武漢ウイルス、中国に賠償請求か可能か|九段靖之介

武漢ウイルス、中国に賠償請求か可能か|九段靖之介

武漢ウイルスの猛威によって、世界恐慌以来最悪の経済状況。トランプ大統領曰く「中国はウイルス感染爆発を隠蔽した。ために世界規模で感染拡大した。断固、中国には責任を取らせる」。しかし、果たしてそれは可能なのか? またトランプ大統領なら中国に責任を取らせる「公約」の実行が期待できるが、バイデン氏だったら?


Getty logo

世界規模で中国にオトシマエをつけさせる動きが

武漢ウイルスの猛威がどうにも止まらない。世界の感染者は3900万人、死者は110万人を数える。経済の先行きも真っ暗だ。

IMFの見通しによれば、世界各国政府の債務残高は、世界全体のGDP比で15ポイント増えて98.7%。ほぼGDP分に相当する債務(赤字)が増えたことになる。過去最悪の数字だ。今年の世界の経済成長率は4.4%減で、世界恐慌以降で最悪。2億人が失業するとの試算もある。

最大の被害国はアメリカで感染者810万人、死者21万人。失業率も14.7%に上り、失業者は1000万人を軽く超える。武漢ウイルスに襲われる前のアメリカは史上空前の好景気に沸いていた。

だからこそトランプは目下の大統領選で「中国はウイルス感染爆発を隠蔽した。ために世界規模で感染拡大した。断固、中国には責任を取らせる」と吠える。

すでに3月末、米下院で中国を非難する決議案が与野党共同で提出された。さらに上院では共和党のJ・ホーリー議員(弁護士上がり)が・中国の隠蔽工作を調査し、・中国が世界に与えた損害を各国に賠償する仕組みを作るべきだとする法案を提出した。

オーストラリアのモリソン首相は「ウイルス発生源を独自に調査すべきで、それに中国は協力すべきだ」と発言。これに中国は「失礼な言い分だ」と反発し、オーストラリア産の牛肉の輸入をストップした。

ドイツで最大の発行部数を誇る日刊紙「ビルト」が、編集長の署名入りで「中国は世界を欺いた」としてドイツに1650億ドルを賠償しろとする主張を掲げた。

目下、米欧各国は感染爆発の第二波に見舞われ、その対応に追われている。これが一段落したとき、中国にオトシマエをつけさせる動きが世界規模で始まるのではないか。

ならば日本はどうする? 本誌九月号で前首相・安倍が編集長インタビューに応じた。なかでこんなやり取りが交わされた。

──トランプ大統領から、中国から賠償金を取ろうという話は出なかったですか。日本も賠償金請求に加わる考えはありますか。

安倍 トランプ大統領からそのような話は出ていません。そもそも米国は連邦政府として損害賠償を求める訴訟を起こしてはいません。一部の州にそのような動きがあるのだろうと思いますが、主権免除という国際原則がありますので、中国側が支払いに応じることはなく、日本がそうした賠償金の支払いを中国に求めていく考えもありません……。

バイデンには何の期待もできない

「主権免除という国際原則があるから、中国側が支払いに応じることはない」

主権免除とは、国の主権にかかわる行為は他国の裁判権に服さないという意味だ。中国を相手に賠償請求を提訴しても、中国は裁判に応じないで済むという議論だ。

とはいえ、小欄のおぼろな国際法の知識では、たとえ主権にかかわる行為であっても、不法行為は例外とされる、それが国際司法の共通認識としてあるはずだ。

武漢ウイルスの発生源を調査の結果、仮に生物兵器製造の過程で漏洩したとすれば、生物兵器禁止条約違反で立派な不法行為となる。

中国はWHO(世界保健機関)に加盟している以上、WHOが定める規約(契約)に従い、感染症発生を直ちに通告する義務がある。それを怠り、隠蔽工作に出たのも国際法違反(不法行為)に当たる。

要は調査の結果次第で、不法行為の証拠を掴んだ場合、中国の責任を十分に問えるはずだ。だからこそ弁護士上がりのホーリー議員もモリソン首相も、まずは独自の調査(中国に左右されない調査)で証拠を掴む必要を主張している。

中国は武漢ウイルス発生説や隠蔽工作説について「根拠のない言いがかりで、わが中国に罪を着せようとする動きには断固、反対する」、あげくは「アメリカが持ち込んだかもしれない」などと躍起になって否定する。

そのこと自体、中国がいかに今後の展開を危惧しているかを示す。モリソン首相に対する過剰なまでの反応ひとつを見ても、それがいえる。

トランプはオバマ・ケア廃止以外の主な公約をほとんど実行した。公約に正直だ。そのトランプが大統領選で勝てば、中国に責任を取らせるとした公約の実行が期待できる。バイデンには何の期待もできない。

各国の経済成長率が揃ってマイナスを示すなか、中国だけが1.4%増の見通しだ。世界中に悲惨な被害を撒き散らしながら開き直る中国に何のペナルティも科さずに済ませるわけにはいかない。

関連する投稿


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


防衛力強化を欠く制裁は危うい|湯浅博

防衛力強化を欠く制裁は危うい|湯浅博

岸田外交の脆弱性は、経済制裁で啖呵を切るものの、それに見合う抑止力の構えを用意しないことだ。力強い外交は、それを支える防衛力の強化を欠いては、かえって足元が危うくなる。


驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

孔铉佑大使在中国驻日使馆的官方网站上用日文发表了一篇充满谎言的文章,而日本政府及外务省竟然允许这样荒谬的事情依然存在。对此我们不禁要问:“孔大使,您怎能如此堂而皇之地信口雌黄?”要知道对于“谎言重复百次就会成为真理”这样的事情,我们是绝不允许发生的。


ケネディ暗殺新資料で読み解く共産主義勢力の工作|瀬戸川宗太(映画評論家)

ケネディ暗殺新資料で読み解く共産主義勢力の工作|瀬戸川宗太(映画評論家)

ウクライナ侵攻を機に共産主義国家と深いつながりのあるロシアによる情報操作も一層活発化している。共産主義国家、権威主義国家によるスパイ活動は、決して映画のなかだけの話ではない。ケネディ暗殺を研究してきた映画評論家・瀬戸川宗太氏が、2017年に公開された新資料を分析したドキュメンタリーを紹介!


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?