尹美香は嘘つき慰安婦、李容洙の正体を明らかにせよ|邊熙宰

尹美香は嘘つき慰安婦、李容洙の正体を明らかにせよ|邊熙宰

トランプに抱き着いた慰安婦・李容洙の「裏切り」証言により今韓国で武漢コロナ禍以上に注目を集めている挺対協の「内ゲバ」問題――。 韓国国内で批判や脅迫をうけながらも長年この問題を追及し続けてきた韓国保守系サイト・メディアウォッチの記事が注目を集めている。以下、日本語訳して緊急配信③!


慰安婦像前での記者会見、赤いワンピースと革靴を展示、李容洙氏の矛盾した慰安婦の証言を風刺

長い間、慰安婦の歴史歪曲を告発してきたメディアウォッチの邊熙宰代表顧問が、慰安婦像前で李容洙の偽証と尹美香の慰安婦ビジネスを同時に批判する記者会見を開いた。

邊熙宰メディアウォッチ代表顧問(中央)と黄意元代表理事(左端)、チョ・ドクチェ俳優(左から2番目)、ソ・ドンウク顧問(右)が、慰安婦の歴史歪曲に関する記者会見を行なう様子。写真=メディアウォッチ

邊顧問は15日(金)午後2時、ソウル鍾路区の慰安婦像前(栗谷路2路、旧日本大使館)で開催された記者会見で、こう述べた。

「慰安婦出身という李容洙氏が『尹美香狙撃手』に急変したが、李氏は過去30年以上にわたり尹美香氏と挺対協(現・正義記憶連帯)でパートナーシップを組んで、慰安婦問題を国際化させる多大な貢献をした人物だ。しかし、本人の判断で李容洙氏は慰安婦『被害者』ではないとした。李氏の過去30年間の証言を見る時、彼女が『可哀そうな慰安婦ハルモニたち』のイメージとは全く合致しない人生を歩んできたのは確かだ」

李氏は、これまで少なくとも20回は慰安婦としての自身の人生について証言してきたが、証言をするたびに自らの年齢、慰安婦になった理由、慰安婦として活動した期間と年度などがコロコロと変わった。証言が矛盾し辻褄が合わない場合も多く、李氏の慰安婦としての経歴と証言は虚偽ではないかという問題提起は常にあった。

「慰安婦」李容洙氏の矛盾した証言を風刺する赤いワンピースと革靴が、記者会見現場に展示された。写真=メディアウォッチ

邊顧問は、「李氏が1993年の最初の証言当時、赤いワンピースと革靴に魅了され日本人の男について行ったと述べた」として、「(李容洙氏の)最初の証言は、日本軍による強制連行を否定した」と説明した。さらに「しかし李氏は2018年度の証言で、日本軍が背中に刀を突き付けて連行した」と語った。

また、「過去に李氏が慰安所で電気拷問を受け、70人余りの軍人に毎日性的暴行を受けたと証言した」として、「しかし李氏は最近になって中央日報のインタビューで、自分は慰安婦であり性奴隷ではなかったとして、過去の証言をすべて否定した」と、邊顧問は指摘した。

邊顧問は、「このような李氏の正体を、既に30年以上前から最もよく知っていた人物こそまさに尹美香氏」として、「実際に尹氏は、最近、李氏が挺対協財政問題を暴露するとFacebookを通じて「(30年前)私がこのハルモニの最初の電話を受けた際、李容洙氏が言ったのは『私ではなく私の友人が...』という話だった」として、李容洙自身が本当の慰安婦ではない可能性があるという反応を見せていた」と述べた。

邊顧問は「李氏の正体が『偽慰安婦』だと明らかになった時、この問題は李氏ひとりの詐欺劇問題に終わらない」として、「李氏は、近年文在寅大統領のメンターとして君臨、文大統領の紹介でトランプ米国大統領と青瓦台で抱擁までして贅沢を享受してきた」と批判した。

記者会見文を朗読する邊熙宰本紙代表顧問。突然寒くなり雨が降りだしたが、参加者たちは悪天候など気にしなかった。写真=メディアウォッチ

最後に、邊顧問は「尹美香の詐欺と横領関連犯罪を処罰することと、常習ペテン師李容洙の正体、そして日本軍によって強制連行されたという13歳性奴隷、少女像の偽りと詐欺を、我々が進んで明らかにすべき」として、「(それは)大韓民国の国格を最小限に守り抜くことだ」と強調し、記者会見を終えた。

