月刊『Hanada』2021年2月初春特大号

月刊『Hanada』2021年2月初春特大号

「政権つぶし」と「コロナ怖い」以外に報道すべきことはないのか。2月号の総力大特集は「習近平中国の暴走を許すな!」。暴走しているのは中国だけではない。NHKの捏造ドキュメント、不健全な携帯大手3社、異常な検察リーク、米大統領選をめぐる偏向報道、不可解な小室母子、玉川徹の暴言、議論すらしない立憲民主党など2月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


2021年2月号 表紙

2021年2月号 特集目次

2021年2月号 連載目次

月刊『Hanada』2021年2月初春特大号

【総力大特集 習近平中国の暴走を許すな!】

□櫻井よしこ▶日本政府、外務省はなぜこれを許しているのか!嘘にまみれた孔鉉佑駐日中国大使の論文を駁す
□孔鉉佑(駐日中国大使) ▶中国大使館ホームページに掲載された大プロパガンダ論文を全文一挙掲載

□佐藤正久▶王毅外相の盗っ人猛々しい暴言
□長尾たかし▶中国「国防7大学」が日本の国立私立45大学と協定
□佐々木類▶在中国日本人社員が「人質」になる日

□山口敬之▶RCEP参加で中国の暴走を止めろ
□長谷川幸洋▶中国との共存共栄は不可能! 衝撃の米議会報告

□福島香織▶周庭氏ら収監は香港司法への死刑判決
□高橋洋一×近藤大介×長谷川幸洋▶習近平の「文化大革命」が始まった!

【朝日新聞の慰安婦大誤報に匹敵!】

□加藤康子▶捏造されたNHK「軍艦島ドキュメント」

【完全独占インタビュー】

□マハティール・モハマド(聞き手:末永恵)▶ アジア最後の巨人・マハティールが日本と世界を語る

【眞子さまご結婚問題の核心】

□八幡和郎▶小室圭母子の不可解過ぎる履歴書

【総力特集 闘う菅政権!】

□D・アトキンソン▶私が見た菅総理、2つの強み
□武田良太総務大臣(聞き手:田村重信)▶ このままでは絶対に許さない! 携帯・NHK改革、必ずやり遂げます

□小川榮太郎▶異常な特捜リークは安倍破壊工作
□堤尭×石橋文登【蒟蒻問答番外編】▶ 自民党という“代紋"の重み

□玉木雄一郎(国民民主党代表)▶ 憲法改正への大前提「自衛隊は軍隊」だ

【米大統領選の深層】

□黒井文太郎▶米大統領選をめぐる陰謀論とQアノン
□島田洋一▶バイデン政権を「身体検査」する!

【特集 コロナ第三波】

□藤原かずえ▶GoToトラベルで玉川徹がまた暴言!
□木村盛世▶世界がしのぎを削るワクチン開発に獣医学の活用を

【大型新連載】

□深谷隆司(元通産大臣) 【一言九鼎】第1回▶安倍さんと菅さん

【新連載】

□新田哲史【ファクトチェック最前線】第2回▶望月衣塑子は記者失格

【新連載】

□編集部 これはウマイ!

【グラビア特集】

□令和3年を彩る、期待の星

【大反響連載!】

□青山繁晴【澄哲録片片】▶回生の年へ肩の力を抜く
□佐藤優【猫はなんでも知っている】▶日本共産党は破防法の調査対象団体だ
□室谷克実【隣国のかたち 】▶伝統・残忍文化の発展

□西村眞【日本人、最期のことば】▶大石内蔵助
□重村智計【朝鮮半島通信】▶国際法違反の「反日」新駐日大使

□【私のらくらく健康法】土井善晴▶毎日「ご飯と味噌汁」のすすめ(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶ “あったか、ぴったりインナー"はかゆみを招く恐れあり
□白澤卓二【ボケない食事】 ▶ごはんは冷めた時に食べなさい
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶高齢者のおしっこの悩み

