【入管庁問題】入管法改正潰し、蠢く人権団体|高山正之・和田政宗

【入管庁問題】入管法改正潰し、蠢く人権団体|高山正之・和田政宗

名古屋出入国在留管理局で3月、収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんが亡くなった。職員による対応や医療体制の不備などに注目が集まっているが、きっかけとなった毎日新聞をはじめとしたメディアの入管批判報道は、明らかに政府が進めていた入管法改正案を潰すことを目的としていたものだった!(この対談は6月に行われたものの再録です)


毎日新聞の”捏造”記事

――スリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさんが、収容されていた名古屋出入国在留管理局で、3月6日に亡くなりました。この一件で「入管庁の対応がおかしい」という入管庁批判の報道が相次ぎ、入管法改正案が見送りとなってしまいました。

和田 そもそものきっかけは、5月13日付毎日新聞の「名古屋・スリランカ女性死亡 入管報告、診療記録と逆」という記事です。

《2月5日に外部病院で受けた胃の内視鏡(胃カメラ)の診療記録を関係者から入手した。診療記録には、「(薬を)内服できないのであれば点滴、入院」と指示が書かれていた。しかし、法務省・出入国在留管理庁が作成した中間報告には、「医師から点滴や入院の指示がなされたこともなかった」と反対の内容が書かれている。医師が書いた記録と入管の報告が食い違う事態になった》

つまり、入管が外部の医師の指示に従わなかったという記事です。これを読んだ時、記事のとおりであれば入管の対応はまずい、大変なことだと思いました。しかし、私は日本クルド友好議員連盟の幹事長をやっている関係もあって入管庁とはいろいろと話をする機会があり、入管はやるべきことはしっかりやるという組織と感じていましたので、記事に対して何か違和感がありました。

なにせ毎日新聞なので、もしかしたら都合のよい部分だけを書いているのではないか。「はたしてこんなことを入管が本当にするのかな」と。

そこで、まず毎日新聞が入手した診療記録、カルテは入管も当然持っていますので説明を受けたところ、毎日新聞はカルテの前段部分しか報じていないことがわかりました。

たしかにカルテの前段部分には、外部病院の医師が「(薬を)内服できないのであれば、点滴、入院」と書かれていますが、これは胃カメラ検査前の段階のものです。胃カメラ検査をしたところ、外部病院の医師は「ほぼ異常なし」で「投薬の継続でよい」と記載しています。

つまり、最終的には「投薬でよい」のだから、入管もそれに従ったに過ぎない。にもかかわらず、「点滴、入院」という部分だけを報じて、さも入管が従わなかったかのように印象付けているのです。

これは捏造大賞というか、逆ピューリッツァー賞をあげてもいいレベルの記事ではないでしょうか。

高山 私は毎日ではなく、朝日新聞と産経新聞でこの一件を知ったんだけど、朝日と産経であまりに書き方が違うので驚いた。朝日は毎日と同じく、痛ましい事件が起きて、入管けしからんという論調。産経はもう少しウィシュマさんがどういう人間だったのかを書いていた。

産経によると、彼女は平成29年6月に留学生として来日し、千葉県内の日本語学校に通っていたが欠席が続き、翌年6月に除籍され、行方も知れずに在留資格も失った。

和田 在留資格を失った段階で不法残留になりますから、入管も携帯電話に電話したり、書類を郵送したりしていたのですが、連絡がとれなかった。

高山 すると昨年8月、同棲している男のDVから逃れたい、と静岡県内の交番に出頭。母国に帰りたいというが所持金がない。

和田 入管庁の中間報告書によると、1350円しか持っていなかったそうです。

収容所で態度が一変

高山 スリランカの彼女の実家も金を出さないので、名古屋の入管局収容所に入って政府の金で送り返す強制退去処分を待っていた。

朝日、産経より少し遅れて、ニューヨーク・タイムズがより詳しい記事を書いた。基本的に日本の入管批判を書いていて、収容所がひどい環境で手を尽くさなかったからウィシュマさんが死んだかのような記事になっていた。

