今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

シベリア抑留者に対して、共産主義思想を浸透させるために配布された「日本新聞」。第一級の史料である同紙の謎多き実態を明らかにすると同時に、その後の日本社会に波及した影響についても考察を加えていく。 日本新聞の「亡霊」は令和の時代になっても決して消えてはいない。


東條英機が死亡?

「日本新聞」創刊紙。抑留者に強烈な罪悪感を植え付ける紙面構成

1945年8月9日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し、満洲国に侵攻。ソ連の侵略は南樺太などでも行われ、各地で民間人に対する殺戮や略奪、強姦などが相次いだ。  

終戦後には、いわゆる「シベリア抑留」により、実に57万人以上とも言われる日本人が強制連行された。ソ連の行為は「武装解除した日本兵の家庭への復帰」を保証したポツダム宣言第9項に明確に違反する。強制連行された先はシベリアだけでなく、モンゴルや中央アジアなど、ユーラシア大陸の広域に及んだ。  

そんな抑留者に対して、共産主義思想を浸透させるために配布されたのが「日本新聞」である。ソ連側は同紙を使って、抑留者たちへの赤化教育を推し進めようとした。  

同紙は第一級の史料であるが、その内容に関する論考は極めて少ない。本稿ではその謎多き実態を明らかにしたうえで、その後の日本社会に波及した影響についても考察を加えていきたい。  

第1号の発行は、1945年9月15日。終戦からわずか1カ月後のことである。「思想教育」は早期から計画的に実行に移された。 全文日本語の紙面は、タブロイド判で計4ページ。「日本新聞」という題字の下には、「新日本建設へ」との標語が付されている。  

1面の大見出しは「同志スターリンの国民への呼びかけ 待ちに待った平和が遂に来た」。スターリンの肖像写真とともにある本文には、次のように記されている。

〈今次世界大戦の前夜には全世界のファシズムと全世界の侵略の二つの発源地が出来た。それは西にドイツであり、東に日本であるのである。この国こそ第二次世界戦争を勃発させたのだ。この国こそ人類とその文明を滅亡に瀕せしめたのである〉(引用部は新字体に改めたうえ、適宜、誤字脱字の修正、句読点の追加などを行った。以下、同)  

まさに創刊紙の冒頭で、ソ連側の史観をはっきりと示したわけである。戦後の日本国内に蔓延した「日本悪玉史観」 「自虐史観」の土壌となる歴史認識と言える。同紙はこのような記事を通じて、抑留者たちにまず強烈な「罪悪感」を植え付けようとした。記事はこう続けられる。

〈日本の侵略者が損害を蒙らせた国は我々の同盟国─支那、アメリカ合衆国、大ブリテンばかりでなく、彼等は我国にも大損害を蒙らせたことを強調しなければならぬ。それだから我々も又日本に対して自分の特別な要求を有するのである〉

「悪いのは日本だから抑留も当然」とでも言いたいのであろうか。抑留者の怒りや不満が、ソ連ではなく日本に向かうべく誘導しようという意図が伝わってくる。  

また、同号の4面には「前首相東條大将は自殺死亡す」と題された記事が掲載されている。

〈東條は自分で射った後二十分を経過して死亡した〉  

言うまでもないが、これは明らかな誤報である。東條は9月11日に拳銃での自決を図ったが、未遂に終わっている。このような記事の掲載は、同紙が伝える内容の杜撰さと、当時の混乱ぶりを表していよう。 ただし、3日後の9月18日に発行された第2号のなかでは「東條の生命に別状なし」との訂正記事が掲載されている。

いかに洗脳させるか

Getty logo

関連する投稿


耳を澄ませたい昭和史の声|早坂隆

耳を澄ませたい昭和史の声|早坂隆

時代が令和となり、昭和が遠くなるにつれて、先の大戦に関する議論も「机上の空論」になりつつある。そんないまこそ、改めて戦争体験者の生の声に立ち返るべきではないだろうか。  


【戦後75年】昭和史とは何だったのか|早坂隆

【戦後75年】昭和史とは何だったのか|早坂隆

歴史を知ることは、国家や社会の今後の行く末を考える上でも、また個人がより良く生きていくためにも、極めて大切な作業である。歴史の中には多くのかけがえのない教訓が含まれている――。早坂隆さんが取材生活の集大成として上梓された『昭和史の声』より「まえがき」をご紹介します。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が遂に8月4日発刊となりました。戦後75年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。


中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

史実を殺す過剰な演出、故人を一方的に批判し断罪、結論ありきの構成。「NHKスペシャル 731部隊の真実~エリート医学者と人体実験」はあまりにも問題が多すぎる。NHKは膨大な予算(受信料)をかけて「中国を喜ばせるプロパガンダ番組」を制作しているのではないか。


早坂隆

早坂隆

1973年、愛知県生まれ。ノンフィクション作家。大磯町立図書館協議会委員長。主な著作に『ペリリュー玉砕』『指揮官の決断 満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』(いずれも文春新書)など。『昭和十七年の夏 幻の甲子園』(文藝春秋)でミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。【公式ツイッター】https://twitter.com/dig_nonfiction


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!