尹美香は嘘つき慰安婦、李容洙の正体を明らかにせよ|邊熙宰

尹美香は嘘つき慰安婦、李容洙の正体を明らかにせよ|邊熙宰

トランプに抱き着いた慰安婦・李容洙の「裏切り」証言により今韓国で武漢コロナ禍以上に注目を集めている挺対協の「内ゲバ」問題――。 韓国国内で批判や脅迫をうけながらも長年この問題を追及し続けてきた韓国保守系サイト・メディアウォッチの記事が注目を集めている。以下、日本語訳して緊急配信③!


慰安婦像前での記者会見、赤いワンピースと革靴を展示、李容洙氏の矛盾した慰安婦の証言を風刺

長い間、慰安婦の歴史歪曲を告発してきたメディアウォッチの邊熙宰代表顧問が、慰安婦像前で李容洙の偽証と尹美香の慰安婦ビジネスを同時に批判する記者会見を開いた。

邊熙宰メディアウォッチ代表顧問(中央)と黄意元代表理事(左端)、チョ・ドクチェ俳優(左から2番目)、ソ・ドンウク顧問(右)が、慰安婦の歴史歪曲に関する記者会見を行なう様子。写真=メディアウォッチ

邊顧問は15日(金)午後2時、ソウル鍾路区の慰安婦像前(栗谷路2路、旧日本大使館)で開催された記者会見で、こう述べた。

「慰安婦出身という李容洙氏が『尹美香狙撃手』に急変したが、李氏は過去30年以上にわたり尹美香氏と挺対協(現・正義記憶連帯)でパートナーシップを組んで、慰安婦問題を国際化させる多大な貢献をした人物だ。しかし、本人の判断で李容洙氏は慰安婦『被害者』ではないとした。李氏の過去30年間の証言を見る時、彼女が『可哀そうな慰安婦ハルモニたち』のイメージとは全く合致しない人生を歩んできたのは確かだ」

李氏は、これまで少なくとも20回は慰安婦としての自身の人生について証言してきたが、証言をするたびに自らの年齢、慰安婦になった理由、慰安婦として活動した期間と年度などがコロコロと変わった。証言が矛盾し辻褄が合わない場合も多く、李氏の慰安婦としての経歴と証言は虚偽ではないかという問題提起は常にあった。

「慰安婦」李容洙氏の矛盾した証言を風刺する赤いワンピースと革靴が、記者会見現場に展示された。写真=メディアウォッチ

邊顧問は、「李氏が1993年の最初の証言当時、赤いワンピースと革靴に魅了され日本人の男について行ったと述べた」として、「(李容洙氏の)最初の証言は、日本軍による強制連行を否定した」と説明した。さらに「しかし李氏は2018年度の証言で、日本軍が背中に刀を突き付けて連行した」と語った。

また、「過去に李氏が慰安所で電気拷問を受け、70人余りの軍人に毎日性的暴行を受けたと証言した」として、「しかし李氏は最近になって中央日報のインタビューで、自分は慰安婦であり性奴隷ではなかったとして、過去の証言をすべて否定した」と、邊顧問は指摘した。

邊顧問は、「このような李氏の正体を、既に30年以上前から最もよく知っていた人物こそまさに尹美香氏」として、「実際に尹氏は、最近、李氏が挺対協財政問題を暴露するとFacebookを通じて「(30年前)私がこのハルモニの最初の電話を受けた際、李容洙氏が言ったのは『私ではなく私の友人が...』という話だった」として、李容洙自身が本当の慰安婦ではない可能性があるという反応を見せていた」と述べた。

邊顧問は「李氏の正体が『偽慰安婦』だと明らかになった時、この問題は李氏ひとりの詐欺劇問題に終わらない」として、「李氏は、近年文在寅大統領のメンターとして君臨、文大統領の紹介でトランプ米国大統領と青瓦台で抱擁までして贅沢を享受してきた」と批判した。

記者会見文を朗読する邊熙宰本紙代表顧問。突然寒くなり雨が降りだしたが、参加者たちは悪天候など気にしなかった。写真=メディアウォッチ

最後に、邊顧問は「尹美香の詐欺と横領関連犯罪を処罰することと、常習ペテン師李容洙の正体、そして日本軍によって強制連行されたという13歳性奴隷、少女像の偽りと詐欺を、我々が進んで明らかにすべき」として、「(それは)大韓民国の国格を最小限に守り抜くことだ」と強調し、記者会見を終えた。

