【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「あの時、出会わなければ……」

「そう、あの時、出会わなければ、私は現在でも独身だった可能性があります」

秋篠宮皇嗣殿下のこの発言を読んで、思わず一度本を閉じてしまった。紀子妃殿下との出会いについて語る、江森敬治『秋篠宮』(小学館)の一説だ。

なぜ驚いたのかと言えば、これが「世論一部から猛烈に反発を受けながら、なぜ眞子内親王が、小室圭氏との結婚を強行したのか」の答えになるように思えたからだ。

秋篠宮殿下と紀子妃殿下との出会いは、それは美しい物語のようだった。本書でも触れられているが、学習院大学構内の書店で初めてであった二人は、同じサークルに入り、紀子妃殿下は結婚前から東宮御所を訪問。現在の上皇陛下・美智子上皇后陛下から「キコちゃん」と呼ばれ、テニスやお茶を楽しんでいたという。

大学で出会い、その後結婚する。そうした両親のなれそめを、娘である眞子内親王が聞いていなかったはずはない。父との仲も良好だった眞子内親王が、自らの恋愛と両親のそれとを重ねていたとしてもおかしくはない。

「ここで結婚しておかなければ、私はこの先も独身のままの可能性がある」

秋篠宮殿下の冒頭の言葉は、そのまま眞子内親王に降り注いだのではないか。

ダメ押しの記述もある。筆者の江森氏は、眞子内親王の「結婚騒動」の最中に、秋篠宮殿下にこう尋ねている。

「なぜ眞子さまはここまで、この結婚にこだわるのでしょうか。眞子さまが、男性と知り合う機会は、これから先、まだまだ、たくさんあると思います。もっと素敵な人ときっと出会えますよ」

秋篠宮殿下は重い沈黙を続け、これに答えなかったというが、「他にも出会いはある」とほのめかす江森氏の言葉に〈「んっ」と一瞬、疑問を浮かべたような気がした〉という。それはそうだろう。冒頭に引いた言葉を思い出されたい。「その後の素敵な出会い」の可能性を、秋篠宮殿下自身が信じていない。

しかも秋篠宮殿下はかつて、江森氏に「学生時代に結婚相手を見つけないと、結婚は難しいですよ」と言ったことがあるというのだ。娘に向けたものではないが、何らかの形で伝わっていたかもしれない。それが娘を縛ったとは言わないが、「さすがに言霊の国のご皇族だ」と妙な納得を覚えてしまった。

秋篠宮

「公と私」は共存してしかるべき

眞子内親王の結婚騒動は結果的に五年近い月日を費やした。結婚後も毎週、週刊誌の誌面をにぎわせている。関連報道でメディアが得た売り上げを計算すれば、小室圭氏の母がA氏から受けた援助の額と言われる「400万円」など微々たる額で、それより一桁も二桁も多かったに違いない。

秋篠宮家の結婚騒動は、一部からは「秋篠宮家の、公と私のはき違えで生じたものだ」との声もある。文藝春秋編『秋篠宮家と小室家』でも、ノンフィクション作家の保坂正康氏が〈俗事の騒動の顛末を目の当たりにして、もはや皇室の市民化というレベルではなく、「大衆化」と呼ばざるを得ない状況にまで来ていると痛感〉〈「開かれた皇室」の運命にこのような現実が待ち受けていたことに愕然〉と嘆く。

だがそれは当然のことながら、秋篠宮家だけの問題ではない。皇室だけでの問題でもなく、皇室を戴く日本社会そのものの問題でもある。

共存してしかるべき伝統という「公」と、そうはいっても皇族方も人間であるという「私」の概念の、整理もついていない。さらに言えば特に戦後の皇室が「民意によって支えられている」という国民と皇室双方の思いが、この「騒動」に拍車をかけてしまった面もある(この「民意」の相互利用については茂木謙之介『SNS天皇論』(講談社選書メチエ)に多く指摘がある)。

民意の一部は「眞子様の結婚をやめさせよう」と批判を強める。だが批判が強まれば強まるほど、眞子様は「後がない」状態に追い込まれもしただろう。まるで「北風と太陽」の寓話で、民意と眞子様の心理の間には、悪循環が生じていた。

関連する投稿


【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム  佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム 佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


【読書亡羊】移民大国・フランスの実態――富豪たちの驚きの人権意識  アリゼ・デルピエール著『富豪に仕える』(新評論)

【読書亡羊】移民大国・フランスの実態――富豪たちの驚きの人権意識 アリゼ・デルピエール著『富豪に仕える』(新評論)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】まるで「賽の河原の石積み」……イスラエル―パレスチナ問題を考える  ダニエル・ソカッチ『イスラエル 人類史上最もやっかいな問題』(NHK出版)

【読書亡羊】まるで「賽の河原の石積み」……イスラエル―パレスチナ問題を考える ダニエル・ソカッチ『イスラエル 人類史上最もやっかいな問題』(NHK出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】中国軍人の危険な書、なぜ「台湾統一」の項は削除されたのか  劉明福『中国「軍事強国」への夢』(文春新書)

【読書亡羊】中国軍人の危険な書、なぜ「台湾統一」の項は削除されたのか 劉明福『中国「軍事強国」への夢』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週は原発や核兵器をめぐって、反原発・反核原理主義を大爆発させておりました。


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。外交交渉の具体的アイデアを全く示すことができないコメンテーターたち。