日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

中国は毎年5000人の留学生を選抜し、外国の一流大学に国費留学生として送り出し、工学やバイオなどの先端分野を学ばせて、自国に無い技術を吸収してきた。日本は外国人留学生の最多を占める12万人の中国人学生を受け入れているが――。


理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「富岳」が、計算速度などを競う世界ランキングで「4冠」を獲得した。旧民主党政権の事業仕分けで、「スパコンは2位では駄目か」と予算を大幅に削られ、2011年6月に「京」が出した毎秒8162兆回の記録の後、日本は中国に負け続ける状況が続いていた。富岳は既に新型コロナウイルス対策にも活用され、咳の飛沫をつい立てで防ぐ方法を解析した動画がテレビで紹介されている。

必要な輸出管理の徹底

富岳に使われた中央演算処理装置(CPU)は、ソフトバンクが傘下に収めた英アーム社のスマホ用CPUの基本設計を活用した。また、基本ソフト(OS)は、多くの人々が参加して作成されているLinux(リナックス)という汎用OSを使用しており、ユーザーが開発したプログラムがほぼそのまま利用できる使い勝手の良さが特徴とされる。

ここで注目しなければならないのは、スマホのCPU技術やOSなどの汎用技術が最先端のスパコンに使われていることだ。汎用民生技術も、最先端スパコンによるミサイルの軌道計算やミサイル発射基地の衛星画像の分析に利用できる。日米欧の先端技術を中国に流出させない輸出管理の徹底が必要だ。

先端技術のうち、リニアモーターカーの基幹技術である超伝導技術は、医療診断用の核磁気共鳴画像法(MRI)のほか、宇宙創成期のビッグバンを再現する国際リニア加速器(ILC)、国際熱核融合炉(ITER)、超伝導エネルギー貯蔵(SMES)などにも利用されている。次世代のスパコン技術として注目される量子コンピュータにも極低温の超伝導技術が使われる。

これらの先端技術が、中国、北朝鮮、イランなど核兵器を含む大量破壊兵器の開発国に流出しないように、経済産業省が輸出管理制度を設けている。大量破壊兵器の開発機関は「ユーザーリスト」に記載され、CPUや半導体、化学兵器に転用可能な化学製品、ミサイルに転用されるロケットエンジンや航空機の部品、超伝導体、チタン製ゴルフシャフトまで規制対象になっている。韓国から北朝鮮に流れた半導体加工用のエッチング液も対象品だ。

中国人留学生の監視強化を

Getty logo

中国は毎年5000人の留学生を選抜し、外国の一流大学に国費留学生として送り出し、工学やバイオなどの先端分野を学ばせて、自国に無い技術を吸収してきた。5月28日、米政府は中国人留学生のビザ取り消しを計画していると報道された。最大5000人に影響が出るといわれている。

我が国は外国人留学生の最多を占める12万人の中国人学生を受け入れているが、留学受け入れ時の審査や研究テーマの選定にあたり、輸出管理品の研究を除外し、研究室内で技術へのアクセスを遮断するなどの処置が必要である。また、日本で学んだ学生が帰国してから大量破壊兵器の開発に従事することのないように、卒業後の追跡も必要だ。先端技術の輸出管理を徹底し、国民の命を守ることは、国家の基本である。(2020.07.07国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

著者略歴

奈良林直

https://hanada-plus.jp/articles/403

国基研理事、東京工業大特任教授。1952年、東京都生まれ。東京工業大理工学研究科原子核工学修士課程修了。専門は原子炉工学。東芝に入社し原子力の安全性に関する研究にに従事。同社電力・産業システム技術開発センター主幹などを務め、2007年に北海道大大学院教授に就任。同大大学院名誉教授・特任教授を経て現職。

国家基本問題研究所「今週の直言」
国家基本問題研究所「入会のご案内」

関連するキーワード


今週の直言 奈良林直 中国

関連する投稿


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

ウイルスと共に世界を侵略し、民主主義の本家・米大統領選まで破壊した中国。2021年も、中国の覇権主義は止まらないだろう。このままでは日本が滅びかねない――日本が生き残るための唯一の道とは。


米新政権の誕生は日本の分水嶺に|田久保忠衛

米新政権の誕生は日本の分水嶺に|田久保忠衛

2021年は日本にとって、かつてブレジンスキー米大統領補佐官が指摘したように「米国の事実上の保護国」の地位を変えようとせず、時代遅れの憲法の穴倉に閉じこもっていることが、いかにも賢明な外交・安保政策の在り方であるかのような雰囲気は吹き飛ぶ年になるだろう。


最新の投稿


バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

バイデン大統領で日本は最悪事態も|島田洋一

「ジョーは過去40年間、ほとんどあらゆる主要な外交安保政策について判断を誤ってきた」オバマ政権で同僚だったロバート・ゲイツ元国防長官は回顧録にこう記している。バイデンの発言のあとに、そのとおりの行動が続くと考えてはならない。土壇場で梯子を外された場合を想定して、その収拾策も用意しておく必要がある。


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。