○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。「○○すぎる」というのがやたら流行った時期がありますが、いまはその延長として本質から離れたプロフィールのエンタメ性が話題になっていますね。


「美人すぎる」に込められた二つの意味

美人すぎるってありましたよね

美人すぎる自衛官、美人すぎる弁護士、美人すぎる大学講師、美人すぎる競輪選手、美人すぎる外科医師、美人すぎる国家元首……。この表現を定着させたとされる元祖・美人すぎる市議は現在4期目だそうですが、この「美人すぎる」は、二つのことを言おうとしていましたね。

ひとつは「女だてらに」。

え、なんで女が、こんなに主体的な、本来、男のものである仕事してるのという驚きが、この表現には込められている。美人すぎる看護師とか美人すぎる保育師ではないんですよ。美人すぎる大学生と言われるより、美人すぎる東大生と言われたほうが「どれどれ」という気持ちになる、そこを狙っているのです。

さらに「美人なのに」。

美人なのにどうしてその容姿を活かさないのかというお節介以外の何物でもないラベリングする側の脳内が反映されています。だから、美人すぎるCA、美人すぎる秘書、美人すぎる受付嬢ではないんです。

そのあたりをうまくぼんやり伝えられたのでこの表現は重宝され、そうしたラベルを得て目立つことを考える人も増え、その結果としてすぐに陳腐化しました。いいことです

しかし、ここから何かを学んだ人はいたわけで、それがお茶目な国会議員を生みます。

Wikipedia によると、テレビ東京が元NHK記者を登用した開票速報を放送し始めたのは2010年7月、EX菅内閣時の第22回参院選からでした。事前に見所を挙げるなら、NHK一強のこの分野に“俺たちのテレ東”がどう挑むのかの一点でしたが、2014年にはこの番組が紹介する本質から遠く離れたプロフィールのエンタメ性が話題になり、それなりの存在感を確立しました

言ってみれば、主音声に対する副音声としての、SNSへの撒き餌としての地位を確立したのです。

2014年のテレ東選挙特番でこの方はこう書かれていた。いたって普通。

求められているのはキャラより仕事ぶり

そしてその副音声の人気に気付いた形容される側が、自らすすんで本質から遠く離れたプロフィールを開陳し、○○すぎる国会議員であることをアピールするようになりました。

マンガ好きすぎる国会議員、ミリオタすぎる国会議員、スイーツラブすぎる国会議員、バンドマンすぎる国会議員(現群馬県知事)……あと何がありましたっけ、ホント、有事にはどうでもいい話ですね

でも、副音声は真剣勝負じゃないところで当事者じゃない人がしゃべるから面白いのではないでしょうか。SNSが盛り上がるのは、自分たちが主体的にその楽しみ方をみつけたと思えるからではないでしょうか。

ところが、近頃はギャップさえあれば受けるとふんだのか、巷にもセルフプロデュースの可愛いおじさん(亜種多数)が累加していて、目のやり場に困ります

イクメンはその最たるモノ。イクメンアピールが過剰な男は実は不倫しているという真偽不明の、しかしながらもっともらしい仮説がSNSで流れたことによる爆発的増殖の回避ができずにいたら、大変でした。

逆サイドに立てば乱造される○○女子も目に付くのですが、こちらはかなり古典的。小賢しいプロデューサーやほくほく消費する側の視線が感じられて、ああ、そこにはまだいにしえのエコシステムが生き残っているんだね、と少しは温かい気持ちになれます。

とはいえ、もうおなかいっぱい。捨て猫を拾い可愛がっても不良は不良、ときめきません。

こんなご時世、おじさん、言い換えれば働いている人に求められるのは可愛らしさより、美人すぎることより、しっかりした仕事ぶり

近々また総選挙がありそうです。テレ東は、まだエンタメ路線でいくのでしょうか。そろそろ引き際のような気もしますが。

関連する投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)


東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

ここ数年、全国各地で人々の分断を煽るような過激な行動を取る勢力が顕在化している。東京五輪の反対運動、沖縄の基地反対運動は、はたして本当に国民の「声」なのか。我々は、メディアが民主主義を破壊する活動に加担しようとしている事実をしっかりと認識しなくてはならない。


菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

米国を取るのか、中国を取るのか。米国は、企業のみならず各国に対しても厳しい姿勢で臨んでいる。日本はアジア太平洋のリーダーとして米国より先に、北京五輪への「外交的ボイコット」を表明すべきだった――。本音で語れる政治家、和田政宗議員がこの1年の日本外交と重要課題を振り返る!


武蔵野市条例案否決!「ヘイト」と断定した神奈川新聞の捏造報道|和田政宗

武蔵野市条例案否決!「ヘイト」と断定した神奈川新聞の捏造報道|和田政宗

12月21日、数々の問題点が指摘されていた武蔵野市の住民投票条例案が否決された。政治活動を力で潰そうとした勢力に対する民主主義の勝利と言えるが、神奈川新聞の石橋学編集委員による捏造記事、毎日新聞の後藤由耶記者による脅迫的取材は、絶対に許されることではない!(サムネイルは松下玲子市長のTwitterより)


最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)