世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

無意味な陽性者数で、緊急事態宣言をおこない、飲食店やそこに出入りする業者を最後まで締め上げる政府。そして、東京五輪も無観客にしてしまった。毅然とした姿勢などまるでなく、左派勢力のツイデモ等のSNS戦略に煽られ、我を失った菅政権では、次の選挙は戦えない!


常識から外れた「無観客」

これほど“あり得ない”決断には、なかなか出会えるものではない。
 
7月8日、菅義偉首相は記者会見で「私は緊急事態宣言となれば、無観客も辞さないと言ってきた」と語った。その瞬間、「えっ」と思わず声を上げた関係者は少なくなかった。
 
なぜなら観客の有無については、IOC(国際オリンピック委員会)、IPC(国際パラリンピック委員会)、日本政府、東京都、大会組織委員会の「五者協議で決まる」と説明していたからだ。

都民ファーストは、都議選の重点政策で、〈国が有観客での開催を強行する場合「無観客」での開催を強く求める〉と掲げており、小池百合子都知事が五者協議で「無観客」を主張するのは、予めわかっていた。
 
6月から五輪の「無観客も辞さない」と言い続けた菅首相の五者協議直前のこの言葉で、自身も無観客に否定的ではないことが判明。関係者に衝撃が走ったわけである。
 
私は絶句した。「無観客」など、あり得ないからだ。世界に恥を晒すことになり、日本が国際社会でこれまで築き上げてきた信用や信頼が大きな打撃を受けてしまう。私はツイートや動画を通じてこのことを発信してきたが、そのまま無観客は決定した。
 
いかにこれが常識から外れたことか説明したい。ワクチン接種は7月9日時点で4719万回、65歳以上には1回目が2665万回、2回目が1583万回に達した。予想通り、これによって課題だった「高齢者の感染」は激減した。
 
新型コロナは、高齢者直撃の感染症である。日本でも80歳以上の高齢者は陽性者の7人に1人という恐ろしい割合で命が奪われた(死亡率14・2%)。だが、若者は逆だ。

20代は陽性者17万9428人に対して死者8人。死亡率0%である。三十代も0%、40代になって初めて0・1%になる。つまり、高齢者を守るためのワクチン接種が実現すれば、若者にとっては“普通の風邪”なのだ。
 

“珍現象”があちこちで

幸いに第五波は、味覚障害もなく、鼻水と頭痛が中心という臨床報告が出ており、若者の陽性者が増えようと何の関係もない。集団免疫を目指すなら、むしろ「歓迎すべきこと」との声もあるぐらいだ。

つまり、四度目の緊急事態宣言も、五輪無観客も、まったく「必要ない」のである。
 
7月6日には、スーパーコンピューター「富岳」が観客一万人で「感染ゼロ」であることを弾き出し、文科省が発表した。しかし、それでも菅首相は都からの要請に自ら擦り寄り、東京五輪を無観客にしてしまったのだ。
 
おかげで“珍現象”があちこちで生じることになった。国立競技場のすぐ隣の神宮球場ではプロ野球のヤクルトが観客の熱狂の下、連日熱戦をくり広げ、伝統の巨人―阪神戦では甲子園を埋めた観客が大声を上げて白熱した試合を堪能した。

沖縄でおこなわれた「日本生命カップ 2021 バスケットボール男子日本代表国際強化試合沖縄大会」では沖縄アリーナに詰めかけた観衆の前で日本代表がフィンランドやハンガリーと対戦し、万雷の拍手を受けた。

「強化試合が有観客で、本番が無観客って一体なんだ?」との疑問の声が満ちたのは当然だっただろう。
 

関連する投稿


大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

一般献花の長い列からも分かるように、安倍元総理への弔意は国民の多くが持っており、国葬実施後のSNSの反応も、「国葬をして良かった」との声が多数だった。各国代表の方々の弔意に応えるためにも、やはり国葬でなければならなかったと実感している。


日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、日本にさまざまなことを突きつけた。いまこそタブーなき議論で日本を守るための手を講じよ!


ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本――ウクライナがロシアに侵攻された経緯をたどりながら、日本の存続のために何が必要なのかを見つめ直す。


「プーチンの戦争」を止められるのは誰か|和田政宗

「プーチンの戦争」を止められるのは誰か|和田政宗

核の恫喝、極超音速ミサイルの使用。ロシアは市民に対する無差別爆撃を繰り返しており、多くの子供が亡くなっている。プーチン大統領の狙いはどこにあるのか。誰がプーチン大統領の暴走を止めることができるのか。日本外交の真価がいま問われている――。


「原発攻撃」という狂気! ロシアの暴挙と日本の弱点|和田政宗

「原発攻撃」という狂気! ロシアの暴挙と日本の弱点|和田政宗

ウクライナの原子力発電所を攻撃するという暴挙に出たロシア。ウクライナに対して日本がすべきことは何か。そして、日本は今こそ、国土と国民を守るため何が必要かゼロベースで議論をし、必要なことを実行していくべきである。議論することすら許されなければ、日本を攻撃、侵略しようとする国にとってこれほど有難いことはないだろう。


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)