ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

「日本政府の肝っ玉はネズミより小さい」(李登輝)。日本政府はどこまで中国に遠慮すれば気がすむのか。米国の圧倒的な軍事力と経済力に日本はいつまで依存するのか。「米中関係の守護者」であるヘンリー・キッシンジャーの論考から、ポスト・コロナの世界を読み解く!日本にとってポスト・コロナの世界新秩序は、自由も法の支配もない大国が覇権を握る暗い時代かもしれない――。


世界秩序を永遠に変えるパンデミック

Getty logo

ニューヨーク在住の元米国務長官、ヘンリー・キッシンジャーがこのほど、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に、新型コロナウイルスの感染拡大について寄稿した。
 
タイトルは「新型コロナウイルスのパンデミックは世界秩序を永遠に変える」である。
その名のとおり、感染拡大が終息しても「コロナウイルス後の世界が以前と同じになることは決してない」と警告したものだ。
 
キッシンジャーは、この寄稿を第2次大戦、ヒトラーの最後の反撃とされる「バルジの戦い」への参戦の記憶から始めている。

「新型コロナウイルスのシュールな現状は、私が第84歩兵師団に所属していたときのバルジの戦いでいつも感じていたことを思い起こさせる。(違っているのは)バルジの戦いの時のように特定の人を狙うのではなく、無作為で破壊的な脅威を感じる」
 
そのうえで、「人間の健康への危機は一時的なものになるだろうが、政治的、経済的激変は何世代にもわたって続く可能性がある。何より自由主義の世界秩序が脅威を受ける」と指摘し、第2次大戦後の欧州復興のマーシャルプランや原爆製造のマンハッタン計画を参考に、治療方法の開発や、世界の経済再建に迅速に取り組む必要があるとして、米国がその先頭に立つように求めた。
 
もしこれに失敗すれば、「世界に火が付く」という。米中和解を演出した96歳のグローバリストにしてみれば、トランプ大統領の自国優先、また新型コロナウイルスをめぐる米中関係の悪化に思い余っての訴えだったのかもしれない。
 
ここには中国の果たす役割は描かれてはいないが、「米中関係の守護者」の念頭にあるのは、やはり米国と中国の協力だろうか。
 
ポスト・コロナの世界秩序がどのような姿になるのかは、この先、新型コロナウイルスの感染拡大がどう展開するかが鍵とならざるを得ない。
 
感染拡大の封じ込めに成功したと中国が主張するなか、欧米諸国は病院の廊下にまで患者を寝かせて満足な治療ができないでいる。他方、中国は感染拡大阻止に対する中国の貢献に感謝しろと触れ回り、感染拡大に苦しむ国にマスクや人工呼吸器などの医療物資、また医者など専門家を派遣している。
 
これが世界新秩序を睨んでのことであるのは疑いない。世界の勢力図を塗り替えようと手を差し伸べているのである。

米国が“超大国”ではなくなる日

Getty logo

関連する投稿


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

中国は民進党政権を継続させないよう様々な世論工作活動を行った。結果は頼清徳氏の勝利、中国の世論工作は逆効果であったと言える。しかし、中国は今回の工作結果を分析し、必ず次に繋げてくる――。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

数カ月もすると、拘束される人は精神状態がおかしくなり、外に出て太陽の光を浴びるため、すべてのでっち上げられた罪を自白する人もいる。中国当局のやり方が深刻な人権侵害であることは言うまでもない。


最新の投稿


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。