この日の記者会見では、反日銅像真実究明共対委の金柄憲国史教科書研究所所長と『反日種族主義』の著者、チョン・アンギ博士も参加した。金柄憲所長は「偽の慰安婦、李容洙」と「偽慰安婦像」の問題と関連した特別演説を行った。(翻訳/黄哲秀)

[記者会見全文] 尹美香は嘘慰安婦、李容洙の正体を明らかにせよ

李容洙氏が最近記者会見で明らかにした尹美香の専横と、そして挺対協の財政不正などの問題で連日喧しい。国民は李容洙氏を含めた「可哀そうな慰安婦ハルモニたち」に同情し、彼女たちを荒稼ぎのために利用した尹美香と挺対協を批判している。

しかし、この時点でわれわれが真剣に考えるべきことは、まさに「可哀そうな慰安婦たち」というイメージが果たして正当なのか、ということである。「可哀そうな慰安婦ハルモニたち」というイメージは、慰安婦が「日本政府、日本軍によって強制連行され、また性奴隷生活をした」という前提として作られたはずなのに、最近この前提が全く事実ではないという話題が『反日種族主義』など、いくつかの厳正な学術書として本格的に台頭しているからである。

これに関連して、私が特に注目している一人が、まさに「可哀そうな慰安婦ハルモニ」の代表格として君臨してきた李容洙氏だ。慰安婦出身という李容洙氏は「尹美香狙撃手」に急変したが、実際には過去30年余り尹美香氏と挺対協でパートナーシップを組んで慰安婦問題を国際化させる多大な貢献をした人物である。しかし、私は徹底した取材を通して李容洙氏は慰安婦『被害者』ではないと確信した。

李容洙氏が当初、慰安婦生活をしたことが全くないとの指摘も一部であった。私はそこまで深く疑わない。しかし李氏の過去30年間の証言を見るとき、彼女は「可哀そうな慰安婦ハルモニたち」のイメージと全く合致しない人生を生きてきたことは確かだ。

李氏は、1993年度の最初の証言当時、「赤いワンピースと革靴に魅了され、日本人の男について行った「(『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち1』(ハンウル出版社)と述べた。最初の証言で日本軍による強制連行を否定した。しかし李氏は2018年度の証言で、「日本軍が背中に刀を突き付け連行した」(フランス議会)と話して、日本軍による強制連行を叫んでいる。これだけではない。2つの期間の中間に少なくとも20回、李氏の証言は慰安婦になった経緯、年齢、年度、期間など辻褄の合うことが一つもない。

李氏は「慰安所で電気拷問を受けた」、「70人以上の軍人に毎日性的暴行を受けた」としながら性奴隷生活を証言した。しかし李氏は最近の中央日報のインタビューで、自分はただの慰安婦で性奴隷ではなかったとして、過去の証言をすべて否定した。ただの慰安婦としながら、そうであるならば電気拷問を受け、毎日70人以上の軍人に性的暴行を受けたということは嘘なのか。

強制連行でもなく、性奴隷生活でもなければ、李容洙氏の正体は一体何であるのか。そして過去30年間、「元祖Me too」と称賛を受けてきた李容洙氏の証言活動の意味は果たして何だったというのか。

しかも李容洙氏の証言には、13歳の少女をイメージしたここ鍾路慰安婦像の意味を完全に打ち砕くものもある。李氏は最初の証言当時、自身が16歳だったと述べた。女性の中で自分が最も若く、他の女性は18、19、20歳くらいの成人たちだったとした。慰安婦運動のシンボル的存在の李容洙氏が「慰安婦はみんな成人だちだ」というのに、なぜ13歳の少女が慰安婦像のシンボルになったのか。

このような李氏の正体を既に30年以上前から最もよく知っていた人物こそ尹美香氏ある。実際尹氏は、最近の李容洙氏が暴露戦として挺対協財政問題を指摘すると、Facebookを通じて「(30年前)このハルモニの最初の電話を受けた際、李容洙氏が言ったのは『私ではなく私の友人が...』という話だった」として、李容洙自身が本当の慰安婦ではない可能性があるという反応を見せていた。

左派メディアからも衝撃的な関連報道が出た。ハンギョレは5月8日の記事で、李容洙の暴露戦が、実は自身の相次ぐ「偽慰安婦」是非について、尹美香氏が保護をしてくれないことに対する寂しさと関係があることを示唆した。尹美香氏は、少なくとも李容洙氏の正体を知っているという、もう一つの傍証だ。

