【読書亡羊】朝日新聞記者の本から漂う不吉な予感 蔵前勝久『自民党の魔力』(朝日新書)

【読書亡羊】朝日新聞記者の本から漂う不吉な予感 蔵前勝久『自民党の魔力』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「統一教会」は登場せず

タイトルに〈魔力〉とあるだけでなく、副題には〈権力と執念のキメラ〉と何やらおどろおどろしい響きが続く。

今回取り上げる『自民党の魔力 権力と執念のキメラ』(朝日新書)は、現在朝日新聞で論説委員を務める蔵前勝久氏が、政治部時代から取材してきた自民党の「強さ」に迫る内容で、特に地方議員から見た自民党という組織や、国会議員との関係性にページを割く。

安倍元首相銃撃事件を経た後の我々は、このタイトルからどうしても容疑者が動機として挙げた「統一教会」との関係を想起してしまうだろう。「自民党は今や統一教会に牛耳られている」「宗教を利用するつもりが、政治の側が利用されている」との言説も飛び交う中では、「〈魔力〉の秘密は統一教会による宗教票や支援なのではないか」とさえ思う人がいるかもしれない。

だが、事件直後に発売され、あとがきに記された日付が「2022年5月」とある本書には、当然、事件のことはもちろん、統一教会の「と」の字もない。

言うまでもなく、これをもって「自民党の選挙の強さと、統一教会は全く無関係である」という論拠にはできないが、朝日新聞の政治部記者が20年近く取材した成果をまとめたノンフィクションであることは、読者として受け止める必要があるだろう。

自民党の魔力 権力と執念のキメラ

「宗教と政治」の関係に触れてはいるが

しかも本書は、宗教と政治についても触れている。それでもなお、統一教会については触れられていない。

〈連立を組む公明党の戦略〉と題する第5章では、公明党と創価学会について言及しており、それによると公明党自身、「政教一致」を指摘されることに対する抵抗感がなくなりつつあるという。

その一方で、一時は公明党が899万票も獲得した比例票が、21年の衆院選では711万票に目減りするという「基礎体力の低下」を指摘されてもいる。報道によれば、さらに先の参院選では、618万票まで減ったというのだ。

むしろ票獲得のために自民党支持層に手を突っ込んだり、創価学会員が町内会長を務めることによって票を誘導しようと試みるなど、実に泥臭い票集めの実態が記されている。宗教団体としてではなく、地域に溶け込むことで支持政党に貢献しようという方針だ。

また、宗教ではないが安倍政権期に盛んに「黒幕」呼ばわりされていた日本会議については、言及はある。しかし井上正人横浜市議が日本会議役員を務めているという説明程度にとどまり、集票とも、党の理念への浸透などとも無関係のくだりに添えられている程度に過ぎない。

しかも井上市議は右派でありながら共産党の推薦で横浜市議会議長に就任し、しんぶん赤旗デビューをしたと紹介されており、むしろイデオロギーだけでは分けられない現実世界での政治のありようが描き出されている。

さらに本書は、地方選に出る候補者の「自民党隠し」や、国会議員と地方議員の「後援会争い」、党員集めの苦悩なども取り上げており、自民党の強さとは裏腹の現実も見えてくる。「なればこそ、宗教票に頼りたくなるのでは」と思うが、一方で、宗教組織も票数、マンパワーともに低下しているのが現状だ。

事件後の今は世間の目が統一教会に集まっているから、その影響力を強大に見積もってしまう。もちろん、関係性や集票への影響は議員ごとに濃淡があるだろう。だが、事件前の目で見ている本書の記述で「『自民党の魔力』を解説するにあたって統一教会が取り立てて触れなければならない存在ではなかった」ことは、一つの判断材料にはなろう。

関連する投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


安倍元首相の死を、「国内騒擾」に使われないために今できること ジョン・ウィッティントン著、定木大介訳『暗殺から読む世界史』(東京堂出版)

安倍元首相の死を、「国内騒擾」に使われないために今できること ジョン・ウィッティントン著、定木大介訳『暗殺から読む世界史』(東京堂出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!(今回はちょっと遅刻しました)


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。