【入管庁問題】入管法改正潰し、蠢く人権団体|高山正之・和田政宗

【入管庁問題】入管法改正潰し、蠢く人権団体|高山正之・和田政宗

名古屋出入国在留管理局で3月、収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんが亡くなった。職員による対応や医療体制の不備などに注目が集まっているが、きっかけとなった毎日新聞をはじめとしたメディアの入管批判報道は、明らかに政府が進めていた入管法改正案を潰すことを目的としていたものだった!(この対談は6月に行われたものの再録です)


毎日新聞の”捏造”記事

――スリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさんが、収容されていた名古屋出入国在留管理局で、3月6日に亡くなりました。この一件で「入管庁の対応がおかしい」という入管庁批判の報道が相次ぎ、入管法改正案が見送りとなってしまいました。

和田 そもそものきっかけは、5月13日付毎日新聞の「名古屋・スリランカ女性死亡 入管報告、診療記録と逆」という記事です。

《2月5日に外部病院で受けた胃の内視鏡(胃カメラ)の診療記録を関係者から入手した。診療記録には、「(薬を)内服できないのであれば点滴、入院」と指示が書かれていた。しかし、法務省・出入国在留管理庁が作成した中間報告には、「医師から点滴や入院の指示がなされたこともなかった」と反対の内容が書かれている。医師が書いた記録と入管の報告が食い違う事態になった》

つまり、入管が外部の医師の指示に従わなかったという記事です。これを読んだ時、記事のとおりであれば入管の対応はまずい、大変なことだと思いました。しかし、私は日本クルド友好議員連盟の幹事長をやっている関係もあって入管庁とはいろいろと話をする機会があり、入管はやるべきことはしっかりやるという組織と感じていましたので、記事に対して何か違和感がありました。

なにせ毎日新聞なので、もしかしたら都合のよい部分だけを書いているのではないか。「はたしてこんなことを入管が本当にするのかな」と。

そこで、まず毎日新聞が入手した診療記録、カルテは入管も当然持っていますので説明を受けたところ、毎日新聞はカルテの前段部分しか報じていないことがわかりました。

たしかにカルテの前段部分には、外部病院の医師が「(薬を)内服できないのであれば、点滴、入院」と書かれていますが、これは胃カメラ検査前の段階のものです。胃カメラ検査をしたところ、外部病院の医師は「ほぼ異常なし」で「投薬の継続でよい」と記載しています。

つまり、最終的には「投薬でよい」のだから、入管もそれに従ったに過ぎない。にもかかわらず、「点滴、入院」という部分だけを報じて、さも入管が従わなかったかのように印象付けているのです。

これは捏造大賞というか、逆ピューリッツァー賞をあげてもいいレベルの記事ではないでしょうか。

高山 私は毎日ではなく、朝日新聞と産経新聞でこの一件を知ったんだけど、朝日と産経であまりに書き方が違うので驚いた。朝日は毎日と同じく、痛ましい事件が起きて、入管けしからんという論調。産経はもう少しウィシュマさんがどういう人間だったのかを書いていた。

産経によると、彼女は平成29年6月に留学生として来日し、千葉県内の日本語学校に通っていたが欠席が続き、翌年6月に除籍され、行方も知れずに在留資格も失った。

和田 在留資格を失った段階で不法残留になりますから、入管も携帯電話に電話したり、書類を郵送したりしていたのですが、連絡がとれなかった。

高山 すると昨年8月、同棲している男のDVから逃れたい、と静岡県内の交番に出頭。母国に帰りたいというが所持金がない。

和田 入管庁の中間報告書によると、1350円しか持っていなかったそうです。

収容所で態度が一変

高山 スリランカの彼女の実家も金を出さないので、名古屋の入管局収容所に入って政府の金で送り返す強制退去処分を待っていた。

朝日、産経より少し遅れて、ニューヨーク・タイムズがより詳しい記事を書いた。基本的に日本の入管批判を書いていて、収容所がひどい環境で手を尽くさなかったからウィシュマさんが死んだかのような記事になっていた。

しかし一方で、日本の新聞が報じていない彼女の事実も報じていた。

ウィシュマさんが収容所で強制退去を待っていたところに、一足先に帰国していたDV男から手紙が届いた。なぜ男が居所を知って、なぜ彼女に手紙を書く気になったのかはわからない。手紙にはこうあった。

