なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラvs.コング」!


『ゴジラVSコング』をまだ観ていない人の為にあまりネタバレせずに書くが、今回の映画は「オマージュ?」と思わせるシーンが多々ある。

コング輸送のシーンは『キングコング対ゴジラ』(1962)、コブラのような新怪獣・ワーバットとコングの戦いは『キングコング』(1976)のオマージュを感じる。ワーバットの口を引き裂いてくれたらキングコングと巨大蛇の戦いが重なったのに。

コング輸送シーンは楽曲をそのまま『キングコング対ゴジラ』から持って来ても良かったな。もし使われていたら、鳥肌ものだ。失禁してしまったかもしれない。

今回のコングに関して「おっ!!」と感じたのは、鼻から上の顔のアップ、つまり目や目元が1933年のキングコングの顔とだぶる所が良かった。1933年のキングコングはゴジラ誕生のきっかけでもあるので、コングの歴史を感じられる。
 
1962年に日本で作られた『キングコング対ゴジラ』では、両者の対決はドローで終わったが、今回は決着が付いたのも良かった。そして、早い時期に玩具でネタバレしてしまったメカゴジラ登場で更なる演出が用意されている。これは是非劇場で観て貰いたい。

ムービーモンスターシリーズのゴジラとコング。

なぜハリウッドはあのゴジラで良いと思えるのか

今回の映画は人間ドラマ少々、あとは怪獣をたっぷり見せてくれている。迫力あるシーン、構図の素晴らしいシーンが多々あり満足度数が高い。

がしかし、ただ一つ文句がある。それは、ゴジラのデザインだ。モンスターバースのゴジラからは本来のゴジラのかっこよさを感じられない(致命的)。

日本で最初にゴジラを作った人は利光貞三さんだ。粘土で雛型を作り、人が入るぬいぐるみを作った。利光さんこそ日本の怪獣着ぐるみ界の神である。その後、多くの怪獣作りの神が誕生するが、利光さんは別格だ。

ゴジラ作りは利光さんから、安丸信行さん、小林知己さん、品田冬樹さん、若狭新一さんへと継承されていった。今までと違うシン・ゴジラ(竹谷隆之さんが雛形制作)ですらシルエットは利光さんの作った初代ゴジラである。

なぜハリウッドはあのゴジラで良いと思えるのかがわからない。

そして、あのゴジラデザインにOKを出した版権元の東宝も理解出来ない。ゴジラをどうデザインしようが自由だが、先人をリスペクトせずカッコ悪いデザインにする事は罪である。

もしも今回のゴジラが本来のカッコ良いゴジラであったら、商品の売れ方も違うだろう。

モンスターバースのゴジラでは自分自身もあまりフィギュアを買わない。先人をリスペクトし継承されたデザインだったら、俺は破産するほど玩具を買う。

ゴジラの良ければこの先もお金をガンガン生んでいく。
 

多少見慣れて来たけど、やっぱり駄目だよね。

関連するキーワード


ゴジラ コング なべやかん

関連する投稿


なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」!


なべやかん遺産|「BONZO」

なべやかん遺産|「BONZO」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「BONZO」!


ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


なべやかん遺産|「ハロウィン大作戦」

なべやかん遺産|「ハロウィン大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は前回に引き続き「ハロウィン大作戦」!


なべやかん遺産|「東映不思議コメディシリーズ②」

なべやかん遺産|「東映不思議コメディシリーズ②」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は前回に引き続き「東映不思議コメディーシリーズ②」!


最新の投稿


河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんが睡眠薬を飲んで、救急車で運ばれたと聞いて暗澹たる気持ちになった。あんりさんとは昨日午前中に電話で話をしたばかりだった――。


英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

1月14日、BBCは「英情報局保安部(MI5)は13日、中国の工作員とみられる人物が献金を通じてイギリスの議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した」と報道。ロンドンの中国大使館は「私たちはいかなる外国議会においても『影響力を買う』必要はないし、その努力をすることもない。イギリス内の中国人コミュニティーに対する中傷と威嚇のたくらみに強く抗議する」とMI5を非難。中国が否定することは目に見えていたが、実際、中国の「魔の手」はどこまで伸びているのか。日・米・欧での「浸透工作」の全体像を初解明した『見えない手』より、英国での「浸透工作」の一部を特別公開!


日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

今回の協定締結により、日豪相互の大部隊展開が円滑に行われるようになったことで、両国は同盟関係に一層近づいたと言える。それは台湾有事への備えにもなるだろう。


憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

21年11月、吉村洋文大阪府知事から「党是で改憲、改憲と言っているが『やるやる詐欺』だろう」と批判された自民党。「憲法改正推進本部」から「憲法改正実現本部」へと名称は変わったが、岸田政権は本気で憲法改正を実現しようと思っているのか。本音で語れる政治家、和田政宗議員が憲法改正への決意を語る!


なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」!