada』2021年9月号の寄稿に、新たな序文を加え、再録!


私は皇室にとっても眞子様にとっても、この結婚が好ましくない結果となることを危惧し賛成できないが、眞子様が「どうしても」とおっしゃるなら、日本国憲法の婚姻の自由の趣旨に鑑みて最後は仕方ないことだと思う。そこで、「私ならこう考える」という策を、僭越ながら提案させていただく。
 
国民の理解も得られないまま、見切り発車で結婚というなら「納采の儀」などは行わず、一億数千万円の一時金も受け取らせないようにしたほうがいい。
 
自発的に受け取らないとか減額するとかいうと、「制度が危うくなる」という人がいるが逆であろう。そこから結婚相手の借金を返済したり、生活力のない相手との生活費に使えば、品位を保つためという一時金の趣旨に反するので制度を危うくする。

また、後日、本当に眞子様が困られたとき、何らかの配慮をするためにも一時金を受けとって使い果たしてしまうようなことは絶対に避けるべきである。逆に、受け取られるとすると短期間で使ってしまわない歯止めが必要だ。
 
一時金は、セキュリティ確保のための費用の前払いだという人もいるが、この二人が結婚したら必要な警備はこんな額では無理だ。いまもそうだが、小室佳代さんも含めて警察でするしかないので理由にならない。
 
そして、そういう結婚を強行するなら、眞子さまも、小室さんも(もちろん母親も)、皇室関係の行事への参加を排除し、両殿下が眞子様と会われるにしても、(少なくとも当面は)御所でなくホテルやレストランなどだけで会われればいいと思う。
 
一方、国民の理解が得られるまでは結婚しないということであれば、小室氏は次のように行動することが必要だと小室氏に助言されたらよい。

①母親である佳代さんの元婚約者に対しては、法的に返還義務がなくとも、圭氏自身もお世話になったことを感謝するなど礼儀正しい対応をし、解決金の支払いなどについて誠意を持って話し合うべきだ。

②報道されている他の多くの疑念についても説明し、適切に処理することを求める。そのなかで、小室さんが米留学の奨学金を「内親王の婚約者」ということを願書に書くなど利用して獲得したとすれば皇室を利用したことになり、返却すべきだ。
 

三人連続自殺の説明を

結婚するには生活基盤の確立が必要だが、二つの選択肢を示されるべきである。

①小室さんが米国の弁護士資格を取っただけではさほどの収入を安定的に得るのは困難で、米国で弁護士として実績を相当に積むとか、日本の弁護士資格もあわせて取るとかしなければならないが、それには数年間かかるとみられ、基盤が確立する前の結婚は不適切である。眞子様の二十九歳という年齢は、現代において、数年間、待ってもおかしくないものでもあり、近いうちの結婚はあり得ないと殿下は仰るべきだ。

②もう一つの選択は、現在の小室さんの身の丈にあった仕事に就くことである。黒田清子さんの夫のように堅実な就職をしたのち、さらに、その収入の範囲で慎ましやかな生活を送ることを約束させるべきである。
 
小室さん母子がこれまで不規則な収入を得たり借金を繰り返しているのは収入に見合わない生活や学業をしているのが原因だから、これが不可欠だ。
 
こうしたことを実行しても、国民の理解を得られるかどうかは分からないが、ほかに道があるとは思えないとおっしゃるべきだ。
 
そして、殿下ご夫妻にお勧めしたいのは、法律家として有能なだけでなく、世知に長けた弁護士を雇われることである。ご夫妻が的確なアドバイスを受けられるだけでなく、一連の問題や疑念について徹底的に調査し、小室さん母子とも話し合い、眞子様の気持ちをほぐしてもらうにも有効であろう。
 
こみいった問題を解決するためには、宮内庁の役人とかジャーナリスト、友人ではなく、民事についての交渉のプロが必要である。皇室には宮内庁参与として寺田逸郎元最高裁長官がいて弁護士などに相談しているのだろうが、生々しい案件を扱うのに向いているとは思えない。

「報道されている他の多くの疑念も真実を明らかにし、適切に処理しなければならない」とは、佳代さんの元婚約者への「借金」だけでなく、国立音楽大学附属小学校の奨学金未返済疑惑、遺族年金の不正取得疑惑、本人のいじめ疑惑、父親と祖父母の連続自殺の経緯とその過程での元暴力団関係者の介入要請などを含む。
 
3人連続自殺は、普通に考えて、事件性がなくてもよほどのことがあったのではないかと誰しもが思うし、縁組みするときに疑念を持たれたままではすまないもので、小室家側から積極的に説明したほうがいい事柄である。
 
もちろん、これら疑惑のすべてが事実無根と判明しなければダメだということではない。人生のうちで過ちはあり、その悪質さが許される範囲のものか、必要があれば返済したり、謝罪したりして国民の理解が得られることもある。
 
逆に、眞子様と小室氏が話し合って、この結婚は無理だという結論に達せられたら、小室氏の名誉回復や、これからの人生設計の相談と無理のない範囲の支援を両殿下はされたほうがよいと思う。

皇位継承問題への影響

関連する投稿


欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

フランスの大統領選挙決選投票で、中道派で現職のエマニュエル・マクロン大統領が、極右のマリーヌ・ルペン候補を破って当選した。フランスに限らずヨーロッパの政治事情に日本人は疎い。この大統領選挙の意味、ヨーロッパ政治の今後、八幡和郎氏が徹底解説!


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

今回の報告書が男系の皇統維持の立場に立ち、旧宮家の男系男子孫を養子とする方策を提示したことは当然とはいえ画期的であり、心から歓迎したい。一方で、立憲民主党の泉健太代表や西村智奈美幹事長の主張は全く的外れである。


月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

「岸田総理 憲法改正宣言!」をはじめ、「高市早苗×櫻井よしこ」の特別大型対談、総力大特集「日本の争点!」、総力特集「習近平の限界!」、特集「眞子様ご結婚問題の核心!」、「新・創価学会研究」、「コロナ禍、徹底検証!」、グラビア特集「追悼・すぎやまこういち」など12月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

読売新聞は「ひとつ」、福島民報は「みっつ」、新潟日報は「よっつ」、久しぶりに伏字が発生!各新聞社の度量なのか、それとも…? 広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。


数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

言葉は美しい。だが、防衛省単独の予算を積み上げるより、他省庁の経費も含めた方が本来の防衛予算を抑えつつ「GDP比2%」を達成しやすくなるという思惑がみえみえである。