「おまえが日本の警察にチクったから酷い目に遭った。国に戻ってきたら仕返ししてやる」

ちょうどそのころ、難民などの支援にあたる団体「START」の人間や、入管を退職して「未来入管フォーラム」という団体の代表をしている木下洋一といった人物が彼女に会っている。そして、男からの手紙で彼女は「帰国すれば命の危険があるから、日本に残りたい」と言い出すと、人権団体はそれを支持した。

和田 帰るところも仕事もなかったので「スリランカに帰国したい」というのが、当初の彼女の考えでした。ただ、新型コロナ感染拡大の影響でスリランカ行きの定期便がなかったので、収容施設に入れていた。なるべく早く帰国できるように入管は動いていたのですが、高山さんがおっしゃったように、日本人の支援者と称する人が面会に来て、そこで考えを翻し、突如「日本に住み続けたい」と言い出したのです。

高山 その時点までの健康状況は?

和田 1月14日までは体調不良を訴えたことは全くない。1月15日に少しの吐き気を訴えて、夕食は摂らなかったけれども、就寝前には職員に対して「少し気持ち悪いが体調は大丈夫」と言っていたそうです。

高山 「体調不良を訴えろ」と人権団体が助言したのかな?

和田 そのへんの事情はわかりませんが、支援者との面会によって、帰国希望から在留希望へと切り替わったのはたしかです。

関連する投稿


沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

大田實海軍中将は自決する直前、海軍次官に宛てた最期の電文を発出。「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」。後世の政治家は、この言葉にしっかり応えているのだろうか。思い切った振興政策を行わなければ、こうした状況は改善できない。そこで提唱しているのが、沖縄県を「相続税無税特区」にすることである――。


岸田政権よ、原発の再稼働を今すぐ決断せよ!|和田政宗

岸田政権よ、原発の再稼働を今すぐ決断せよ!|和田政宗

3月下旬の電力需給ひっ迫警報の際には、国民の節電で危機を乗り切ることができたが、夏の暑い時期が来たらどうなるのか。何を躊躇しているのか。国民のため、また政治の安定のためにも原発再稼働は必須であり、ロシアに対する厳しい姿勢を日本が率先して示すためにも重要だ。


憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

2022年4月、「危機に乗じて憲法9条を破壊し、日本を『軍事対軍事』の危険な道に引き込む動きを、日本共産党の躍進で断固として止めよう」と訴えた日本共産党の志位和夫委員長。共産党の言う「9条生かした外交で平和をつくりだす」は本当に可能なのか。日本の隣国である中国、ロシア、北朝鮮は果たして「平和を愛する諸国民」と言えるのか。


ロシアによる北海道侵略、日本が強化すべき2つの力|和田政宗

ロシアによる北海道侵略、日本が強化すべき2つの力|和田政宗

プーチン政権は完全に正気を失っている――。今後の状況いかんによってはウクライナへの核使用、NATO諸国への攻撃、我が国へのミサイル攻撃、または北海道への侵略を行う可能性すらある。「まさか」はもう通用しない!いますぐ日本がすべきことを和田政宗議員が緊急提言!


ロシアによる「虐殺」の歴史と行動の遅い日本政府|和田政宗

ロシアによる「虐殺」の歴史と行動の遅い日本政府|和田政宗

昭和20年8月8日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し、満州や日本領土への侵略を始めた。8月14日には満州・葛根廟において、避難中の女性、子供ら千数百人が、白旗を掲げたにもかかわらず、ソ連軍によって機関銃で攻撃され、戦車でひき殺された――。日本はウクライナの苦しみが分かる国であるのに、なぜ率先して行動しないのか。


最新の投稿


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


防衛力強化を欠く制裁は危うい|湯浅博

防衛力強化を欠く制裁は危うい|湯浅博

岸田外交の脆弱性は、経済制裁で啖呵を切るものの、それに見合う抑止力の構えを用意しないことだ。力強い外交は、それを支える防衛力の強化を欠いては、かえって足元が危うくなる。


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

大田實海軍中将は自決する直前、海軍次官に宛てた最期の電文を発出。「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」。後世の政治家は、この言葉にしっかり応えているのだろうか。思い切った振興政策を行わなければ、こうした状況は改善できない。そこで提唱しているのが、沖縄県を「相続税無税特区」にすることである――。