□平川祐弘【一比較研究者(コンパラティスト)の自伝】▶外国学者との交際
□高田文夫【月刊Takada】▶今年も(コロナ以外に)いろいろあったのだ

□加地伸行【一定不易】
□石平【知己知彼】▶「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(下)
□山際澄夫【左折禁止!】▶ 中国に屈従する日本

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶習近平のポチ、ジョー・バイデン
□田村秀男【常識の経済学】▶「コロナ自粛」で経済活動を殺すな
□門田隆将【現場をゆく】▶ “新冷戦"で命が守れない日本人

□有本香【香論乙駁】▶ “謝謝外交"と反トランプ報道
□久保弾 【世界の常識を疑え】▶ イラン「核兵器の父」殺害事件が示したもの

□蛭゛芸子【電脳三面記事】▶「アル中になれよ」とチューハイ2本
□河村真木【世界の雑誌から】▶第114回

□堤堯の今月この一冊▶佐藤眞『薩摩という「ならず者」がいた。』
□西川清史の今月この一冊▶稲垣栄洋『生き物の死にざま』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶わが店の「5つの小」

□みうらじゅん【シンボルズ】▶仏足石
□高野ひろし【イカの筋肉】▶第438号

□秋山登の今月この一本+セレクション▶〈イラン2大傑作犯罪映画〉+6本
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】▶エルビス・プレスリー②

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】▶ラッパーの彼氏に最後通告?
□爆笑問題【日本原論】▶時を戻したい……

□読者から
□編集部から、編集長から

※休載
□D・アトキンソン「ふたつの島国で」
□山岡鉄秀「右から右へ進路を取れ!」

関連する投稿


「2021年2月号」新聞広告大公開!

「2021年2月号」新聞広告大公開!

新聞広告だけを見て抗議の電話をかけてくる方がいますが、弊誌は親中でも反中でもありません。中国の「リアル」を報じているだけ。コロナ発生国でありながら、世界経済で一人勝ち。中国に弱腰だと、中国はいずれ世界を壊してしまうでしょう…。習近平中国の暴走を許すな!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2021年1月号」新聞広告大公開!

「2021年1月号」新聞広告大公開!

1月号の新聞広告は、●●なし!伏字ファンの皆さま、申し訳ございません…。「Hanadaも丸くなったのか?」。違います。報道しない自由を大手メディアが行使するなか、弊誌は今月号もタブーなしのストレート勝負です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年1月若水号

月刊『Hanada』2021年1月若水号

「報道しない自由」で国民を情報弱者にする大手メディアに喝!1月号の総力大特集は「日米メディアが報じないトランプVSバイデン全内幕」。米大統領選をめぐり数々の陰謀論が飛び交っているが、日米メディアの多くが「反トランプ」であり、露骨な偏向報道をしているのは事実だ。「米大統領選中も続く中国の侵略」「NHK『軍艦島ドキュメント』偏向の全手口」「ウイグル人強制労働プログラム」「川勝平太静岡県知事の正体」など1月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年12月鶺鴒号

月刊『Hanada』2020年12月鶺鴒号

12月号の総力大特集は「日本学術会議と中国共産党」。日本学術会議の任命問題は憲法違反でもなければ、学問の自由の侵害でもない。では、問題の本質はどこにあるのか。「日本学術会議」はもちろん、「菅総理」「尖閣諸島」「米国大統領選」「安倍政権7年8カ月」「慰安婦像」「実子誘拐」「人種問題」「新型コロナ」などあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


最新の投稿


バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

どの色に染まるか分からない「カメレオン左翼」カマラ・ハリス副大統領を筆頭に、警戒すべきジョン・ケリーや党官僚タイプのアントニー・ブリンケンなどバイデン政権の閣僚をいち早く「身体検査」することで見えてきた新政権の実像。


バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

「ジョーは過去40年間、ほとんどあらゆる主要な外交安保政策について判断を誤ってきた」オバマ政権で同僚だったロバート・ゲイツ元国防長官は回顧録にこう記している。バイデンの発言のあとに、そのとおりの行動が続くと考えてはならない。土壇場で梯子を外された場合を想定して、その収拾策も用意しておく必要がある。


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!