○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。「○○すぎる」というのがやたら流行った時期がありますが、いまはその延長として本質から離れたプロフィールのエンタメ性が話題になっていますね。


「美人すぎる」に込められた二つの意味

美人すぎるってありましたよね

美人すぎる自衛官、美人すぎる弁護士、美人すぎる大学講師、美人すぎる競輪選手、美人すぎる外科医師、美人すぎる国家元首……。この表現を定着させたとされる元祖・美人すぎる市議は現在4期目だそうですが、この「美人すぎる」は、二つのことを言おうとしていましたね。

ひとつは「女だてらに」。

え、なんで女が、こんなに主体的な、本来、男のものである仕事してるのという驚きが、この表現には込められている。美人すぎる看護師とか美人すぎる保育師ではないんですよ。美人すぎる大学生と言われるより、美人すぎる東大生と言われたほうが「どれどれ」という気持ちになる、そこを狙っているのです。

さらに「美人なのに」。

美人なのにどうしてその容姿を活かさないのかというお節介以外の何物でもないラベリングする側の脳内が反映されています。だから、美人すぎるCA、美人すぎる秘書、美人すぎる受付嬢ではないんです。

そのあたりをうまくぼんやり伝えられたのでこの表現は重宝され、そうしたラベルを得て目立つことを考える人も増え、その結果としてすぐに陳腐化しました。いいことです

しかし、ここから何かを学んだ人はいたわけで、それがお茶目な国会議員を生みます。

Wikipedia によると、テレビ東京が元NHK記者を登用した開票速報を放送し始めたのは2010年7月、EX菅内閣時の第22回参院選からでした。事前に見所を挙げるなら、NHK一強のこの分野に“俺たちのテレ東”がどう挑むのかの一点でしたが、2014年にはこの番組が紹介する本質から遠く離れたプロフィールのエンタメ性が話題になり、それなりの存在感を確立しました

言ってみれば、主音声に対する副音声としての、SNSへの撒き餌としての地位を確立したのです。

2014年のテレ東選挙特番でこの方はこう書かれていた。いたって普通。

求められているのはキャラより仕事ぶり

そしてその副音声の人気に気付いた形容される側が、自らすすんで本質から遠く離れたプロフィールを開陳し、○○すぎる国会議員であることをアピールするようになりました。

マンガ好きすぎる国会議員、ミリオタすぎる国会議員、スイーツラブすぎる国会議員、バンドマンすぎる国会議員(現群馬県知事)……あと何がありましたっけ、ホント、有事にはどうでもいい話ですね

でも、副音声は真剣勝負じゃないところで当事者じゃない人がしゃべるから面白いのではないでしょうか。SNSが盛り上がるのは、自分たちが主体的にその楽しみ方をみつけたと思えるからではないでしょうか。

ところが、近頃はギャップさえあれば受けるとふんだのか、巷にもセルフプロデュースの可愛いおじさん(亜種多数)が累加していて、目のやり場に困ります

イクメンはその最たるモノ。イクメンアピールが過剰な男は実は不倫しているという真偽不明の、しかしながらもっともらしい仮説がSNSで流れたことによる爆発的増殖の回避ができずにいたら、大変でした。

逆サイドに立てば乱造される○○女子も目に付くのですが、こちらはかなり古典的。小賢しいプロデューサーやほくほく消費する側の視線が感じられて、ああ、そこにはまだいにしえのエコシステムが生き残っているんだね、と少しは温かい気持ちになれます。

とはいえ、もうおなかいっぱい。捨て猫を拾い可愛がっても不良は不良、ときめきません。

こんなご時世、おじさん、言い換えれば働いている人に求められるのは可愛らしさより、美人すぎることより、しっかりした仕事ぶり

近々また総選挙がありそうです。テレ東は、まだエンタメ路線でいくのでしょうか。そろそろ引き際のような気もしますが。


蛭  芸子(ビル・ゲイコ)
「沖縄・奄美のきびオリゴ」をリピートしています。

関連する投稿


アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍で食事の環境も変化があり、それに伴って食事にまつわるコンテンツも変わっていっております。あなたの本当に食べているものを教えてほしい!


人口の多いところvs少ないところ|電脳三面記事

人口の多いところvs少ないところ|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍によって始まった「新しい日常」ですが、それによって人口の多いところvs人口の少ないところの対立が始まり、それが後世に禍根を遺すことになる??


失政連発で応援団からも批判続出!高まる玉城デニー知事への不信|石本譲二

失政連発で応援団からも批判続出!高まる玉城デニー知事への不信|石本譲二

武漢コロナウイルス対策だけでなく、猛威をふるった豚熱への対応も後手後手で、遂に県政与党や応援団からも批判が殺到!“メディア受け”する基地問題では張り切るが、肝心の代案もなくパフォーマンス一色。停滞する経済、深刻化する子供の貧困など対しても何ら対策を示さず、一方で業者との不適切な関係疑惑が――もはや知事失格の烙印を押さざるを得ない!


「テレワーク」の「テレ」の意味は「離れたところ」|電脳三面記事

「テレワーク」の「テレ」の意味は「離れたところ」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。今回は新型コロナ感染拡大によってなし崩し的に始まった「テレワーク」から、いま抱えている問題点を探ります。


最新の投稿


永田町権力闘争の舞台裏~菅政権誕生編|大下英治

永田町権力闘争の舞台裏~菅政権誕生編|大下英治

かつて中曽根政権が安定したのは、田中角栄がキングメーカーとしてスタートを切らせたからだ。菅政権も二階俊博のおかげで安定したすべり出しとなった。さらに安倍晋三が背後から支え続ける。 菅政権は、2021年9月までの短期政権どころか、長期政権の雰囲気すら漂ってくる。 


「2021年1月号」新聞広告大公開!

「2021年1月号」新聞広告大公開!

1月号の新聞広告は、●●なし!伏字ファンの皆さま、申し訳ございません…。「Hanadaも丸くなったのか?」。違います。報道しない自由を大手メディアが行使するなか、弊誌は今月号もタブーなしのストレート勝負です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年1月若水号

月刊『Hanada』2021年1月若水号

「報道しない自由」で国民を情報弱者にする大手メディアに喝!1月号の総力大特集は「日米メディアが報じないトランプVSバイデン全内幕」。米大統領選をめぐり数々の陰謀論が飛び交っているが、日米メディアの多くが「反トランプ」であり、露骨な偏向報道をしているのは事実だ。「米大統領選中も続く中国の侵略」「NHK『軍艦島ドキュメント』偏向の全手口」「ウイグル人強制労働プログラム」「川勝平太静岡県知事の正体」など1月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

日本は脆弱すぎる!世界で多発する中国の情報窃取。事件は既に日本でも起きている!ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器に食い物にされる日本の危うさ。


日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

政府の防衛事業を組織を挙げて妨害する、人事はすべて自分たちで決める、黙って税金からカネを出せといった虫の良い話をいつまで許すのか?政府は6人の任命拒否をこう説明すべきだろう。「この6人には税金を使って提言してもらうほどの見識がなく、また国際交流に関与させると国益を損なう言動をする可能性が高いと判断した」と。