インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

自由の同盟は中国共産党の軍門に下らない!中国の威嚇が、それまで中国の出方を恐れてきたインドと豪州を近づけた。中国の領域侵犯と懲罰外交に対しては、周辺国が結束して不測の事態に備え、中国をサプライチェーン(供給網)から切り離すなど、その代償を払わせなければならない。


インド太平洋の緩やかな日米豪印4カ国安全保障対話(クアッド)が、地域安全保障の新しい枠組みの構築へと動き出したことを歓迎する。米主導の国際秩序に挑戦する中国が周辺国への露骨な領域侵犯と懲罰外交を繰り返しているからだ。6日に東京で開催された日米豪印外相会議は、対話を定例化することで合意し、4カ国以外にも「クアッド・プラス」として協力を拡大する方針を確認した。米国はすでに、有志国との対中結束にカジを切っており、今後、中国の巨大軍事力を抑止するインド太平洋同盟へと脱皮するよう期待する。

日米豪印が対話国拡大で一致

議長の茂木敏充外相は、中国を念頭に「既存の国際秩序が挑戦を受けている」と述べ、新型コロナウイルスの大流行が「この傾向を拡大させている」との認識を示した。中国の習近平政権がウイルス発生源としての弱みを見せまいと凶暴化し、自制が効かなくなったことを踏まえた発言だ。

中国による領域侵犯の典型例は、インド北部の係争地で起きた。6月に中印両軍が衝突して、いまも双方合わせて10万の兵力が対峙している。南シナ海で中国は人工島の軍事拠点化を進め、ベトナムやマレーシアの船舶を威嚇し、東シナ海でも沖縄県の尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す。他方、中国の意に沿わない国に対しては「懲罰外交」を発動する。中国はオーストラリアがウイルス発生源に関する調査を求めたのに対し、大麦など農産物を対象に経済制裁を科した。いまや世界130カ国・地域にとって中国が最大の貿易相手国になっていると豪語し、逆らう国は徹底的に威嚇する。

中国の領域侵犯と懲罰外交に対しては、周辺国が結束して不測の事態に備え、中国をサプライチェーン(供給網)から切り離すなど、その代償を払わせなければならない。中国の威嚇が、それまで中国の出方を恐れてきたインドと豪州を近づけたのは当然の流れだ。両国の軍は6月に物品役務相互提供協定を結び、クアッドを強化する追い風とした。

地域安保の新しい枠組み

中国は、自らの拡張主義がクアッドの結束を引き起こしてしまったことに狼狽しているようだ。王毅外相が来日して菅義偉首相らと会談するとのニュースが流れたものの、中国外務省報道官は「中国側の申し入れか」との質問に確答を避けた。米国主導によりベトナム、ニュージーランド、インドネシア、そして台湾まで含む地域安全保障の新しい枠組みができることへの警戒心が外相来日ににじむ。

かつて北大西洋条約機構(NATO)軍が巨大なソ連軍と対峙できたのは、ソ連を恐れた国々が結束したからだ。インド太平洋にあっても、中国を恐れる国々に結束する余地が出てきた。インドネシアはナトゥナ諸島周辺への中国公船の不当な侵入に関して国連事務総長に外交通牒を送り、マレーシアも中国に対抗して大陸棚の外縁を拡張する主張を明確にしている。両国はじめ東南アジア諸国連合(ASEAN)の沿岸国はクアッド・プラスの有資格国である。自由の同盟は中国共産党の軍門に下らない。(2020.10.08国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」  湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」 湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


最新の投稿


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。