【読書亡羊】朝日新聞記者の本から漂う不吉な予感 蔵前勝久『自民党の魔力』(朝日新書)

【読書亡羊】朝日新聞記者の本から漂う不吉な予感 蔵前勝久『自民党の魔力』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「統一教会」は登場せず

タイトルに〈魔力〉とあるだけでなく、副題には〈権力と執念のキメラ〉と何やらおどろおどろしい響きが続く。

今回取り上げる『自民党の魔力 権力と執念のキメラ』(朝日新書)は、現在朝日新聞で論説委員を務める蔵前勝久氏が、政治部時代から取材してきた自民党の「強さ」に迫る内容で、特に地方議員から見た自民党という組織や、国会議員との関係性にページを割く。

安倍元首相銃撃事件を経た後の我々は、このタイトルからどうしても容疑者が動機として挙げた「統一教会」との関係を想起してしまうだろう。「自民党は今や統一教会に牛耳られている」「宗教を利用するつもりが、政治の側が利用されている」との言説も飛び交う中では、「〈魔力〉の秘密は統一教会による宗教票や支援なのではないか」とさえ思う人がいるかもしれない。

だが、事件直後に発売され、あとがきに記された日付が「2022年5月」とある本書には、当然、事件のことはもちろん、統一教会の「と」の字もない。

言うまでもなく、これをもって「自民党の選挙の強さと、統一教会は全く無関係である」という論拠にはできないが、朝日新聞の政治部記者が20年近く取材した成果をまとめたノンフィクションであることは、読者として受け止める必要があるだろう。

自民党の魔力 権力と執念のキメラ

「宗教と政治」の関係に触れてはいるが

しかも本書は、宗教と政治についても触れている。それでもなお、統一教会については触れられていない。

〈連立を組む公明党の戦略〉と題する第5章では、公明党と創価学会について言及しており、それによると公明党自身、「政教一致」を指摘されることに対する抵抗感がなくなりつつあるという。

その一方で、一時は公明党が899万票も獲得した比例票が、21年の衆院選では711万票に目減りするという「基礎体力の低下」を指摘されてもいる。報道によれば、さらに先の参院選では、618万票まで減ったというのだ。

むしろ票獲得のために自民党支持層に手を突っ込んだり、創価学会員が町内会長を務めることによって票を誘導しようと試みるなど、実に泥臭い票集めの実態が記されている。宗教団体としてではなく、地域に溶け込むことで支持政党に貢献しようという方針だ。

また、宗教ではないが安倍政権期に盛んに「黒幕」呼ばわりされていた日本会議については、言及はある。しかし井上正人横浜市議が日本会議役員を務めているという説明程度にとどまり、集票とも、党の理念への浸透などとも無関係のくだりに添えられている程度に過ぎない。

しかも井上市議は右派でありながら共産党の推薦で横浜市議会議長に就任し、しんぶん赤旗デビューをしたと紹介されており、むしろイデオロギーだけでは分けられない現実世界での政治のありようが描き出されている。

さらに本書は、地方選に出る候補者の「自民党隠し」や、国会議員と地方議員の「後援会争い」、党員集めの苦悩なども取り上げており、自民党の強さとは裏腹の現実も見えてくる。「なればこそ、宗教票に頼りたくなるのでは」と思うが、一方で、宗教組織も票数、マンパワーともに低下しているのが現状だ。

事件後の今は世間の目が統一教会に集まっているから、その影響力を強大に見積もってしまう。もちろん、関係性や集票への影響は議員ごとに濃淡があるだろう。だが、事件前の目で見ている本書の記述で「『自民党の魔力』を解説するにあたって統一教会が取り立てて触れなければならない存在ではなかった」ことは、一つの判断材料にはなろう。

関連する投稿


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」  湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」 湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!


なべやかん遺産|「ノアの神」

なべやかん遺産|「ノアの神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ノアの神」!