武漢ウイルス、中国に賠償請求か可能か|九段靖之介

武漢ウイルス、中国に賠償請求か可能か|九段靖之介

武漢ウイルスの猛威によって、世界恐慌以来最悪の経済状況。トランプ大統領曰く「中国はウイルス感染爆発を隠蔽した。ために世界規模で感染拡大した。断固、中国には責任を取らせる」。しかし、果たしてそれは可能なのか? またトランプ大統領なら中国に責任を取らせる「公約」の実行が期待できるが、バイデン氏だったら?


Getty logo

世界規模で中国にオトシマエをつけさせる動きが

武漢ウイルスの猛威がどうにも止まらない。世界の感染者は3900万人、死者は110万人を数える。経済の先行きも真っ暗だ。

IMFの見通しによれば、世界各国政府の債務残高は、世界全体のGDP比で15ポイント増えて98.7%。ほぼGDP分に相当する債務(赤字)が増えたことになる。過去最悪の数字だ。今年の世界の経済成長率は4.4%減で、世界恐慌以降で最悪。2億人が失業するとの試算もある。

最大の被害国はアメリカで感染者810万人、死者21万人。失業率も14.7%に上り、失業者は1000万人を軽く超える。武漢ウイルスに襲われる前のアメリカは史上空前の好景気に沸いていた。

だからこそトランプは目下の大統領選で「中国はウイルス感染爆発を隠蔽した。ために世界規模で感染拡大した。断固、中国には責任を取らせる」と吠える。

すでに3月末、米下院で中国を非難する決議案が与野党共同で提出された。さらに上院では共和党のJ・ホーリー議員(弁護士上がり)が・中国の隠蔽工作を調査し、・中国が世界に与えた損害を各国に賠償する仕組みを作るべきだとする法案を提出した。

オーストラリアのモリソン首相は「ウイルス発生源を独自に調査すべきで、それに中国は協力すべきだ」と発言。これに中国は「失礼な言い分だ」と反発し、オーストラリア産の牛肉の輸入をストップした。

ドイツで最大の発行部数を誇る日刊紙「ビルト」が、編集長の署名入りで「中国は世界を欺いた」としてドイツに1650億ドルを賠償しろとする主張を掲げた。

目下、米欧各国は感染爆発の第二波に見舞われ、その対応に追われている。これが一段落したとき、中国にオトシマエをつけさせる動きが世界規模で始まるのではないか。

ならば日本はどうする? 本誌九月号で前首相・安倍が編集長インタビューに応じた。なかでこんなやり取りが交わされた。

──トランプ大統領から、中国から賠償金を取ろうという話は出なかったですか。日本も賠償金請求に加わる考えはありますか。

安倍 トランプ大統領からそのような話は出ていません。そもそも米国は連邦政府として損害賠償を求める訴訟を起こしてはいません。一部の州にそのような動きがあるのだろうと思いますが、主権免除という国際原則がありますので、中国側が支払いに応じることはなく、日本がそうした賠償金の支払いを中国に求めていく考えもありません……。

バイデンには何の期待もできない

「主権免除という国際原則があるから、中国側が支払いに応じることはない」

主権免除とは、国の主権にかかわる行為は他国の裁判権に服さないという意味だ。中国を相手に賠償請求を提訴しても、中国は裁判に応じないで済むという議論だ。

とはいえ、小欄のおぼろな国際法の知識では、たとえ主権にかかわる行為であっても、不法行為は例外とされる、それが国際司法の共通認識としてあるはずだ。

武漢ウイルスの発生源を調査の結果、仮に生物兵器製造の過程で漏洩したとすれば、生物兵器禁止条約違反で立派な不法行為となる。

中国はWHO(世界保健機関)に加盟している以上、WHOが定める規約(契約)に従い、感染症発生を直ちに通告する義務がある。それを怠り、隠蔽工作に出たのも国際法違反(不法行為)に当たる。

要は調査の結果次第で、不法行為の証拠を掴んだ場合、中国の責任を十分に問えるはずだ。だからこそ弁護士上がりのホーリー議員もモリソン首相も、まずは独自の調査(中国に左右されない調査)で証拠を掴む必要を主張している。

中国は武漢ウイルス発生説や隠蔽工作説について「根拠のない言いがかりで、わが中国に罪を着せようとする動きには断固、反対する」、あげくは「アメリカが持ち込んだかもしれない」などと躍起になって否定する。

そのこと自体、中国がいかに今後の展開を危惧しているかを示す。モリソン首相に対する過剰なまでの反応ひとつを見ても、それがいえる。

トランプはオバマ・ケア廃止以外の主な公約をほとんど実行した。公約に正直だ。そのトランプが大統領選で勝てば、中国に責任を取らせるとした公約の実行が期待できる。バイデンには何の期待もできない。

各国の経済成長率が揃ってマイナスを示すなか、中国だけが1.4%増の見通しだ。世界中に悲惨な被害を撒き散らしながら開き直る中国に何のペナルティも科さずに済ませるわけにはいかない。

関連する投稿


新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

自民党総裁選に出馬表明をした高市早苗議員の「わが政権構想」(聞き手・有本香)をはじめ、安倍前総理×マクマスター元大統領補佐官「中国の脅威とどう闘うか」、百田尚樹×石平「中国共産党は史上最悪の寄生虫だ!」、「櫻井よしこさん激怒! 韓国MBCが捏造報道」、藤井聡×木村盛世「『ゼロコロナ詐欺師』に国民は殺される」、岸博幸×原英史「『第三臨調』で官僚の劣化にメス」、長谷川学「実子誘拐を助ける日本の『拉致司法』」など10月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年10月号」新聞広告大公開!

「2021年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告、河北新報のみ、デザインが一部変更となりました。読売新聞に出した広告と見比べてください。難易度はレベル4です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


与党に「中国共産党」を抱える、日本の悲劇|門田隆将

与党に「中国共産党」を抱える、日本の悲劇|門田隆将

上程されず、葬られた対中非難決議。池田大作氏以来“中国絶対”を続ける公明と媚中派が牛耳る自民執行部が、どのように対中非難決議を握りつぶしたのか。その舞台裏に迫る!


ガンバレ!菅義偉総理|鈴木宗男

ガンバレ!菅義偉総理|鈴木宗男

おひざ元である横浜の市長選挙でも敗北。「菅総理では衆議院選挙を戦えない!」という声が出始めているが、本当にそうなのか。「地獄」を何度も乗り越えてきた鈴木宗男議員が、苦労人で地方出身の菅総理に愛あるメッセージ!


最新の投稿


アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガニスタンからの邦人等退避措置をめぐって見当外れの政府批判は御免被りたい。問題の根源は深いところにあるのだ。


河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

反原発団体や立憲民主党と同一の主張を繰り返す河野太郎氏。当時外相だった河野氏は、何ら指摘されてもいないのに、国際原子力機関(IAEA)に対して、「日本はプルトニウムを減らす」と宣言してしまった。「河野談話」に匹敵する「第二の河野談話」である。


安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

河野氏の防衛相時代、自衛隊グッズのオークションといった人気取り行事は多かったが、同氏の政策が日本の防衛のためにプラスとなったかといえば、マイナスの方が多かったと言わざるを得ない。


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!