森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

「男性は会議が長い」には寛容であり、「女性は会議が長い」にはなぜ不寛容なのか。そもそも森元総理の発言のどこが「女性差別」なのか。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる、異常なメディア・リンチに花田編集長が物申す!


左向け左のメディア狂乱

Getty logo

つくづく呆れた。

大げさに言えばメディアに絶望した。
「女性は会議が長い」発言での森喜朗元総理たたき。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる。まさにメディア・リンチとでも言うべき状態だ。

よく、ここまで、ひとりの人間を叩けるものだ。
何か大きな犯罪、破廉恥な事件を起こしたというなら、そんなこともあるかもしれない。しかし、たかが、「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる」と発言しただけ。森元総理が持ち前のサービス精神で、話の途中、ちょっと“ジョーク”を飛ばしただけではないか。
 
まず、4日の朝日新聞、毎日新聞が1面トップで報じ、社説で森会長の辞任を求めた。森会長は発言を撤回し、謝罪したが、〈それで許されるはずがない。こんなゆがんだ考えを持つトップの下で開催される五輪とはいったい何なのか。(中略)巨費をかけて世界に恥をふりまくだけではないのか。〉(5日朝日)。〈女性全般を侮辱した〉とも書いているが、それほど大げさなことなのか。

2月8日までの間に朝日系(ネットなど含む)ではこの問題を80本以上、毎日系では150本以上も報じた。ワイドショーでは連日コメンテーターとやらが言いたい放題。2大週刊誌『週刊文春』『週刊新潮』もやれ「黒歴史」だなんだと森元総理の過去の話まで蒸し返す。
 
産経の週刊誌ウォッチングにも書いたが『新潮』くらいはこのメディア狂乱を批判してほしかった。

外国メディアという援軍

いちばん呆れたのは日刊スポーツで、連日、1ページ以上スペースを使って(日によっては1面で)、〈世界中が不快感 辞任否定〉(6日)、〈森会長続投の力学〉〈森発言やまぬ批判〉(7日)、〈国民6割不適任〉〈森さん辞めた方が皆納得〉(8日)。

9日には400メートル障害・銅メダルの為末大氏まで引っ張り出して、〈「私はいかなる性差別にも反対します。理事会での森会長の処遇の検討を求めます」〉。11日は1面で〈森孤立〉。
 
いい加減にしろよ、と言いたくなった。スポーツ紙はオープン戦でも報じてくれ。

ニューヨーク・タイムズなど外国メディアが参入してからは、問題はどんどんエスカレート。初めは「女性蔑視とも取れる」とカギカッコ付きで報じていた日本のメディアも、外国メディアという援軍を得て、「女性蔑視」「女性差別」を声高に言い出す。これってデジャブ?
 
まず、外国メディアに情報を流す。逆輸入する形で日本のメディアが報じる。そう「従軍慰安婦」「徴用工」と全く同じ構図なのだ。だいたい「女性差別」「女性蔑視」と言うが、朝日デジタルによると、新聞・放送38社の役員は全体で319人、女性はたったの10人。全体の3.13%しかいない。上場企業全体の5.2%より低い。
 
川淵会長後任の件についてもメディアのひどさを書きたいのだが紙幅が尽きた。森元総理発言に話を戻すと、実は森元総理、ご本人こそ話が長いことで有名なのだ(実に面白いから気にならないのだが)。問題になった発言が出た時の話も約40分。

「女性は話が長い」と森元総理が言った時に、出席者の誰かが、「でも、森さんの話も長いですね」と返していたら、会場、大爆笑。それで終わったのだ。
 
その程度の話だ。

関連する投稿


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


團十郎の先行きが思いやられる|花田編集長の「プチ暴論」第61回

團十郎の先行きが思いやられる|花田編集長の「プチ暴論」第61回

今月も歌舞伎座は13代目市川團十郎白猿襲名披露公演。誰も書かないから書くが……


支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

岸田内閣の支持率低下、何が原因となっているのか。メディアは、旧統一教会問題が足を引っ張っていると言うが、皆様から強く聞く声は、「岸田内閣は実績が見えない」「決断が遅い」というものである――。


読むたびに腹立たしい松尾貴史のコラム|花田紀凱

読むたびに腹立たしい松尾貴史のコラム|花田紀凱

8月14日の「松尾貴史のちょっと違和感」は最悪だった…。


「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「接点」「ズブズブ」と連日のように「魔女狩り報道」を行っているメディア。「接点」があって何が問題なのか? 「ズブズブ」の定義とはいったい何か?


最新の投稿


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

1月20日、三浦瑠麗氏は「今般、私の夫である三浦清志の会社が東京地方検察庁による捜索を受けたという一部報道は事実です。私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です」とコメントを発表。本当に「まったく」「関与」していないのか? (サムネイルは「三浦瑠麗チャンネル」より)