この日の記者会見では、反日銅像真実究明共対委の金柄憲国史教科書研究所所長と『反日種族主義』の著者、チョン・アンギ博士も参加した。金柄憲所長は「偽の慰安婦、李容洙」と「偽慰安婦像」の問題と関連した特別演説を行った。(翻訳/黄哲秀)

[記者会見全文] 尹美香は嘘慰安婦、李容洙の正体を明らかにせよ

李容洙氏が最近記者会見で明らかにした尹美香の専横と、そして挺対協の財政不正などの問題で連日喧しい。国民は李容洙氏を含めた「可哀そうな慰安婦ハルモニたち」に同情し、彼女たちを荒稼ぎのために利用した尹美香と挺対協を批判している。

しかし、この時点でわれわれが真剣に考えるべきことは、まさに「可哀そうな慰安婦たち」というイメージが果たして正当なのか、ということである。「可哀そうな慰安婦ハルモニたち」というイメージは、慰安婦が「日本政府、日本軍によって強制連行され、また性奴隷生活をした」という前提として作られたはずなのに、最近この前提が全く事実ではないという話題が『反日種族主義』など、いくつかの厳正な学術書として本格的に台頭しているからである。

これに関連して、私が特に注目している一人が、まさに「可哀そうな慰安婦ハルモニ」の代表格として君臨してきた李容洙氏だ。慰安婦出身という李容洙氏は「尹美香狙撃手」に急変したが、実際には過去30年余り尹美香氏と挺対協でパートナーシップを組んで慰安婦問題を国際化させる多大な貢献をした人物である。しかし、私は徹底した取材を通して李容洙氏は慰安婦『被害者』ではないと確信した。

李容洙氏が当初、慰安婦生活をしたことが全くないとの指摘も一部であった。私はそこまで深く疑わない。しかし李氏の過去30年間の証言を見るとき、彼女は「可哀そうな慰安婦ハルモニたち」のイメージと全く合致しない人生を生きてきたことは確かだ。

李氏は、1993年度の最初の証言当時、「赤いワンピースと革靴に魅了され、日本人の男について行った「(『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち1』(ハンウル出版社)と述べた。最初の証言で日本軍による強制連行を否定した。しかし李氏は2018年度の証言で、「日本軍が背中に刀を突き付け連行した」(フランス議会)と話して、日本軍による強制連行を叫んでいる。これだけではない。2つの期間の中間に少なくとも20回、李氏の証言は慰安婦になった経緯、年齢、年度、期間など辻褄の合うことが一つもない。

李氏は「慰安所で電気拷問を受けた」、「70人以上の軍人に毎日性的暴行を受けた」としながら性奴隷生活を証言した。しかし李氏は最近の中央日報のインタビューで、自分はただの慰安婦で性奴隷ではなかったとして、過去の証言をすべて否定した。ただの慰安婦としながら、そうであるならば電気拷問を受け、毎日70人以上の軍人に性的暴行を受けたということは嘘なのか。

強制連行でもなく、性奴隷生活でもなければ、李容洙氏の正体は一体何であるのか。そして過去30年間、「元祖Me too」と称賛を受けてきた李容洙氏の証言活動の意味は果たして何だったというのか。

しかも李容洙氏の証言には、13歳の少女をイメージしたここ鍾路慰安婦像の意味を完全に打ち砕くものもある。李氏は最初の証言当時、自身が16歳だったと述べた。女性の中で自分が最も若く、他の女性は18、19、20歳くらいの成人たちだったとした。慰安婦運動のシンボル的存在の李容洙氏が「慰安婦はみんな成人だちだ」というのに、なぜ13歳の少女が慰安婦像のシンボルになったのか。

このような李氏の正体を既に30年以上前から最もよく知っていた人物こそ尹美香氏ある。実際尹氏は、最近の李容洙氏が暴露戦として挺対協財政問題を指摘すると、Facebookを通じて「(30年前)このハルモニの最初の電話を受けた際、李容洙氏が言ったのは『私ではなく私の友人が...』という話だった」として、李容洙自身が本当の慰安婦ではない可能性があるという反応を見せていた。

