世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

無意味な陽性者数で、緊急事態宣言をおこない、飲食店やそこに出入りする業者を最後まで締め上げる政府。そして、東京五輪も無観客にしてしまった。毅然とした姿勢などまるでなく、左派勢力のツイデモ等のSNS戦略に煽られ、我を失った菅政権では、次の選挙は戦えない!


常識から外れた「無観客」

これほど“あり得ない”決断には、なかなか出会えるものではない。
 
7月8日、菅義偉首相は記者会見で「私は緊急事態宣言となれば、無観客も辞さないと言ってきた」と語った。その瞬間、「えっ」と思わず声を上げた関係者は少なくなかった。
 
なぜなら観客の有無については、IOC(国際オリンピック委員会)、IPC(国際パラリンピック委員会)、日本政府、東京都、大会組織委員会の「五者協議で決まる」と説明していたからだ。

都民ファーストは、都議選の重点政策で、〈国が有観客での開催を強行する場合「無観客」での開催を強く求める〉と掲げており、小池百合子都知事が五者協議で「無観客」を主張するのは、予めわかっていた。
 
6月から五輪の「無観客も辞さない」と言い続けた菅首相の五者協議直前のこの言葉で、自身も無観客に否定的ではないことが判明。関係者に衝撃が走ったわけである。
 
私は絶句した。「無観客」など、あり得ないからだ。世界に恥を晒すことになり、日本が国際社会でこれまで築き上げてきた信用や信頼が大きな打撃を受けてしまう。私はツイートや動画を通じてこのことを発信してきたが、そのまま無観客は決定した。
 
いかにこれが常識から外れたことか説明したい。ワクチン接種は7月9日時点で4719万回、65歳以上には1回目が2665万回、2回目が1583万回に達した。予想通り、これによって課題だった「高齢者の感染」は激減した。
 
新型コロナは、高齢者直撃の感染症である。日本でも80歳以上の高齢者は陽性者の7人に1人という恐ろしい割合で命が奪われた(死亡率14・2%)。だが、若者は逆だ。

20代は陽性者17万9428人に対して死者8人。死亡率0%である。三十代も0%、40代になって初めて0・1%になる。つまり、高齢者を守るためのワクチン接種が実現すれば、若者にとっては“普通の風邪”なのだ。
 

“珍現象”があちこちで

幸いに第五波は、味覚障害もなく、鼻水と頭痛が中心という臨床報告が出ており、若者の陽性者が増えようと何の関係もない。集団免疫を目指すなら、むしろ「歓迎すべきこと」との声もあるぐらいだ。

つまり、四度目の緊急事態宣言も、五輪無観客も、まったく「必要ない」のである。
 
7月6日には、スーパーコンピューター「富岳」が観客一万人で「感染ゼロ」であることを弾き出し、文科省が発表した。しかし、それでも菅首相は都からの要請に自ら擦り寄り、東京五輪を無観客にしてしまったのだ。
 
おかげで“珍現象”があちこちで生じることになった。国立競技場のすぐ隣の神宮球場ではプロ野球のヤクルトが観客の熱狂の下、連日熱戦をくり広げ、伝統の巨人―阪神戦では甲子園を埋めた観客が大声を上げて白熱した試合を堪能した。

沖縄でおこなわれた「日本生命カップ 2021 バスケットボール男子日本代表国際強化試合沖縄大会」では沖縄アリーナに詰めかけた観衆の前で日本代表がフィンランドやハンガリーと対戦し、万雷の拍手を受けた。

「強化試合が有観客で、本番が無観客って一体なんだ?」との疑問の声が満ちたのは当然だっただろう。
 

関連する投稿


望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

今回の仙台市議選において自民党は5つの選挙区で、現職の公認候補3人が落選した。私が選挙戦を通して感じたのは、岸田内閣の政策への厳しい評価である。“サラリーマン増税”について岸田総理は否定したものの、「岸田政権では増税が続く」と考えている方がとても多かった。


安倍晋三元総理がご存命であったら……|和田政宗

安倍晋三元総理がご存命であったら……|和田政宗

防衛費増額での増税議論、LGBT法案での議論――安倍元総理の取り組みや考えからは真逆の政策が推し進められようとしている。安倍元総理がいらっしゃったら果たしてこうなっていただろうか。


衆参補選2勝3敗の可能性もあった! 「岩盤支持層」はどこへ向かうのか?|和田政宗

衆参補選2勝3敗の可能性もあった! 「岩盤支持層」はどこへ向かうのか?|和田政宗

今回の衆参補選の結果を経て、解散総選挙は早いのではないかとの観測も流れているが、もし次の衆院選において、維新と立憲で候補者調整などが行われれば、自民党はかなりの厳しい結果を覚悟しなければならない――。(サムネイルは茂木敏充氏Twitterより)


デマ政治と批判された韓国野党の福島訪問|西岡力

デマ政治と批判された韓国野党の福島訪問|西岡力

反日報道の先頭に立ってきた有力紙、朝鮮日報が「科学と事実を拒否、デマ政治の誘惑を捨てられない共に民主党」と題する6日付社説で、処理水放出を危険視する野党の主張に対して科学的根拠をきちんと書いて反論したことは、長く日韓関係を見てきた筆者からすると驚きだった。


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