森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

「男性は会議が長い」には寛容であり、「女性は会議が長い」にはなぜ不寛容なのか。そもそも森元総理の発言のどこが「女性差別」なのか。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる、異常なメディア・リンチに花田編集長が物申す!


左向け左のメディア狂乱

Getty logo

つくづく呆れた。

大げさに言えばメディアに絶望した。
「女性は会議が長い」発言での森喜朗元総理たたき。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる。まさにメディア・リンチとでも言うべき状態だ。

よく、ここまで、ひとりの人間を叩けるものだ。
何か大きな犯罪、破廉恥な事件を起こしたというなら、そんなこともあるかもしれない。しかし、たかが、「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる」と発言しただけ。森元総理が持ち前のサービス精神で、話の途中、ちょっと“ジョーク”を飛ばしただけではないか。
 
まず、4日の朝日新聞、毎日新聞が1面トップで報じ、社説で森会長の辞任を求めた。森会長は発言を撤回し、謝罪したが、〈それで許されるはずがない。こんなゆがんだ考えを持つトップの下で開催される五輪とはいったい何なのか。(中略)巨費をかけて世界に恥をふりまくだけではないのか。〉(5日朝日)。〈女性全般を侮辱した〉とも書いているが、それほど大げさなことなのか。

2月8日までの間に朝日系(ネットなど含む)ではこの問題を80本以上、毎日系では150本以上も報じた。ワイドショーでは連日コメンテーターとやらが言いたい放題。2大週刊誌『週刊文春』『週刊新潮』もやれ「黒歴史」だなんだと森元総理の過去の話まで蒸し返す。
 
産経の週刊誌ウォッチングにも書いたが『新潮』くらいはこのメディア狂乱を批判してほしかった。

外国メディアという援軍

いちばん呆れたのは日刊スポーツで、連日、1ページ以上スペースを使って(日によっては1面で)、〈世界中が不快感 辞任否定〉(6日)、〈森会長続投の力学〉〈森発言やまぬ批判〉(7日)、〈国民6割不適任〉〈森さん辞めた方が皆納得〉(8日)。

9日には400メートル障害・銅メダルの為末大氏まで引っ張り出して、〈「私はいかなる性差別にも反対します。理事会での森会長の処遇の検討を求めます」〉。11日は1面で〈森孤立〉。
 
いい加減にしろよ、と言いたくなった。スポーツ紙はオープン戦でも報じてくれ。

ニューヨーク・タイムズなど外国メディアが参入してからは、問題はどんどんエスカレート。初めは「女性蔑視とも取れる」とカギカッコ付きで報じていた日本のメディアも、外国メディアという援軍を得て、「女性蔑視」「女性差別」を声高に言い出す。これってデジャブ?
 
まず、外国メディアに情報を流す。逆輸入する形で日本のメディアが報じる。そう「従軍慰安婦」「徴用工」と全く同じ構図なのだ。だいたい「女性差別」「女性蔑視」と言うが、朝日デジタルによると、新聞・放送38社の役員は全体で319人、女性はたったの10人。全体の3.13%しかいない。上場企業全体の5.2%より低い。
 
川淵会長後任の件についてもメディアのひどさを書きたいのだが紙幅が尽きた。森元総理発言に話を戻すと、実は森元総理、ご本人こそ話が長いことで有名なのだ(実に面白いから気にならないのだが)。問題になった発言が出た時の話も約40分。

「女性は話が長い」と森元総理が言った時に、出席者の誰かが、「でも、森さんの話も長いですね」と返していたら、会場、大爆笑。それで終わったのだ。
 
その程度の話だ。

関連する投稿


支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

岸田内閣の支持率低下、何が原因となっているのか。メディアは、旧統一教会問題が足を引っ張っていると言うが、皆様から強く聞く声は、「岸田内閣は実績が見えない」「決断が遅い」というものである――。


読むたびに腹立たしい松尾貴史のコラム|花田紀凱

読むたびに腹立たしい松尾貴史のコラム|花田紀凱

8月14日の「松尾貴史のちょっと違和感」は最悪だった…。


「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「接点」「ズブズブ」と連日のように「魔女狩り報道」を行っているメディア。「接点」があって何が問題なのか? 「ズブズブ」の定義とはいったい何か?


韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

なぜ韓国は「反日プロパガンダ」から卒業できないのか。韓国のプロパガンダの元になっているのは、日本の朝鮮統治が「植民地支配」「侵略」であったというものだが、当時の日本の統治は、「植民地支配」とも「侵略」とも言えないのである――。


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。