小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

小室圭・佳代母子の不可解すぎる履歴書|八幡和郎

眞子様がご結婚され、小室眞子さんに。この結婚は素直に祝福する気持ちになれない国民は多いのではないだろうか。今さら聞けないゼロから分かる「小室圭・佳代母子問題」を緊急解説!


(共同通信社)

「母親が父親の死後に婚約し小室圭氏の学資などの援助を受けていたが、婚約は破棄され、お金の返済を要求されている」という「400万円問題」で大事なのは、「なんらかの形で元婚約者が納得すればいい」というだけの問題ではないということだ。  

秋篠宮殿下は「いままでもあった問題をクリア(するために)相応の対応をする必要がある」と仰ったが、たとえば、1)時効になって支払い義務が法的になくなる2)相手方が諦めてくれる3)誰かが代わりに払ってくれる4)将来返すという約束をする、ということならそれでいいという人もいるが、いずれも解決にならない。  

時効は法的に返却を強制されなくなるだけで、返さないことを道義的に正当化するものではない。相手が諦めたとしても同様だ。誰かが払うといっても、それが親戚などならともかく、眞子様と結婚する人だから払うという人の好意に甘えるとすれば、皇室を利用した金集めであって許されない。将来返すと約束するのはいいことだが、自分でめどはなく、眞子さまに与えられる一時金を当てにするのでは困る。  

この借金については、1)交際していた男女間の通常のやりとりで返す必要もないとか、2)佳代さんも未亡人で苦しかったのだから責めるのは気の毒とか、3)圭氏とは関係ないとかいう人もいる。  

ところが、佳代さんは返すとか圭氏が二人の面倒を見てくれるからなどと言っていたし、生活が苦しかったので仕方ないというには使い途がおかしい。時期も圭氏が大学に通っているころで、子供ではなく、圭氏は自分のための借金であることを最初から知り、お礼も言い、返却拒否の交渉に自分で参加している。母子一体の責任として論じるべきだ。  

婚約を解消したのはA氏だが、多額の生命保険に佳代さんを受取人にして入れとか、際限ない金銭要求に耐えきれなくなったためらしい。そのあたりは、400万円を貸したA氏と佳代さんのメールのやりとりが生々しく公開されており、まったく否定しようがない。  

つまるところ、問題なのはこの母子は父親が自殺して苦しい生活をしてきた気の毒な母子家庭でなく、正常でない方法で入手した金で法外に贅沢な生活をしてきたことにある。  

もし、眞子様が出会われた貧乏な同級生が、慎ましやかな生活を送り、アルバイトしながら頑張っているというなら、ロマンスを成就させてあげたいと思う人も多いだろうが、そういう状況ではない。

圭氏の大富豪並みの教育費

この母子が父親の自殺時に置かれた経済環境は、それほど厳しいものではなかった。横浜のマンションはローンで買ったものだが、生命保険とリンクしていたから自分たちのものになっている。遺族年金も出ていた。  

しかも、祖父が自殺したとき、佳代さんは残された祖母と厳しい交渉をして多額の遺産を手に入れている。そのときに仲介した人物は、 「“夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思ったんでしょう」 「敏勝さん(注:圭氏の父親)が購入したマンションに佳代さんの両親が住んでいたので、“住む家がない”というのは嘘だった」  

と証言している(『女性セブン』2019年3月21日号)。  

敏勝さんの遺族年金などは年に250万円ほどあったはずだ(『週刊文春』推定)。これに佳代さんの収入を加えれば、国公立大学になら行けるし、私立でも奨学金やアルバイトでなんとかなるレベルだ。  

ところが、圭氏の受けた教育は、大企業のエリートサラリーマンなどでも払えない大富豪並みで、『週刊文春』は圭氏の教育費を4719万6850円と見積もっている。

その重圧は、父親を悩まし、自殺の原因の一つとまで疑われている。また、その使い方は場当たり的で目標がころころ変わり、効率が悪いことこのうえない。

眞子様の婚約者を強調して奨学金を獲得

関連する投稿


欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

欧州の極右政党は “日本モデル”に学べ!|八幡和郎

フランスの大統領選挙決選投票で、中道派で現職のエマニュエル・マクロン大統領が、極右のマリーヌ・ルペン候補を破って当選した。フランスに限らずヨーロッパの政治事情に日本人は疎い。この大統領選挙の意味、ヨーロッパ政治の今後、八幡和郎氏が徹底解説!


「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

「男系の皇統」維持策示した報告書を歓迎する|百地章

今回の報告書が男系の皇統維持の立場に立ち、旧宮家の男系男子孫を養子とする方策を提示したことは当然とはいえ画期的であり、心から歓迎したい。一方で、立憲民主党の泉健太代表や西村智奈美幹事長の主張は全く的外れである。


『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

「私は、好きになってほしかった。少なくとも少し好きでいてくれて、より好きになってほしいと思っていた」。複数の女性との援助交際が発覚し、歴代最短で新潟県知事を辞職した米山隆一氏。あれから3年、彼の“性癖”は本当になおったのか。2020年9月に刊行され、話題を呼んだ『東大出てもバカはバカ』(小社刊)より、「原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一」を特別公開!(写真提供/共同通信)


月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

月刊『Hanada』2021年12月未来選択号

「岸田総理 憲法改正宣言!」をはじめ、「高市早苗×櫻井よしこ」の特別大型対談、総力大特集「日本の争点!」、総力特集「習近平の限界!」、特集「眞子様ご結婚問題の核心!」、「新・創価学会研究」、「コロナ禍、徹底検証!」、グラビア特集「追悼・すぎやまこういち」など12月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

「2021年12月号」新聞広告・中吊り大公開!

読売新聞は「ひとつ」、福島民報は「みっつ」、新潟日報は「よっつ」、久しぶりに伏字が発生!各新聞社の度量なのか、それとも…? 広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。