カマラ・ハリスは米国の小池百合子|久保弾(ジャーナリスト)

カマラ・ハリスは米国の小池百合子|久保弾(ジャーナリスト)

史上初の女性副大統領カマラ・ハリス氏。黒人であることがフューチャーされることが多い彼女だが、実は、米国内の黒人からの人気は低いという。日本のマスコミが伝えない、カマラ・ハリスの知られざる実態とは――。


Getty logo

バイデンは「任期満了までもたない」が59%

「この人は大統領になっても任期満了までもたない」  米民主党の大統領候補、ジョー・バイデン(77)の演説を聞きながら、彼の記憶力の衰えに驚きつつ、そう思った。  

驚いたことに、同じように感じたのは私だけではなかった。ラスムセン社の世論調査によると、米国人の59%は「バイデン氏は四年後の任期満了まで務められない」と答え、民主党支持者へのアンケートでさえも49%が「任期満了までもたない」と答えている。  

もし在任中、バイデンになにかあれば、自動的に副大統領がその任を引き継ぐ。民主党の副大統領候補はいままで以上に大事な選択になる。八月、バイデンが副大統領に指名したカマラ・ハリスはどのような人物なのか。  

インド人の母とジャマイカ人の父の間に生まれたハリスはハワード大学を卒業後、カリフォルニア大学ヘイスティング校で法律の学位を取得。2003年にはサンフランシスコの連邦検事となり、2010年、カリフォルニア州検事総長に当選、2017年には史上二人目となる黒人女性の上院議員になった。  

昨年一月、民主党大統領候補として出馬を表明。出馬表明から二十四時間に集めた寄付金は、同じく大統領候補だったサンダーズを上回る額だった。

ハリスは最初の民主党候補の討論会で、バイデンを強く攻撃している。人種差別解消を目的に、黒人居住区の子供を白人居住区の学校に通わせるバス通学制度「バシング」について、かつてバイデンが反対していたことをこう批判した。

「私もバシングのおかげで公平な教育を受けられた世代の一人だ」  

バイデンは「私はバシングに反対したのではない。教育省によって命じることに反対したのだ」と、政府による義務付けに対する反対だったと反論したが、討論会ではハリスに軍配が上がり、支持率は上昇。

黒人の恨みを買ったカマラ・ハリスの“功績”

しかし、2回目の討論会からハリスは他の候補から叩かれ始める。問題とされたのは、彼女の検事としての“功績”だ。  

彼女は検事時代、少量の大麻所持の罪で1500人(そのうちの大半が黒人といわれている)を刑務所に送った。独房監禁廃止を求める闘いにも参加せず、死刑廃止を要求する2つの住民投票提案にも不支持を表明。カリフォルニア州連邦地裁が憲法違反として死刑判決を取り消したときも、ハリスは上訴している。

リベラルな人権派のように振る舞っているが、これまでやってきたことはまったく逆だったのだ。他の候補から総攻撃を受け、二回目の討論会後、ハリスの支持率が急降下。支援金も足りず、大統領選から撤退した。  

彼女のキャリアを見ていると、いつも権力を持った者にすり寄っている。多くの富裕層の黒人を軽犯罪で取り締まる一方で、民主党に寄付するシリコンバレーの大手企業には甘かったという話もある。

上院議員になってもシリコンバレーに深いつながりを持つ議員として有名だ。民主党内で極左派が力を持つようになると、いきなりハリスは移民問題や警察組織の予算削減運動、BLM運動などを支持し始めた。  

極めつきは昨年2月、ラジオのインタビューでの発言だ。黒人のパーソナリティがハリスに質問した。

「マリファナを吸ったことがあるか」  

彼女は笑いながらこう答えた。

「あるわよ。でも昔の話で、規則を破ってしまっただけ」  

当然、大麻所持で彼女に起訴され、収監された人々はこの発言に反発。極左派を味方につけるためマリファナ使用を認めたのではという意見もあるが、彼女のいままでやってきたことを自ら否定するような発言だ。  

結局、ハリスには理念などなく、権力に弱い政治家なのだ。権力を追いかけ、自分の理念などなく、強い者にすり寄る。私はそんなハリスを東京都知事の小池百合子と重ねてしまう。

どちらも女性であること(ハリスの場合はさらにマイノリティであること)を政治利用するが、女性のために何か一つでも問題を解決したかといえば、していない。  

十一月の大統領選はコロナ、経済の悪化、中国の台頭、差別問題など国難を乗り越えるための選挙といっていい。  

しかし、米国民は「悪党トランプ」(Evil Trump)か、「ボケ・バイデン」(Senile Biden)しか選択肢がない。

しかも、「ボケ・バイデン」を選んだ場合、「米国の小池百合子・ハリス」が大統領になるかもしれないのだから、気の毒というしかない。

関連する投稿


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されていたニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!


首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

ハマスやレバノンの武装勢力ヒズボラをイランが操り、その背後に中露両国がいる世界的な構図がはっきりしてこよう。


最新の投稿


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!