左派メディアからも衝撃的な関連報道が出た。ハンギョレは5月8日の記事で、李容洙の暴露戦が、実は自身の相次ぐ「偽慰安婦」是非について、尹美香氏が保護をしてくれないことに対する寂しさと関係があることを示唆した。尹美香氏は、少なくとも李容洙氏の正体を知っているという、もう一つの傍証だ。

メディアウォッチはすでに2018年の初め、まるで「リプリー症候群」にかかっているように見える李容洙氏の虚偽の実体を一つひとつ分析する企画記事を掲載したことがある。当時尹氏は、メディアウオッチ側がその記事に対して反論、釈明等を要求したときに、李氏の名誉ではなく挺対協の名誉問題だけ取り上げ懸念する表明に終わった。これも尹氏は、李氏の正体を知っている傍証だ。

尹氏は、これまで李容洙氏を全面に立たせて、夫であるキム・サムソク氏(「兄妹スパイ団事件」の当事者)のための嘆願、接見活動はもちろんのこと、さらにTHADD反対闘争、教学社教科書反対闘争、朴槿恵弾劾闘争などの理念活動、政治活動も共にしてきた。30余年つながってきた同志中の同志である。そんな尹氏が、いざ李氏の核心アイデンティティの問題が台頭して沈黙を守ることなど話にならない。

李容洙氏の正体が「偽慰安婦」として明らかになったとき、この問題はもちろん単に李氏一人の詐欺劇問題に終わるというものではない。李氏はこの数年で、文在寅大統領のメンターとして君臨し、文大統領の紹介でトランプ大統領と青瓦台で抱擁までして、贅沢を味わってきた。

李氏は『I can speak』 という映画のモデルでもある。この映画の背景である米国議会慰安婦証言の問題は今後どのようになり、前述のフランス議会慰安婦証言の問題もまたどのようになるのか。2つの国際社会の公式証言は内容が大きく異なり、海外で先に偽疑惑提起がされることもあり得る。

一日も早く李容洙氏の正体を明らかにして、いまからでも日韓関係破綻の核心である慰安婦問題の結び目を正攻法で解きほぐすこと以外、われわれにできることはない。この結び目さえも他人が解きほぐすことを期待するなら、大韓民国の国格はより墜ちるより他ない。

最後に、今回尹美香氏と李容洙氏の金と権力をめぐる汚れた争いで、私たち国民が学ばなければならないことは、尹美香の詐欺と横領関連犯罪を処罰することに加えて、常習的嘘つき李容洙の正体、そして日本軍によって強制連行されたという13歳性奴隷、少女像の虚偽と詐欺を我々自ら明らかにして、大韓民国の国格を最小限に守り抜くことである。

2020.5.15
邊熙宰メディアウォッチ代表顧問
(翻訳/黄哲秀)

①【偽りの慰安婦、李容洙は「赤いワンピース」と「革靴」の真実を明らかにせよ】
②【日本軍による強制連行、性奴隷、戦争犯罪は全てが嘘!「日本軍慰安婦被害者」という虚偽から正せ】
韓国メディアウォッチのサイトはこちら

邊熙宰

https://hanada-plus.jp/articles/215

週刊『メディアウォッチ』代表顧問。1974年、ソウル生まれ。ソウル大学校人文学部美学科卒業。米陸軍派兵韓国軍(KATUSA)出身。1999年、インターネット新聞『大字報』を創刊。2007年、日本で尹錫瑚プロデューサーとの共著『冬のソナタは終わらない。』を刊行。狂牛病虚偽騒動に憤り、2009年、週刊誌およびインターネット新聞『メディアウォッチ』を創刊。左翼志向のポータルサイト、BS・CS総合編成チャンネル、芸能企画社などの放送権力、文化権力問題を批判し、2013年からは研究真実性検証センターを設立、論文発表など学術権力の問題も告発している。

