アメリカ大統領選が教えたメディアの「死」|門田隆将

アメリカ大統領選が教えたメディアの「死」|門田隆将

21世紀が、民主国家による世紀となるのか、それとも中国の世紀となるのか……米大統領選はその岐路だった。 混迷を極めるアメリカ大統領選が、世界に突きつけたものとは――。


“歴史的な”大統領選

アメリカ大統領選のありさまを見て、多くの人は「マスコミってこんなものか」と呆れ果てたに違いない。バイデン圧勝を予測・報道して、トランプ氏へのネガティブ・キャンペーンを張りつづけた日米のマスコミ。

しかし、選挙が近づいても盛り上がっているのはトランプ陣営だけで、バイデン陣営の集会は熱気に欠け、「本当にバイデンは勝つのか」という疑念が大いに囁かれた。

2020年11月17日現在、選挙は、トランプ氏が歴代大統領史上最多の7276万票を叩き出しながら、歴史上最も多い票を獲得したバイデン氏が数字の上では上回っている。

アリゾナ、ミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニア、ノースカロライナ、ジョージア……等々、各州で事前の世論調査やマスコミの予測を覆す“接戦”が繰り広げられたのである。

州によって事情は違うものの、通常はやむにやまれぬ理由があるものだけに許される郵便投票。「不正の温床になる」とのトランプ陣営の激しい抵抗にもかかわらずコロナを理由に認められた。

だが、懸念どおりのさまざまな事態が噴出することになった。 締切直前に大量の郵便投票が持ち込まれたり、監視人が目を離した隙に謎の投票カウントがおこなわれたとの訴えが飛び出したり、投票日以降に到着した郵便投票は集計するな、との裁判所命令が出されたり……挙げ出したらキリがない。

2020年アメリカ大統領選は混迷を極めたのである。 何といっても興味深かったのは、ウィスコンシン州だ。「遂に投票数が有権者の人数を超えた」と大騒ぎになったのだ。慌てて調べてみると、それは旧有権者名簿との比較であり、新しいものと比べると下回っていた。

しかし、それでも投票率を計算すると90・2%という“あり得ない数字”だったのである。 また集計システム「ドミニオン」がトランプ票をバイデン票に入れ換えて集計したという告発もあり、さまざまな点で大統領選は“歴史的”なものになった。

Getty logo

“悪=トランプ、善=バイデン”の一方的報道

私が刮目したのは、メディアの動向である。

いうまでもなく、選挙とは民主主義社会の根幹だ。中国のような独裁政権下ではあり得ない「国民の意思でリーダーを決めていくシステム」で不正は絶対に許されない。それは民主主義制度の崩壊を意味するからだ。 それを監視・報道するのがメディアの役目だ。

私は自分自身も長くその中に身を置いているので、どうしても「期待」を持っている。しかし選挙後、多くの告発や証言が相次ぐ中、マスコミが動かないことに驚かされた。

トランプ陣営に全ておんぶにだっこで「疑惑があるなら、どうぞ提示して下さい」という態度なのだ。 象徴的だったのは、報道陣とホワイトハウスのマケナニー報道官とのやりとりだろう。

「まだ証拠は出ないんですか?」との質問にマケナニー報道官は、「いろいろ出ています。間もなく発表します。

しかし、そういうものを探すのがあなた方の仕事ではないんですか?」と逆質問する場面まで現われた。

だが保守系のFOXニュースまで「不正の証拠が示されない限り、これ以上、会見をお伝えできません」と生中継はストップされた。 投票から2週間が経ち、まだ確定票ではないものの、バイデン氏が実に「7818万票」を獲得したことが判明する。

これまでの最多は2008年、初の黒人大統領となったオバマ氏獲得の6949万票だ。なんと、それを900万票も上回る“あり得ない数字”だったのだ。「何かがある」ことは間違いない。それでもジャーナリズムは動かなかった。  

11月15日のワシントンDCでのトランプ支持のデモは規模も、整然とした様子も、見事なものだった。数十万人が集まったとされるデモの空撮写真は圧巻で「100万人デモ」とツイートする人たちが相次いだ。

だがこれを過小評価したい米国のマスコミは「数千人」あるいは「1万人超」としか報じなかった。日本の特派員も自分の目で確かめれば、その膨大な数に圧倒されただろう。しかし米メディアの通り報じる日本のマスコミは長年の慣習に従って、「数千人」「1万人超」とした。

夜、AntifaやBLMといった過激な集団によるトランプ支持者への暴行が頻発したが、それも「あちこちで衝突が生じた」という報道のみ。

“悪=トランプ、善=バイデン”という一方的報道は最後まで変わらなかったのである。これをジャーナリズムの使命の放棄といわず何と表現すればいいだろうか。

バイデンがこのまま勝利すると見た中国は息を吹き返し、尖閣、そして台湾に、露骨な脅しを見せ始めた。21世紀が、民主国家による世紀となるのか、それとも中国の世紀となるのか、その岐路だった米大統領選。

それだけに、メディアの情けないありさまを歴史に銘記しなければならないとつくづく思う。

(初出:月刊『Hanada』2021年1月号)

関連する投稿


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!


森喜朗氏“集団リンチ事件”と朝日新聞|門田隆将

森喜朗氏“集団リンチ事件”と朝日新聞|門田隆将

朝日をはじめとするマスコミの常軌を逸した森喜朗氏への“集団リンチ”。 朝日の手の内を知り尽くした筆者が、その裏に隠された真の目的を暴く!


対米交渉続行が中国の本音|田久保忠衛

対米交渉続行が中国の本音|田久保忠衛

冒頭から激しい応酬があった米中外交トップ会談。会談のやり取りから感情の部分を除去すると中国側の意外な本音が見えてくる。


Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

トランプ支持者を一括りに「陰謀論者」と決めつけ、危険な「カルト集団」と見なして排除しようとすることは、実に危険で馬鹿げた行為だ。敵とみなす人々を一緒くたにし、レッテル貼りして糾弾するやり方は「ネーム・コーリング」という伝統的なプロパガンダの手法である。「デマはどのように拡散されたのか」のリサーチを行い、「Jアノン認定」も行った、コーネル大学のモア・ナアマン教授にその真意を問う!


米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

バイデン政権が掲げる国際協調、国際機関重視が、台湾をいかなる場合でも排除しようとする北京の策動を黙認することを意味するなら、独裁体制との戦いという時代の要請に逆行する。


最新の投稿


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


中国経済「死に至る病」(上)

中国経済「死に至る病」(上)

中国経済は本当にV字回復しているのか?経済成長の内実を示すいくつかの数字を詳細に分析することで判明した中国経済の実像と不治の病。


被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

近代文明は、常に明るい未来を強迫観念的に展望し、過ぎ去った悲惨も犠牲となった死者も忘却へ押しやろうとしてきた。だが、一人一人のこころのうちから惨禍や死者の記憶を消すことはできない。


東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

「オリンピック出て行け」などと叫んでいる人たちを見ると、まるで鎖国していたころの尊皇攘夷派と一緒だという気がしてならない。 コロナ禍のいまだからこそ、人間の限界に挑戦する選手の活躍から勇気をもらうことが「夢の力」につながる。  


立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!