今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

シベリア抑留者に対して、共産主義思想を浸透させるために配布された「日本新聞」。第一級の史料である同紙の謎多き実態を明らかにすると同時に、その後の日本社会に波及した影響についても考察を加えていく。 日本新聞の「亡霊」は令和の時代になっても決して消えてはいない。


東條英機が死亡?

「日本新聞」創刊紙。抑留者に強烈な罪悪感を植え付ける紙面構成

1945年8月9日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し、満洲国に侵攻。ソ連の侵略は南樺太などでも行われ、各地で民間人に対する殺戮や略奪、強姦などが相次いだ。  

終戦後には、いわゆる「シベリア抑留」により、実に57万人以上とも言われる日本人が強制連行された。ソ連の行為は「武装解除した日本兵の家庭への復帰」を保証したポツダム宣言第9項に明確に違反する。強制連行された先はシベリアだけでなく、モンゴルや中央アジアなど、ユーラシア大陸の広域に及んだ。  

そんな抑留者に対して、共産主義思想を浸透させるために配布されたのが「日本新聞」である。ソ連側は同紙を使って、抑留者たちへの赤化教育を推し進めようとした。  

同紙は第一級の史料であるが、その内容に関する論考は極めて少ない。本稿ではその謎多き実態を明らかにしたうえで、その後の日本社会に波及した影響についても考察を加えていきたい。  

第1号の発行は、1945年9月15日。終戦からわずか1カ月後のことである。「思想教育」は早期から計画的に実行に移された。 全文日本語の紙面は、タブロイド判で計4ページ。「日本新聞」という題字の下には、「新日本建設へ」との標語が付されている。  

1面の大見出しは「同志スターリンの国民への呼びかけ 待ちに待った平和が遂に来た」。スターリンの肖像写真とともにある本文には、次のように記されている。

〈今次世界大戦の前夜には全世界のファシズムと全世界の侵略の二つの発源地が出来た。それは西にドイツであり、東に日本であるのである。この国こそ第二次世界戦争を勃発させたのだ。この国こそ人類とその文明を滅亡に瀕せしめたのである〉(引用部は新字体に改めたうえ、適宜、誤字脱字の修正、句読点の追加などを行った。以下、同)  

まさに創刊紙の冒頭で、ソ連側の史観をはっきりと示したわけである。戦後の日本国内に蔓延した「日本悪玉史観」 「自虐史観」の土壌となる歴史認識と言える。同紙はこのような記事を通じて、抑留者たちにまず強烈な「罪悪感」を植え付けようとした。記事はこう続けられる。

〈日本の侵略者が損害を蒙らせた国は我々の同盟国─支那、アメリカ合衆国、大ブリテンばかりでなく、彼等は我国にも大損害を蒙らせたことを強調しなければならぬ。それだから我々も又日本に対して自分の特別な要求を有するのである〉

「悪いのは日本だから抑留も当然」とでも言いたいのであろうか。抑留者の怒りや不満が、ソ連ではなく日本に向かうべく誘導しようという意図が伝わってくる。  

また、同号の4面には「前首相東條大将は自殺死亡す」と題された記事が掲載されている。

〈東條は自分で射った後二十分を経過して死亡した〉  

言うまでもないが、これは明らかな誤報である。東條は9月11日に拳銃での自決を図ったが、未遂に終わっている。このような記事の掲載は、同紙が伝える内容の杜撰さと、当時の混乱ぶりを表していよう。 ただし、3日後の9月18日に発行された第2号のなかでは「東條の生命に別状なし」との訂正記事が掲載されている。

いかに洗脳させるか

Getty logo

関連する投稿


北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

「ロシアは北海道に対するすべての権利を持っている」。こう語ったのは、「公正なロシア」のセルゲイ・ミロノフ党首だ。ウクライナと同様にロシアと領土問題を抱える日本は、ロシアの脅威をも認識し、備えなければならない。


耳を澄ませたい昭和史の声|早坂隆

耳を澄ませたい昭和史の声|早坂隆

時代が令和となり、昭和が遠くなるにつれて、先の大戦に関する議論も「机上の空論」になりつつある。そんないまこそ、改めて戦争体験者の生の声に立ち返るべきではないだろうか。  


【戦後76年】昭和史とは何だったのか|早坂隆

【戦後76年】昭和史とは何だったのか|早坂隆

歴史を知ることは、国家や社会の今後の行く末を考える上でも、また個人がより良く生きていくためにも、極めて大切な作業である。歴史の中には多くのかけがえのない教訓が含まれている――。早坂隆さんが取材生活の集大成として上梓された『昭和史の声』より「まえがき」をご紹介します。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が大反響。戦後76年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。


中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

史実を殺す過剰な演出、故人を一方的に批判し断罪、結論ありきの構成。「NHKスペシャル 731部隊の真実~エリート医学者と人体実験」はあまりにも問題が多すぎる。NHKは膨大な予算(受信料)をかけて「中国を喜ばせるプロパガンダ番組」を制作しているのではないか。


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!