月刊『Hanada』2020年8月草笛号

月刊『Hanada』2020年8月草笛号

中国の「目に見えぬ侵略」が日本でも進んでいる――。日本のメディアや政財界は、なぜ、自由や人権を踏み潰す“習近平帝国”に物が言えないのか。マネーか、ハニーか、はたまたスパイか。“偽善メディア”が報じない「論点」が8月号も盛りだくさん。話にならない「大村知事」、でっちあげ「慰安婦事件」、歴代最低「小池都知事」、恐怖を煽った「玉川徹」、日本を貶め続ける「朝日新聞」、など日本の病を徹底追及!読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年8月草笛号

【総力超特集156ページ!習近平帝国、目に見えぬ侵略】

□クライブ・ハミルトン 日本でも進む習近平の「目に見えぬ侵略」
□長谷川幸洋 米中新冷戦 トランプが握る“マネーの核兵器"
□スティーブン・バノン 中国共産党は史上最悪の殺人集団だ!

□ジョセフ・スティグリッツ 
 ノーベル賞経済学者が緊急提言!世界は知識経済へ 国の借金は問題ではない(聞き手:大野和基)
□山口敬之 武漢P4研究所 “蝙蝠女"石正麗と30代の美人上司
□黒井文太郎 中国「SNS情報工作」の全貌(新型コロナを巡る米中情報戦の内幕2)

□大塚智彦 犠牲者はインドネシア漁民 中国版地獄の“蟹工船"
□恵隆之介 中国公船領海侵入 日本人漁船船長の重大証言
□長谷川幸洋×高橋洋一×近藤大介×村田晃嗣
 中国はいま「真珠湾前夜」の日本

□岩田健太郎 マスクはしてもしなくてもいい
□田久保忠衛 日本の対中外交はなぜ甘いか 「吉田ドクトリン」という岩盤
□福島香織 香港「国家安全法」導入で、習近平は詰んでいる

□石平 【新連載】世界一のチンピラ国家、中国(知己知彼)
□山岡鉄秀 目に見えぬ侵略が可視化されるとき(右から右へ進路を取れ! )
□門田隆将  「日本を滅ぼす」企業人と研究者たち (現場をゆく)

【ポスト安倍を考える 新・戦時宰相論】

□小川榮太郎 「菅義偉総理」待望論

【東京都民に知ってほしい】

□後藤貴智(「都政新報」編集長)  小池百合子都知事、職員の採点は歴代最低

【特集 無責任メディア】

□楊井人文 朝日、NHKも踊った小池都知事の“情報操作"
□酒井信彦 コロナ禍まで利用して安倍批判! 朝日新聞は「頭から腐っている! 」
□藤原かずえ デマ報道で恐怖を煽った玉川徹と「羽鳥慎一モーニングショー」の大罪

□堤尭×久保久保絋之 【蒟蒻問答】 朝日新聞は監視国家を望むのか

【内部告発! 韓国】

□柳錫春(延世大学教授)【完全独占手記】
 渦中の韓国教授が命懸けの訴え でっちあげられた「慰安婦事件」
□鄭 炳喆 慰安婦「正義連」告発は文在寅政権にとって致命的打撃

【アメリカ黒人暴動の真相】

□古森義久 米日主要メディアが報じない米国黒人暴動の驚くべき真相

【文科省の教科書抹殺】

□藤岡信勝 新たに露見した文科省「不正検定」の動かぬ証拠
□小山常実 公民教育の目的は「国家解体」か

【大村愛知県知事 リコール】

□高須克弥 大村愛知県知事リコール!私の真意

【追悼・横田滋さん】

□荒木和博 横田滋さんの決断が拉致問題を国民的課題にした
□重村智計 安倍首相の孤高の功績と外交官、新聞記者の無責任(朝鮮半島通信)

□【グラビア特集】日本国民の誰もが再会を願っていた

【谷口智彦のこの一冊】

□兼原信克 『歴史の教訓―「失敗の本質」と国家戦略―』

【大反響連載! 】

□青山繁晴【澄哲録片片】同胞、はらからとは何か
□佐藤優【猫はなんでも知っている】アメリカの様子が変だ
□室谷克実【隣国のかたち】「韓ニング」大国
□西村眞【日本人、最期のことば】山田長政