関連する投稿


慰安婦「正義連」告発は文政権に致命的打撃|鄭炳喆

慰安婦「正義連」告発は文政権に致命的打撃|鄭炳喆

2020年5月、元慰安婦の李容洙が会見を開いた。その内容は、「正義記憶連帯」(通称「正義連」、韓国挺身隊問題対策協議会〈挺対協〉の後継団体)と、その元理事長の不正疑惑、資金流用疑惑告発という衝撃的なものだった。一体何が起こったのか。現地韓国のジャーナリストが徹底解説!(初出:月刊『Hanada』2020年8月号)


韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

月刊『Hanada』8月号に掲載した柳錫春(延世大学教授)の「でっちあげられた『慰安婦事件』」という「独占手記」が韓国内で問題視されており、韓国メディアが一斉に弊誌を誹謗中傷。「極右思想家である花田紀凱」「本人名義で発行する」「日本の極右月刊誌」と言われたのには驚いた!


自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

“詐欺師”と“詐欺師”の痴話喧嘩で、積もり積もった嘘と不正がついに噴出!元慰安婦支援団体「挺対協(現・正義連)」とはいったいどんな組織なのか。北朝鮮との関係、日本社会党との秘密会談、「挺対協」結成の経緯が改めて明らかに。銭ゲバたちによる“慰安婦像ビジネス”はもう終わりにすべきだ。


연세대 발전사회학(發展社會學) 강의 징계 전말(顚末)|류석춘 (연세대 교수·사회학)

연세대 발전사회학(發展社會學) 강의 징계 전말(顚末)|류석춘 (연세대 교수·사회학)

한국의 명문・ 연세대 류석춘 교수가 수업 중에 한 발언이 큰 논란이 되고 한국에서 사회 문제로 발전!와중의 류 교수가 월간 『Hanada』에 완전 독점수기를 기고. 한국에서 보도되지 않는 발언의 진의, 정론 · 사실을 봉살하고 발언자의 존재 자체를 말살하려는 한국 사회의 이상한 실태를 고발! 한일 전 국민 필독!


暴露された慰安婦支援団体の偽善|西岡力

暴露された慰安婦支援団体の偽善|西岡力

元慰安婦の李容洙氏が支援団体の元代表、尹美香氏を寄付金使途不明などで激しく批判したことを契機に、不正会計、寄付金横領疑惑、活動の政治利用などが連日暴露され、ついに検察が本格的捜査に入った。ついに韓国でも真実の力がウソを打ち破る日が来るのか――。


最新の投稿


日本でも進む習近平の『目に見えぬ侵略』|クライブ・ハミルトン

日本でも進む習近平の『目に見えぬ侵略』|クライブ・ハミルトン

菅総理に伝えたい習近平の手口。中国の報復を恐れ出版停止が相次いだ禁断の書『目に見えぬ侵略』の著者が緊急警告!中国人による多額の献金、中国のエージェントと化した国会議員――オーストラリアで行われたことは日本でも確実に進行中だ!日本よ、目を醒ませ!


「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

立憲民主党と国民民主党と野合によって「帰ってきた民主党」が誕生。このあとに来るのは、共産党、社民党などとの国政における選挙協力だ。日本を破滅させる「新・立憲民主党」に国民の支持は到底集まらない。今こそ国民民主党の残留組が日本維新の会と提携するなど新たな改憲勢力を形成すべき時だ!


花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。第10回は、「階段の手すりでくつろぐKIKI」です。


中国は安全保障上の脅威|岩田清文

中国は安全保障上の脅威|岩田清文

中国に対して「懸念」という段階は過ぎている!米国防総省は9月1日の中国軍事力に関する報告書において、中国海軍の艦艇数は既に米海軍を凌駕したと述べた。このまま米中の軍事バランスが中国有利に推移していけば、中国による尖閣領有の既成事実化は間違いなく阻止できなくなる。


「菅義偉総理」待望論|小川榮太郎

「菅義偉総理」待望論|小川榮太郎

心にぽっかり空いた穴――。安倍総理辞任の報道を受けて、多くの人たちが同じような気持ちになったのではないだろうか。しかし、この国はいつまで“安倍依存症”を続けるつもりなのだろう――。「米中激突」で世界がより不安定になるなか、感傷に浸っている時間はない。6月の時点で「『菅義偉総理』待望論」を打ち上げたのはなぜなのか、その理由がついに明かされる!