世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

無意味な陽性者数で、緊急事態宣言をおこない、飲食店やそこに出入りする業者を最後まで締め上げる政府。そして、東京五輪も無観客にしてしまった。毅然とした姿勢などまるでなく、左派勢力のツイデモ等のSNS戦略に煽られ、我を失った菅政権では、次の選挙は戦えない!


常識から外れた「無観客」

これほど“あり得ない”決断には、なかなか出会えるものではない。
 
7月8日、菅義偉首相は記者会見で「私は緊急事態宣言となれば、無観客も辞さないと言ってきた」と語った。その瞬間、「えっ」と思わず声を上げた関係者は少なくなかった。
 
なぜなら観客の有無については、IOC(国際オリンピック委員会)、IPC(国際パラリンピック委員会)、日本政府、東京都、大会組織委員会の「五者協議で決まる」と説明していたからだ。

都民ファーストは、都議選の重点政策で、〈国が有観客での開催を強行する場合「無観客」での開催を強く求める〉と掲げており、小池百合子都知事が五者協議で「無観客」を主張するのは、予めわかっていた。
 
6月から五輪の「無観客も辞さない」と言い続けた菅首相の五者協議直前のこの言葉で、自身も無観客に否定的ではないことが判明。関係者に衝撃が走ったわけである。
 
私は絶句した。「無観客」など、あり得ないからだ。世界に恥を晒すことになり、日本が国際社会でこれまで築き上げてきた信用や信頼が大きな打撃を受けてしまう。私はツイートや動画を通じてこのことを発信してきたが、そのまま無観客は決定した。
 
いかにこれが常識から外れたことか説明したい。ワクチン接種は7月9日時点で4719万回、65歳以上には1回目が2665万回、2回目が1583万回に達した。予想通り、これによって課題だった「高齢者の感染」は激減した。
 
新型コロナは、高齢者直撃の感染症である。日本でも80歳以上の高齢者は陽性者の7人に1人という恐ろしい割合で命が奪われた(死亡率14・2%)。だが、若者は逆だ。

20代は陽性者17万9428人に対して死者8人。死亡率0%である。三十代も0%、40代になって初めて0・1%になる。つまり、高齢者を守るためのワクチン接種が実現すれば、若者にとっては“普通の風邪”なのだ。
 

“珍現象”があちこちで

幸いに第五波は、味覚障害もなく、鼻水と頭痛が中心という臨床報告が出ており、若者の陽性者が増えようと何の関係もない。集団免疫を目指すなら、むしろ「歓迎すべきこと」との声もあるぐらいだ。

つまり、四度目の緊急事態宣言も、五輪無観客も、まったく「必要ない」のである。
 
7月6日には、スーパーコンピューター「富岳」が観客一万人で「感染ゼロ」であることを弾き出し、文科省が発表した。しかし、それでも菅首相は都からの要請に自ら擦り寄り、東京五輪を無観客にしてしまったのだ。
 
おかげで“珍現象”があちこちで生じることになった。国立競技場のすぐ隣の神宮球場ではプロ野球のヤクルトが観客の熱狂の下、連日熱戦をくり広げ、伝統の巨人―阪神戦では甲子園を埋めた観客が大声を上げて白熱した試合を堪能した。

沖縄でおこなわれた「日本生命カップ 2021 バスケットボール男子日本代表国際強化試合沖縄大会」では沖縄アリーナに詰めかけた観衆の前で日本代表がフィンランドやハンガリーと対戦し、万雷の拍手を受けた。

「強化試合が有観客で、本番が無観客って一体なんだ?」との疑問の声が満ちたのは当然だっただろう。
 

関連する投稿


日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、日本にさまざまなことを突きつけた。いまこそタブーなき議論で日本を守るための手を講じよ!


ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本――ウクライナがロシアに侵攻された経緯をたどりながら、日本の存続のために何が必要なのかを見つめ直す。


「プーチンの戦争」を止められるのは誰か|和田政宗

「プーチンの戦争」を止められるのは誰か|和田政宗

核の恫喝、極超音速ミサイルの使用。ロシアは市民に対する無差別爆撃を繰り返しており、多くの子供が亡くなっている。プーチン大統領の狙いはどこにあるのか。誰がプーチン大統領の暴走を止めることができるのか。日本外交の真価がいま問われている――。


「原発攻撃」という狂気! ロシアの暴挙と日本の弱点|和田政宗

「原発攻撃」という狂気! ロシアの暴挙と日本の弱点|和田政宗

ウクライナの原子力発電所を攻撃するという暴挙に出たロシア。ウクライナに対して日本がすべきことは何か。そして、日本は今こそ、国土と国民を守るため何が必要かゼロベースで議論をし、必要なことを実行していくべきである。議論することすら許されなければ、日本を攻撃、侵略しようとする国にとってこれほど有難いことはないだろう。


「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

2021年10月6日、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が匿名アカウントのツイートで名誉を傷つけられたとして、計880万円の損害賠償と投稿一本の削除などを求める訴訟を東京地裁に起こした。「Dappi」のどのツイートが名誉棄損なのか。安倍晋三元総理を「人格破綻者」などと罵る小西議員こそ「人格破綻者」ではないのか。「Dappi」問題の真相に迫る! (写真/杉尾ひでやHP)


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?