しかし一方で、日本の新聞が報じていない彼女の事実も報じていた。

ウィシュマさんが収容所で強制退去を待っていたところに、一足先に帰国していたDV男から手紙が届いた。なぜ男が居所を知って、なぜ彼女に手紙を書く気になったのかはわからない。手紙にはこうあった。

「おまえが日本の警察にチクったから酷い目に遭った。国に戻ってきたら仕返ししてやる」

ちょうどそのころ、難民などの支援にあたる団体「START」の人間や、入管を退職して「未来入管フォーラム」という団体の代表をしている木下洋一といった人物が彼女に会っている。そして、男からの手紙で彼女は「帰国すれば命の危険があるから、日本に残りたい」と言い出すと、人権団体はそれを支持した。

和田 帰るところも仕事もなかったので「スリランカに帰国したい」というのが、当初の彼女の考えでした。ただ、新型コロナ感染拡大の影響でスリランカ行きの定期便がなかったので、収容施設に入れていた。なるべく早く帰国できるように入管は動いていたのですが、高山さんがおっしゃったように、日本人の支援者と称する人が面会に来て、そこで考えを翻し、突如「日本に住み続けたい」と言い出したのです。

高山 その時点までの健康状況は?

和田 1月14日までは体調不良を訴えたことは全くない。1月15日に少しの吐き気を訴えて、夕食は摂らなかったけれども、就寝前には職員に対して「少し気持ち悪いが体調は大丈夫」と言っていたそうです。

高山 「体調不良を訴えろ」と人権団体が助言したのかな?

和田 そのへんの事情はわかりませんが、支援者との面会によって、帰国希望から在留希望へと切り替わったのはたしかです。

関連する投稿


入管法改正を実現せよ|西岡力

入管法改正を実現せよ|西岡力

今国会での改正案成立を断念した。その結果、送還忌避者の増加による収容長期化や仮放免者逃亡などの懸案が解決できず、収容者の人権擁護の困難さも解決されないままだ。


孔鉉佑中国大使の暴言、日本は対中制裁を|和田政宗

孔鉉佑中国大使の暴言、日本は対中制裁を|和田政宗

中国大使館のホームページに掲載された孔鉉佑駐日中国大使のトンデモ論文。いま孔駐日大使をはじめとする世界各国の中国大使の動きを見ると、中国が対外宣伝工作を強化していることが分かる。そして、このように中国が対外宣伝工作を強めているのは、習近平国家主席が自らへの権力集中を進めようとしているためである。  


森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

「男性は会議が長い」には寛容であり、「女性は会議が長い」にはなぜ不寛容なのか。そもそも森元総理の発言のどこが「女性差別」なのか。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる、異常なメディア・リンチに花田編集長が物申す!


毎日新聞の元旦スクープは中国の紐付きか|花田紀凱

毎日新聞の元旦スクープは中国の紐付きか|花田紀凱

元旦スクープ合戦の勝者はどこなのか。読売新聞の「中国『千人計画』に日本人」は恥ずかしい「スクープ」だったが、毎日新聞の「中国『闇』ワクチン流入」「日本の富裕層 接種」はまさにスクープだった――。にもかかわらず、なぜ、毎日新聞を賞賛できないのか。花田編集長がその理由を明かす!


50年と変わらぬ風景!|花田紀凱

50年と変わらぬ風景!|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第39回


最新の投稿


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

急転直下、辞任に意向を示した菅総理。朝日、毎日は勝ち誇ったように報じるが、マスコミが「コロナ恐怖」を煽り、国民はその八つ当たりで政権を非難していたに過ぎない。菅総理の功績を、いまこそ振り返ろう。


新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

「安倍さんに『出馬してください!』と何十回お願いしても『100%ない』とおっしゃるので、7月下旬、もうこれが最後との思いで、もう一度お願いしました。そこできっぱり断られたので、『そんなんやったら、私、出たるからな』と安倍さんに言うたんです。止められもせず、勧められもしませんでしたが。勉強会を何度も重ねて、一緒に政策作りにも励んできました。『書き溜めてきた政策はどうすればいいんですか』と安倍さんに尋ねたら、『高市さんが発表すればいいじゃない』と(笑)」(月刊『Hanada』2021年10月号より)。独占無料公開! 高市早苗議員が日本を強くする「経済強靭化計画」のすべてを語った!