橋本崇載八段独占手記 私も「実子誘拐」された|橋本崇載

橋本崇載八段独占手記 私も「実子誘拐」された|橋本崇載

「対局を終えて私が自宅に帰ってみると、書き置きを残して妻と生後4カ月の私の息子が消えていました。いま、社会問題になっている『実子誘拐』 『子どもの連れ去り』の被害者に、私はなったのです」。橋本崇載八段はなぜ20年間続けてきたプロ棋士を引退することになったのか。日本国内で横行する「実子誘拐」の真実と、地獄の日々を赤裸々告白!


私も橋本さんの引退にとても驚きました。センスの良いとても独創的な将棋で対外的なアピールも出来る得難い人です。とても残念です。(羽生善治)
(2021年4月4日 チーム羽生ツイッター)

結翔がいなくなって2年、精神的にいよいよ限界。私は弱い。けさは体に激痛。今日は薬飲んで寝る。たまにもう殺してくれと本気で思う時がある。被害者はきっとみんなそう。なぜ、こんな思いをしなければならない。元に戻してくれ
(2021年7月27日 橋本崇載ツイッター)

私も「実子誘拐」の被害者に

4月11日、東京・新橋駅前

私、橋本崇載(たかのり)は日本将棋連盟に引退届を提出し、2021年4月2日付で引退いたしました。引退に至るまでの経緯については、4月2日に開設したユーチューブチャンネルに投稿してきましたが、ここであらためて、私がなぜ20年間続けてきたプロ棋士を引退することになったのか、お話ししたいと思います。
 
事の起こりは、2019年7月18日。対局を終えて私が自宅に帰ってみると、書き置きを残して妻と生後4カ月の私の息子、橋本結翔(ゆうと)が消えていました。いま、社会問題になっている「実子誘拐」 「子どもの連れ去り」の被害者に、私はなったのです。
 
私たち夫婦はもともと東京近郊に住んでいたのですが、妻の出産を前に、関西地方の妻の父親の家の近くに自宅を構えて転居しました。初めての出産・育児が不安だという妻に配慮したのです。
 
私は東京に部屋を借り、対局があるときはそこに滞在していました。将棋連盟に無理を言って、できるだけ対局の日程を集中させてもらい、なるべく自宅にいる期間を長く取るようにしていました。自宅にいる間は、積極的に家事・育児を手伝っていたつもりです。息子をお風呂に入れるのは、私の役目でした。
 
その日も、子どもの顔を見ることを楽しみに帰ってきたのです。ところが、家のなかに妻と子どもの姿はありませんでした。「あなたが東京に戻ったら連絡してください」と書き残してあり、要は私に会いたくない、と。たしかにその直前、私が自転車で怪我をしたのを思いやってくれない妻をLINEで非難したことで喧嘩になり、「帰ってくるな」と言われていました。でも、こうして出ていってしまうなんて……。
 
青ざめて、妻の父親に連絡しました。妻の両親は離婚して別々に住んでいるのですが、義父によると妻は義母の元にいる、と。私はとにかく子どもに会いたかったし、会う権利があると思ったのでそれを伝えたところ、「それはそうだよね」と。それからしばらくの間、妻は3日に1度くらいは子どもを連れて自宅に来てくれていました。
 
その間、妻の両親も交えて何回か家族会議をもちました。妻は離婚したいようでしたが、私としては子どものために離婚は避けたかった。冷却期間を置くなどの方法で、なんとか結婚を継続できたらと考えていました。
 
一方で、もし離婚する場合、親権はどうするとか、お金はどうするなどの話もしていました。それなりに冷静な話し合いができていると思っていたのです。

関連する投稿


実子誘拐を黙殺する日本のメディア|上條まゆみ

実子誘拐を黙殺する日本のメディア|上條まゆみ

「私の子供たちは日本で誘拐されています」。メダルラッシュに沸いた東京オリンピックの陰で、命がけのハンストを行っていたフランス人男性、ヴィンセント・フィショ氏。BBCをはじめ、海外メディアが続々とこの問題を報道するなか、日本のメディアは「報道しない自由」を行使。日本の司法は腐っているが、日本のメディアも腐っている――。


月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

自民党総裁選に出馬表明をした高市早苗議員の「わが政権構想」(聞き手・有本香)をはじめ、安倍前総理×マクマスター元大統領補佐官「中国の脅威とどう闘うか」、百田尚樹×石平「中国共産党は史上最悪の寄生虫だ!」、「櫻井よしこさん激怒! 韓国MBCが捏造報道」、藤井聡×木村盛世「『ゼロコロナ詐欺師』に国民は殺される」、岸博幸×原英史「『第三臨調』で官僚の劣化にメス」、長谷川学「実子誘拐を助ける日本の『拉致司法』」など10月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年10月号」新聞広告大公開!

「2021年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告、河北新報のみ、デザインが一部変更となりました。読売新聞に出した広告と見比べてください。難易度はレベル4です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2021年9月号」新聞広告大公開!

「2021年9月号」新聞広告大公開!

スポンサー以外、東京五輪を応援してはいけない?3社とも「弊誌は東京五輪を応援します!」というキャッチコピーがNGに…。何に変更したのか、ぜひご覧ください。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


最新の投稿


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。