日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

中国は毎年5000人の留学生を選抜し、外国の一流大学に国費留学生として送り出し、工学やバイオなどの先端分野を学ばせて、自国に無い技術を吸収してきた。日本は外国人留学生の最多を占める12万人の中国人学生を受け入れているが――。


理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「富岳」が、計算速度などを競う世界ランキングで「4冠」を獲得した。旧民主党政権の事業仕分けで、「スパコンは2位では駄目か」と予算を大幅に削られ、2011年6月に「京」が出した毎秒8162兆回の記録の後、日本は中国に負け続ける状況が続いていた。富岳は既に新型コロナウイルス対策にも活用され、咳の飛沫をつい立てで防ぐ方法を解析した動画がテレビで紹介されている。

必要な輸出管理の徹底

富岳に使われた中央演算処理装置(CPU)は、ソフトバンクが傘下に収めた英アーム社のスマホ用CPUの基本設計を活用した。また、基本ソフト(OS)は、多くの人々が参加して作成されているLinux(リナックス)という汎用OSを使用しており、ユーザーが開発したプログラムがほぼそのまま利用できる使い勝手の良さが特徴とされる。

ここで注目しなければならないのは、スマホのCPU技術やOSなどの汎用技術が最先端のスパコンに使われていることだ。汎用民生技術も、最先端スパコンによるミサイルの軌道計算やミサイル発射基地の衛星画像の分析に利用できる。日米欧の先端技術を中国に流出させない輸出管理の徹底が必要だ。

先端技術のうち、リニアモーターカーの基幹技術である超伝導技術は、医療診断用の核磁気共鳴画像法(MRI)のほか、宇宙創成期のビッグバンを再現する国際リニア加速器(ILC)、国際熱核融合炉(ITER)、超伝導エネルギー貯蔵(SMES)などにも利用されている。次世代のスパコン技術として注目される量子コンピュータにも極低温の超伝導技術が使われる。

これらの先端技術が、中国、北朝鮮、イランなど核兵器を含む大量破壊兵器の開発国に流出しないように、経済産業省が輸出管理制度を設けている。大量破壊兵器の開発機関は「ユーザーリスト」に記載され、CPUや半導体、化学兵器に転用可能な化学製品、ミサイルに転用されるロケットエンジンや航空機の部品、超伝導体、チタン製ゴルフシャフトまで規制対象になっている。韓国から北朝鮮に流れた半導体加工用のエッチング液も対象品だ。

中国人留学生の監視強化を

Getty logo

中国は毎年5000人の留学生を選抜し、外国の一流大学に国費留学生として送り出し、工学やバイオなどの先端分野を学ばせて、自国に無い技術を吸収してきた。5月28日、米政府は中国人留学生のビザ取り消しを計画していると報道された。最大5000人に影響が出るといわれている。

我が国は外国人留学生の最多を占める12万人の中国人学生を受け入れているが、留学受け入れ時の審査や研究テーマの選定にあたり、輸出管理品の研究を除外し、研究室内で技術へのアクセスを遮断するなどの処置が必要である。また、日本で学んだ学生が帰国してから大量破壊兵器の開発に従事することのないように、卒業後の追跡も必要だ。先端技術の輸出管理を徹底し、国民の命を守ることは、国家の基本である。(2020.07.07国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

奈良林直

https://hanada-plus.jp/articles/403

国基研理事、東京工業大特任教授。1952年、東京都生まれ。東京工業大理工学研究科原子核工学修士課程修了。専門は原子炉工学。東芝に入社し原子力の安全性に関する研究にに従事。同社電力・産業システム技術開発センター主幹などを務め、2007年に北海道大大学院教授に就任。同大大学院名誉教授・特任教授を経て現職。

国家基本問題研究所「今週の直言」
国家基本問題研究所「入会のご案内」

関連するキーワード


今週の直言 奈良林直 中国

関連する投稿


米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

ポンペオ米国務長官がカリフォルニア州のニクソン図書館で行った「共産主義中国と自由世界の将来」と題する演説の真意とは何か。日本の政財界指導者にとって、ポンペオ演説は頂門の一針になろう。


追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


他者を想う日本人の心を取り戻そう|櫻井よしこ

他者を想う日本人の心を取り戻そう|櫻井よしこ

新規感染者の急増、東京から周辺県への急拡散の前で、都道府県知事は取り締まり権限の強化を可能にする立法を国に求めている。政府及び地方自治体に命令権、強制権、罰則権のない異常を正すときだ。国民が国を敵視することのない普通の民主主義国になる小さな一歩としてこの改革を急ぐべきだ。


北朝鮮のコロナ発生と危機深化|西岡力

北朝鮮のコロナ発生と危機深化|西岡力

これまで新型コロナウイルス患者は1人もいないと主張してきた北朝鮮が、初めて感染者発生を認めた。ところが、「1人の感染者が見つかった」だけで、都市全体を封鎖し、国家防疫を「非常体制」に移行するという異常事態に発展。実は、いま金正恩政権は最大の危機を迎えていた――。


米が中国へ全面巻き返しを開始|田久保忠衛

米が中国へ全面巻き返しを開始|田久保忠衛

政治、経済、軍事、イデオロギー、サイバー、宇宙、技術などすべての分野におけるアメリカの応戦が開始。トランプ政権はとくに南シナ海について中国との軍事的対決に踏み切った!一方、日本は……。


最新の投稿


なべやかん遺産|「雛形」

なべやかん遺産|「雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「雛形」!


米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

ポンペオ米国務長官がカリフォルニア州のニクソン図書館で行った「共産主義中国と自由世界の将来」と題する演説の真意とは何か。日本の政財界指導者にとって、ポンペオ演説は頂門の一針になろう。


追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


今日もねこびより|花田紀凱

今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。記念すべき第1回は「気が強いリスベット」。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が遂に8月4日発刊となります。戦後75年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。