米新国防長官は同盟強化に繋がるか?|太田文雄

米新国防長官は同盟強化に繋がるか?|太田文雄

バイデン次期政権の一連の閣僚人事を見ると、職務に適任であるか否かよりも性別や人種のバランスが考慮されているのではないかと感じざるを得ない。


Getty logo

ジョー・バイデン次期米大統領は、国防長官にロイド・オースティン退役陸軍大将を指名した。オースティン氏は中東地域を管轄する米中央軍司令官として過激組織「イスラム国」掃討作戦の指揮を取った経験を持つが、インド太平洋地域の軍事情勢について造詣が深いとはいえず、米国にとって中国が最大の脅威となった今日において、国防長官として最適任か疑問と言わざるを得ない。

また、バイデン氏は「同盟強化」を口では唱えているが、米国の国内事情から国防予算を削減することが予測され、結果として重要な日米防衛協力計画が中止されることによる日米同盟の弱体化が懸念される。

Getty logo

消えた本命候補

当初、国防長官の最有力候補と目されたのはミシェル・フロノイ元国防次官であった。フロノイ氏は筆者が在米日本大使館の防衛駐在官であった1990年代後半、「4年ごとの防衛計画見直し」(QDR)担当の国防次官補代理だったので、何回か意見交換をしたことがあるが、極めて現実的かつ健全な判断をする女性で、ほぼ同時に発生する二正面戦で勝利できる米軍の建設を目指していた。

オバマ政権で国防次官(政策担当)となり、外国への軍事介入に消極的な当時のバイデン副大統領とよく対立したが、結果的にはフロノイ氏の判断が妥当であったことが多い。しかし、今回の国防長官の人選では、軍事介入を嫌う民主党左派の反対で落とされた。

代わりに指名されたのが黒人のオースティン氏である。バイデン次期政権の一連の閣僚人事を見ると、職務に適任であるか否かよりも性別や人種のバランスが考慮されているのではないかと感じざるを得ない。

オースティン氏は、インド太平洋地域で中国の軍事行動に対抗するのに最も縁遠い軍種である陸軍一筋の軍人人生を送ってきた。国防長官への指名に感謝する演説で、オースティン氏が「インド太平洋」ではなく、「アジア太平洋」という旧来の言い方をしたことも、インド洋と太平洋を一体としてとらえる新しい戦略概念を理解しているのか地域の同盟友好国を不安にさせる材料となる。

予算削減で日米協力に影響も

一方、民主党政権では伝統的に、医療保険等の国内問題を優先するために国防予算が削減されてきた。トランプ政権で宇宙軍の創設など宇宙関連予算が増加したが、バイデン政権では削減される可能性が高い。日米間では、多数の衛星を打ち上げることによってミサイル防衛を行う「衛星コンステレーション計画」で協力する構想があり、日本でも約2億円の概念研究費が計上されているが、仮に米側予算が削減されれば日米協力のメニューが消える可能性がある。

また、トランプ政権で推進されてきた米海軍の355隻構想も縮小される可能性が高い。米海軍は既に隻数で中国海軍に遅れをとっているが、予算削減は海上自衛隊が共に行動してインド太平洋構想を具現化していく米軍の艦艇数にも悪影響を及ぼすことに繋がる。

バイデン氏の「同盟強化」発言に安心することなく、人事や予算、政策に注目していくべきである。(2020.12.14 国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

国家基本問題研究所「今週の直言」
国家基本問題研究所「入会のご案内」

著者略歴

太田文雄

https://hanada-plus.jp/articles/429

国基研企画委員兼研究委員。1948年生まれ。1970年防衛大学校卒、米海軍兵学校交換教官、ゆうぐも艦長、スタンフォード大学国際安全保障軍備管理研究所客員研究員、米国防大学卒(国家資源戦略修士取得)、第1・64護衛隊司令、在米日本大使館国防武官、統合幕僚学校長を経て情報本部長(約3年)、ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院博士課程終了(国際関係論博士取得)、2005年定年退官(海将)。防衛大学校教授兼政策研究大学院大学安全保障・国際問題博士課程連携教授、2013年第二の定年退官。現在国家基本問題研究所企画委員。 著書に『同盟国としての米国』など。

関連する投稿


バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

「ジョーは過去40年間、ほとんどあらゆる主要な外交安保政策について判断を誤ってきた」オバマ政権で同僚だったロバート・ゲイツ元国防長官は回顧録にこう記している。バイデンの発言のあとに、そのとおりの行動が続くと考えてはならない。土壇場で梯子を外された場合を想定して、その収拾策も用意しておく必要がある。


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


米新政権の誕生は日本の分水嶺に|田久保忠衛

米新政権の誕生は日本の分水嶺に|田久保忠衛

2021年は日本にとって、かつてブレジンスキー米大統領補佐官が指摘したように「米国の事実上の保護国」の地位を変えようとせず、時代遅れの憲法の穴倉に閉じこもっていることが、いかにも賢明な外交・安保政策の在り方であるかのような雰囲気は吹き飛ぶ年になるだろう。


最新の投稿


バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

どの色に染まるか分からない「カメレオン左翼」カマラ・ハリス副大統領を筆頭に、警戒すべきジョン・ケリーや党官僚タイプのアントニー・ブリンケンなどバイデン政権の閣僚をいち早く「身体検査」することで見えてきた新政権の実像。


バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

「ジョーは過去40年間、ほとんどあらゆる主要な外交安保政策について判断を誤ってきた」オバマ政権で同僚だったロバート・ゲイツ元国防長官は回顧録にこう記している。バイデンの発言のあとに、そのとおりの行動が続くと考えてはならない。土壇場で梯子を外された場合を想定して、その収拾策も用意しておく必要がある。


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。