橋本崇載八段独占手記 私も「実子誘拐」された|橋本崇載

橋本崇載八段独占手記 私も「実子誘拐」された|橋本崇載

「対局を終えて私が自宅に帰ってみると、書き置きを残して妻と生後4カ月の私の息子が消えていました。いま、社会問題になっている『実子誘拐』 『子どもの連れ去り』の被害者に、私はなったのです」。橋本崇載八段はなぜ20年間続けてきたプロ棋士を引退することになったのか。日本国内で横行する「実子誘拐」の真実と、地獄の日々を赤裸々告白!


私も橋本さんの引退にとても驚きました。センスの良いとても独創的な将棋で対外的なアピールも出来る得難い人です。とても残念です。(羽生善治)
(2021年4月4日 チーム羽生ツイッター)

結翔がいなくなって2年、精神的にいよいよ限界。私は弱い。けさは体に激痛。今日は薬飲んで寝る。たまにもう殺してくれと本気で思う時がある。被害者はきっとみんなそう。なぜ、こんな思いをしなければならない。元に戻してくれ
(2021年7月27日 橋本崇載ツイッター)

私も「実子誘拐」の被害者に

4月11日、東京・新橋駅前

私、橋本崇載(たかのり)は日本将棋連盟に引退届を提出し、2021年4月2日付で引退いたしました。引退に至るまでの経緯については、4月2日に開設したユーチューブチャンネルに投稿してきましたが、ここであらためて、私がなぜ20年間続けてきたプロ棋士を引退することになったのか、お話ししたいと思います。
 
事の起こりは、2019年7月18日。対局を終えて私が自宅に帰ってみると、書き置きを残して妻と生後4カ月の私の息子、橋本結翔(ゆうと)が消えていました。いま、社会問題になっている「実子誘拐」 「子どもの連れ去り」の被害者に、私はなったのです。
 
私たち夫婦はもともと東京近郊に住んでいたのですが、妻の出産を前に、関西地方の妻の父親の家の近くに自宅を構えて転居しました。初めての出産・育児が不安だという妻に配慮したのです。
 
私は東京に部屋を借り、対局があるときはそこに滞在していました。将棋連盟に無理を言って、できるだけ対局の日程を集中させてもらい、なるべく自宅にいる期間を長く取るようにしていました。自宅にいる間は、積極的に家事・育児を手伝っていたつもりです。息子をお風呂に入れるのは、私の役目でした。
 
その日も、子どもの顔を見ることを楽しみに帰ってきたのです。ところが、家のなかに妻と子どもの姿はありませんでした。「あなたが東京に戻ったら連絡してください」と書き残してあり、要は私に会いたくない、と。たしかにその直前、私が自転車で怪我をしたのを思いやってくれない妻をLINEで非難したことで喧嘩になり、「帰ってくるな」と言われていました。でも、こうして出ていってしまうなんて……。
 
青ざめて、妻の父親に連絡しました。妻の両親は離婚して別々に住んでいるのですが、義父によると妻は義母の元にいる、と。私はとにかく子どもに会いたかったし、会う権利があると思ったのでそれを伝えたところ、「それはそうだよね」と。それからしばらくの間、妻は3日に1度くらいは子どもを連れて自宅に来てくれていました。
 
その間、妻の両親も交えて何回か家族会議をもちました。妻は離婚したいようでしたが、私としては子どものために離婚は避けたかった。冷却期間を置くなどの方法で、なんとか結婚を継続できたらと考えていました。
 
一方で、もし離婚する場合、親権はどうするとか、お金はどうするなどの話もしていました。それなりに冷静な話し合いができていると思っていたのです。

関連する投稿


ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

2013年、中埜大輔さんは、ミツカンの創業家出身のオーナー経営者である中埜和英会長の次女、聖子さんと結婚、翌年には男の子が誕生した。だが、彼の人生は義父母によって破壊された。生後4日目の子供を義父母の養子に差し出すよう強要されたのに始まり、別居の命令、離婚の強要、親子引き離し(実子誘拐)を目的とした日本への配転、告発報道の取材に応じたことを理由に即日解雇――。まるで中埜一族に「種馬」のように使われ、放り出されたのだ。


【赤いネットワークの闇】仁藤夢乃の師匠と〝西早稲田〟|池田良子

【赤いネットワークの闇】仁藤夢乃の師匠と〝西早稲田〟|池田良子

〝西早稲田〟をはじめとする赤いネットワークの危険を察知していた安倍元総理。だが、自民党議員の多くは無関心か無知である。北村晴男弁護士は言う。「詐欺師に一見して『悪い人』はいない。『いい人』だと思われなければ人を騙すことなどできないからだ」。(サムネイルは仁藤夢乃氏twitterより)


【ファクトチェック最前線「特別編」】共同親権の核心を〝報道しない自由〟|新田哲史

【ファクトチェック最前線「特別編」】共同親権の核心を〝報道しない自由〟|新田哲史

虚偽事実にしろ、偏向報道にしろ、オモテに出ている〝ファクト〟は検証しやすい。しかし世の中には、メディアが存在をひた隠しにするファクトも。ネットでは「報道しない自由」と揶揄するが、最近筆者がその対象になっていると感じるのが共同親権の問題だ。


親権制度はイギリスを見習え!|デービッド・アトキンソン

親権制度はイギリスを見習え!|デービッド・アトキンソン

後を絶たない実子誘拐の被害。どうすれば、止められるのか。 そのヒントは、イギリスの親権制度にあった!


「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

日本共産党や社民党に近い「赤いネットワーク」はなぜ、離婚後共同親権制に反対するのか。彼らの本当の目的は、「離婚後も男性による女性と子供の支配が継続することを断固阻止する」ことにある――。(画像は駒崎弘樹氏twitterより)


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!