メディアウォッチはすでに2018年の初め、まるで「リプリー症候群」にかかっているように見える李容洙氏の虚偽の実体を一つひとつ分析する企画記事を掲載したことがある。当時尹氏は、メディアウオッチ側がその記事に対して反論、釈明等を要求したときに、李氏の名誉ではなく挺対協の名誉問題だけ取り上げ懸念する表明に終わった。これも尹氏は、李氏の正体を知っている傍証だ。

尹氏は、これまで李容洙氏を全面に立たせて、夫であるキム・サムソク氏(「兄妹スパイ団事件」の当事者)のための嘆願、接見活動はもちろんのこと、さらにTHADD反対闘争、教学社教科書反対闘争、朴槿恵弾劾闘争などの理念活動、政治活動も共にしてきた。30余年つながってきた同志中の同志である。そんな尹氏が、いざ李氏の核心アイデンティティの問題が台頭して沈黙を守ることなど話にならない。

李容洙氏の正体が「偽慰安婦」として明らかになったとき、この問題はもちろん単に李氏一人の詐欺劇問題に終わるというものではない。李氏はこの数年で、文在寅大統領のメンターとして君臨し、文大統領の紹介でトランプ大統領と青瓦台で抱擁までして、贅沢を味わってきた。

李氏は『I can speak』 という映画のモデルでもある。この映画の背景である米国議会慰安婦証言の問題は今後どのようになり、前述のフランス議会慰安婦証言の問題もまたどのようになるのか。2つの国際社会の公式証言は内容が大きく異なり、海外で先に偽疑惑提起がされることもあり得る。

一日も早く李容洙氏の正体を明らかにして、いまからでも日韓関係破綻の核心である慰安婦問題の結び目を正攻法で解きほぐすこと以外、われわれにできることはない。この結び目さえも他人が解きほぐすことを期待するなら、大韓民国の国格はより墜ちるより他ない。

最後に、今回尹美香氏と李容洙氏の金と権力をめぐる汚れた争いで、私たち国民が学ばなければならないことは、尹美香の詐欺と横領関連犯罪を処罰することに加えて、常習的嘘つき李容洙の正体、そして日本軍によって強制連行されたという13歳性奴隷、少女像の虚偽と詐欺を我々自ら明らかにして、大韓民国の国格を最小限に守り抜くことである。

2020.5.15
邊熙宰メディアウォッチ代表顧問
(翻訳/黄哲秀)

①【偽りの慰安婦、李容洙は「赤いワンピース」と「革靴」の真実を明らかにせよ】
②【日本軍による強制連行、性奴隷、戦争犯罪は全てが嘘!「日本軍慰安婦被害者」という虚偽から正せ】
韓国メディアウォッチのサイトはこちら

邊熙宰

https://hanada-plus.jp/articles/215

週刊『メディアウォッチ』代表顧問。1974年、ソウル生まれ。ソウル大学校人文学部美学科卒業。米陸軍派兵韓国軍(KATUSA)出身。1999年、インターネット新聞『大字報』を創刊。2007年、日本で尹錫瑚プロデューサーとの共著『冬のソナタは終わらない。』を刊行。狂牛病虚偽騒動に憤り、2009年、週刊誌およびインターネット新聞『メディアウォッチ』を創刊。左翼志向のポータルサイト、BS・CS総合編成チャンネル、芸能企画社などの放送権力、文化権力問題を批判し、2013年からは研究真実性検証センターを設立、論文発表など学術権力の問題も告発している。

関連する投稿


慰安婦ハルモニ、すべて、真っ赤な嘘だったのですか?|山岡鉄秀

慰安婦ハルモニ、すべて、真っ赤な嘘だったのですか?|山岡鉄秀

嘘つき VS 嘘つき。元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが、支援団体元代表の尹美香(ユン・ミヒャン)さんを猛攻撃。「30年にわたり騙されるだけ騙され、利用されるだけ利用された!」。これに対して、ユン・ミヒャンさんは「実は本人は慰安婦ではなかった……」と暴露(?)。ふたりの間に、いったい、何があったのか。“偽り”の仮面を捨てて、真実を語ってほしい――。どちらも、だ。


偽りの慰安婦、李容洙は「赤いワンピース」と「革靴」の真実を明らかにせよ|韓国メディアウォッチ

偽りの慰安婦、李容洙は「赤いワンピース」と「革靴」の真実を明らかにせよ|韓国メディアウォッチ

トランプに抱き着いた慰安婦・李容洙の「裏切り」証言により今韓国で武漢コロナ禍以上に注目を集めている挺対協の「内ゲバ」問題――。 韓国国内で批判や脅迫をうけながらも長年この問題を追及し続けてきた韓国保守系サイト・メディアウォッチの記事が注目を集めている。以下、日本語訳して緊急配信①!