□為末大【私のらくらく健康法 】今日“絶好調"でなくてもいい(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】その症状、天気のせいかも?頭痛、耳鳴り、落ち込み、関節痛……
□白澤卓二【ボケない食事】母からもらった愛情は白米より玄米おにぎり

□高田文夫【月刊Takada】東京に思いを馳せる古今の本

□加地伸行【 一定不易】
□山際澄夫【左折禁止】国家に見捨てられた国民の物語
□田村秀男【常識の経済学】麻生氏は「令和の高橋是清」になれるか

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】哀れ、股裂きになる文在寅
□有本香【香論乙駁】ゼロリスクを求める小池百合子と河野太郎
□久保弾【世界の常識を疑え】BLM運動を利用する民主党

□蛭゛芸子【電脳三面記事】ネットエンタメ時代のアーカイブ
□河村真木 【世界の雑誌から】

□堤堯の今月この一冊 『女帝 小池百合子』
□西川清史の今月この一冊 『東京凸凹散歩』
□向井透史【早稲田古本劇場】「早く店を開けたい」

□みうらじゅん【シンボルズ】「動物フィギュア」
□岡康道【すべてはいつか、笑うため。】「ぼくが生まれた日の父のこと」
□高野ひろし【イカの筋肉】

□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】マーロン・ブランド(上)
□村西とおる【人生相談「人間だもの」】コロナ離婚を考えています
□爆笑問題【日本原論】児嶋じゃないよ!

□編集部から、編集長から

※休載
□平川祐弘【一比較研究者(コンパラティスト)の自伝】
□D・アトキンソン【二つの島国で】
□秋山登の今月この一本+セレクション
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】

関連する投稿


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


「2020年10月号」新聞広告大公開!

「2020年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告は、読売新聞、産経新聞、西日本新聞に伏字あり!「バカ」は良くて「武漢」はダメ、「武漢」は良くて「バカ」はダメ。新聞社のスタンスがまるわかり、全4パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年9月号」新聞広告大公開!

「2020年9月号」新聞広告大公開!

9月号の新聞広告は、産経、読売、日経、地方紙(16紙)、すべて伏字なし!もちろん、中日新聞もOK!伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

香港は死んだ――。中国によって、殺されたのだ。次は台湾か、はたまた日本か。自由や人権を踏み潰す中国共産党に「礼儀」など必要だろうか。安倍総理・菅官房長官の2大独占インタビュー、総力大特集「中国の底知れぬ恐怖」(102ページ!)、高須院長×河村市長の「憤激対談」、特集「メディアが元凶」、「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾、三峡ダム決壊“前夜”、韓国が早速クレーム「産業遺産情報センター」、など“偽善メディア”が報じない「論点」が9月号も盛りだくさん!読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

2020年9月16日、菅義偉氏が総理大臣に指名された。初の世論調査では74%と高い数字をあげており(日経新聞)、多くの国民に期待され、報道でもご祝儀的なものが続いている中で、あえて二つの大きな疑問をぶつけたい。それは――経済運営と外交!


“貧困調査”の帝王!恥知らずな前川喜平|花田紀凱

“貧困調査”の帝王!恥知らずな前川喜平|花田紀凱

安倍総理辞任によって暴かれた“左側”の正体――。素養も資格もない厚顔無恥な連中がなぜ、ある界隈では“人気者”なのか。これは右とか左とかの対立ではない。人としてどうか、の問題である。「Yahoo!ニュース個人」で公開する予定の記事が、まさかの非公開に…。この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。花田編集長が記した「幻の記事」を特別公開!


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

日本が習近平主席の天皇陛下との会見に道を開けば、香港弾圧や軍事力による周辺国への恫喝を認めてしまうことになる。まして、習主席から天皇ご訪中を要請されれば、1989年の天安門事件後、天皇ご訪中により西側の経済制裁に風穴を開けてしまった悪夢の再来だ。


永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

ついに発足した菅内閣。菅総理は、どういった基準で人選していったのか。そのヒントとなるのが、菅総理の愛読書『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル著、飛鳥新社刊)。本書の内容を紹介しながら、菅内閣人事の核心に迫る!