孔鉉佑中国大使の暴言、日本は対中制裁を|和田政宗

孔鉉佑中国大使の暴言、日本は対中制裁を|和田政宗

中国大使館のホームページに掲載された孔鉉佑駐日中国大使のトンデモ論文。いま孔駐日大使をはじめとする世界各国の中国大使の動きを見ると、中国が対外宣伝工作を強化していることが分かる。そして、このように中国が対外宣伝工作を強めているのは、習近平国家主席が自らへの権力集中を進めようとしているためである。  


「2027年」が意味するもの

2月号の『Hanada』で、櫻井よしこ先生が強く批判した駐日中国大使・孔鉉佑氏による「中国関連の問題を見るいくつかの視点」との論文。昨年9月に中国大使館のホームページで公表されたものである。  

内容は、香港弾圧の正当化、尖閣諸島の領有権主張をはじめ、わが国にとって全く許容できないもので、特に尖閣については、「過去長い期間、釣魚島の権利擁護について自制的態度を続けてきた。だが2012年、日本政府が釣魚島のいわゆる『国有化』を実施し、釣魚島の『現状』を変えたため、中国は公船派遣による釣魚島海域の法執行パトロールを含め、必要な対応をとらざるを得なくなった」と、さも尖閣は中国の領土であり、日本側がちょっかいを出しているかのような主張を展開している。いままではこうした先鋭的な発言は、日中間の外交交渉の席上ではあったものの、一般への発信はほとんどなされてこなかった。  

では、なぜこのような発信が行われるようになったのか。孔駐日大使をはじめとする世界各国の中国大使の動きを見ると、中国が対外宣伝工作を強化していることが分かる。そして、このように中国が対外宣伝工作を強めているのは、習近平国家主席が自らへの権力集中を進めようとしているためである。  

これは、昨年10月の中国共産党中央委員会全体会議(五中全会)に表れている。この会議では、史上初めて「2027年人民解放軍結成100年、建軍100年奮闘目標」というフレーズが出てきた。この2027年という数字は何か。実は、習近平国家主席と大いに関係する。  

習近平主席の2期10年の任期は2022年に終わるが、中国では2018年に憲法改正が行われ、習主席は2022年以降の3期目に突入することが可能となった。

一石二鳥の対外宣伝工作

Getty logo

この3期目の任期が終わるのが2027年である。2027年という数字を明示したことは、最低2027年までは自らが国家主席であり続けるということを意識したものであり、3期目突入を目指すなかで習主席は権力集中をさらに図ろうとしており、対外宣伝活動により「習近平による強い中国」を国民にアピールし、国内世論の支持を高めるとともに、閣僚や外交官に積極的に宣伝工作活動をさせて自らへの忠誠の度合いを見ようとしている。  

昨年11月に、中国の王毅外相が訪日した時の尖閣に対する主張などもその一環と見られる。王外相は日中共同記者会見の場で、一方的に尖閣の領有権を主張するなど日本が到底受け入れられない主張を展開し、翌日、首相官邸で菅総理に面会したあとの記者による囲み取材のなかでも同様の発言を行った。  この時、日本語がペラペラの王毅外相は日本語で答える形式も取り得たが、中国語で記者に対応し、一方的な主張を展開した。この主張は、すぐに中国版ツイッター「ウェイボー」に転載され、中国国内では「よくやった」の声が相次いだ。すなわち、王毅外相は中国国内向けに「私は宣伝工作活動をしっかりやりましたよ」とアピールしていたのである。

現在、習近平主席は江沢民派を駆逐しつつあり、権力掌握が進んでいる。さらなる権力集中を進めるために、対外宣伝工作は、自らへの忠誠の確認と国内世論の支持を高めるという一石二鳥の手段なのである。  こうして過激化した外交官による中国の好戦的な外交手法は、中国の近年の大ヒット戦争アクション映画『戦狼』になぞらえて「戦狼外交」と呼ばれ、中国国内では高い評価が続いている。中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版は昨年4月、戦狼外交について、「中国が唯々諾々と従う時代は遠く過ぎ去った。中国は台頭し、国益の保護を明確に要求する」 「中国人は外交問題に敏感になった。国民はもはや外交のトーンだけでは満足できない」と支持する論評を行い、習主席を後押しした。

関連する投稿


中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

現実は、信じ難い状況にある。5月10日現在、わが国政府は先進7か国(G7)の中で唯一、中国に対して何の制裁もしていない。立法府も立ち上がっていない。わが国の国会には、チベット、ウイグル、南モンゴルの3つの超党派議員連盟が存在する。3議連はジェノサイドに認定された中国政府の人権弾圧に関して抗議の国会決議案を4月末にまとめたが、その内容には落胆するしかない。


易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

中国のお家芸「易姓革命」はいかにして生まれたのか。そしてなぜ永遠に終わることがないのか。中国の悲惨な「4000年の病」を徹底解明する。


日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の国公私立大学計45校が、中国人民解放軍と関係が深く、軍事関連技術研究を行う国防七大学と大学間交流協定を結んでおり、うち9校は共同研究の実績があるという。懸念される技術流出と軍事転用。スパイ防止法がない日本の危機だ!


ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

ウイグル人「強制労働プログラム」|山岡鉄秀

「人権の党」である公明党はなぜ、ウイグル対中制裁に慎重なのか。「根拠なければ」と山口那津男代表は述べているが、真っ赤なナイキのシューズがウイグル人の血で染まっていることをご存じないのだろうか。我々の日常の購買行為が、中国による少数民族の弾圧に加担していた──。月刊『Hanada』2021年1月号に掲載され大反響を呼んだ、衝撃のレポートがついに解禁!


ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

脱中国に舵を切り、関係諸国と「中国包囲網」を形成する英国のジョンソン首相。自由貿易協定、ウイグル人権制裁、北京五輪ボイコット――日本は英国と手を携えて自由主義国の気概を示せ。今こそ「新・日英同盟」を!


最新の投稿


We Do Not Need Lawmakers Who Can’t Protest China |Yoshiko Sakurai

We Do Not Need Lawmakers Who Can’t Protest China |Yoshiko Sakurai

Japan must make more efforts than any other country to respect human rights and protect democracy.


中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

中国に抗議できない国会議員はいらない|櫻井よしこ

現実は、信じ難い状況にある。5月10日現在、わが国政府は先進7か国(G7)の中で唯一、中国に対して何の制裁もしていない。立法府も立ち上がっていない。わが国の国会には、チベット、ウイグル、南モンゴルの3つの超党派議員連盟が存在する。3議連はジェノサイドに認定された中国政府の人権弾圧に関して抗議の国会決議案を4月末にまとめたが、その内容には落胆するしかない。


易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

中国のお家芸「易姓革命」はいかにして生まれたのか。そしてなぜ永遠に終わることがないのか。中国の悲惨な「4000年の病」を徹底解明する。


今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

今も洗脳は続いている!幻の抑留者洗脳紙「日本新聞」を読み解く|早坂隆

シベリア抑留者に対して、共産主義思想を浸透させるために配布された「日本新聞」。第一級の史料である同紙の謎多き実態を明らかにすると同時に、その後の日本社会に波及した影響についても考察を加えていく。 日本新聞の「亡霊」は令和の時代になっても決して消えてはいない。


日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の大学45校が中国「国防七大学」と協定|長尾たかし

日本の国公私立大学計45校が、中国人民解放軍と関係が深く、軍事関連技術研究を行う国防七大学と大学間交流協定を結んでおり、うち9校は共同研究の実績があるという。懸念される技術流出と軍事転用。スパイ防止法がない日本の危機だ!