日本軍による強制連行、性奴隷、戦争犯罪は全てが嘘!「日本軍慰安婦被害者」という虚偽から正せ|金柄憲

日本軍による強制連行、性奴隷、戦争犯罪は全てが嘘!「日本軍慰安婦被害者」という虚偽から正せ|金柄憲

トランプに抱き着いた慰安婦・李容洙の「裏切り」証言により今韓国で武漢コロナ禍以上に注目を集めている挺対協(現・正義連)の「内ゲバ」問題――。 韓国国内で批判や脅迫をうけながらも長年この問題を追及し続けてきた韓国保守系サイト・メディアウォッチの記事が注目を集めている。以下、日本語訳して緊急配信②!


한국과 대만, 일본은 아시아 반공 자유주의 동맹 구성해야|변희재(邊熙宰)

한국과 대만, 일본은 아시아 반공 자유주의 동맹 구성해야|변희재(邊熙宰)

역사를 돌이켜 보면 일본과 대만이 한국에 얼마나 중요한지는 일목요연하다. 미국 트럼프 정부는 중국을 견제하기 위해 일본, 대만을 중심으로 하는 ‘반공 자유주의 네트워크‘를 구상하고 있는데, 중국에 다가가는 문재인 대통령의 한국은 이 구상에서 완전히 제외되어 있다.이대로는 한국은 확실히 위기에 빠진다. 한국정부가 해야 할 것은 이제까지 대만과 일본에 저지른 외교적 무례부터 바로잡아가야 하는 것이다.


日本と台湾が韓国の生命線 今こそアジア反共自由同盟の結成を|邊熙宰(ピョン ヒジェ)

日本と台湾が韓国の生命線 今こそアジア反共自由同盟の結成を|邊熙宰(ピョン ヒジェ)

歴史を振り返れば韓国にとって日本と台湾がいかに重要かは一目瞭然だ。いまトランプ大統領は中国を牽制するために日本と台湾を中心とする「反共自由主義ネットワーク」を構想しているが、中国にすり寄る文在寅大統領の韓国はこの構想から完全に除外されている。このままでは韓国は確実に危機に陥る。韓国政府がまずすべきはこれまで日本と台湾に犯してきた外交的非礼を糺すことだ。


最新の投稿


【ポストコロナの憲法論】国民の命を守るため緊急事態条項を憲法に明記せよ|加藤伸彦

【ポストコロナの憲法論】国民の命を守るため緊急事態条項を憲法に明記せよ|加藤伸彦

憲法に「緊急事態条項」がない……新型コロナウイルスの感染拡大によって露呈した日本の「国家としての脆弱性」。さらなる感染症の猛威や災害、テロの脅威から国民の命を守るため、憲法に「緊急事態条項」を盛り込むことはもはや待ったなしの状況だ!ポストコロナの憲法論議は国会議員の責務だ!


ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

「日本政府の肝っ玉はネズミより小さい」(李登輝)。日本政府はどこまで中国に遠慮すれば気がすむのか。米国の圧倒的な軍事力と経済力に日本はいつまで依存するのか。「米中関係の守護者」であるヘンリー・キッシンジャーの論考から、ポスト・コロナの世界を読み解く!日本にとってポスト・コロナの世界新秩序は、自由も法の支配もない大国が覇権を握る暗い時代かもしれない――。


【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

中国の全国人民代表大会(全人代)は5月28日、香港での反中活動を取り締まる国家安全法制の導入を決めて閉幕した。香港では、中国の統制が強化されて「一国二制度」が崩壊しかねないとして懸念の声が広がり、今後抗議活動が激しくなることが予想される。『Hanada』2020年7月号では、”民主化の女神”周庭氏に独占インタビューを行い、新型コロナ感染拡大の中で闘う香港の人々について話を聞いた。聞き手はジャーナリストの福島香織さん。今回はそこから一部を抜粋して掲載。日本から香港にもっとエールを!


なべやかん遺産|「半魚人」

なべやかん遺産|「半魚人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「半魚人」!


トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

昨日「Yahoo!ニュース個人」で公開した記事が、まさかの非公開に…。というわけで、編集長が記した「幻の記事」を特別公開!この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。あたかも大罪のようにトバク、トバクと非難する正義面した芸能人に物申す!