「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


腐敗の特徴②

そこで出てくるのが中国流腐敗文化のもう一つの特徴だ。汚職は何も権力者一人でやっているものではなく、むしろ家族ぐるみの汚職が多い、ということである。  

たとえば前述の周永康の場合、本人の汚職には妻の賈暁曄と息子の周濱が深くかかわっていた。周永康の「収賄代理人」となっているのは妻の賈暁曄であり、息子の周濱は別途、父親の権力を笠に着て不正の蓄財に励んでいた。郭伯雄の場合、妻の何秀蓮はもとより、息子の郭正鋼・浙江省軍区元副政治委員、妻の呉芳芳もその共犯者である。  

そして、ここに名前が挙がっている全員が現在、刑務所に収監されている。中国ネット民の皮肉な言い方からすれば、「彼らはいま、刑務所で毎日の一家団欒を楽しんでいる」。  

こうした家族ぐるみの腐敗は、中国で「全家腐」と呼ばれている。夫が幹部なら、その妻と子供がグルになって一家総出で腐敗行動に走るのは中国では普通だ。時には直系家族だけでなく、幹部の親族一同、あるいは幹部の妻の親族一同が皆、幹部一人の権力に群がって甘い汁を吸うことはよくある。つまり、腐敗汚職が一家総出の「家業」となっているのだ。だからこそ、金額がとてつもなく大きくなるのである。

腐敗が一家総出の「家業」となる

中国の腐敗文化の最大の特徴が、中国人自身のいう「全家腐」であることがよく分かる。そして、政治家による家族ぐるみ腐敗、汚職の一般化は、中国独特の現象といえよう。  

たとえば日本の場合、前述の田中角栄が起訴されたとおりに5億円の収賄を実際に行ったとしても、それは政治資金を作るための収賄であって、本人の家族のための収賄ではない。田中角栄の家族に関していえば、角栄に「三つ約束」をさせたことで有名な正妻のハナさんは、夫人としての慎ましさこそが賞賛されており、角栄の権力を利用して何らかの利益を得ようとする人では決してなかった。  愛嬢の眞紀子さんにしても、父親の権力を利用して「収賄」をしたというような話は一切聞かない。当時では日本一の権勢を誇った田中角栄の一家は、どう考えても中国流の「全家腐」とは無縁である。  

ではなぜ、中国において、「全家腐」が突出するのか。なぜ中国人の家族は、汚職に一家揃って手を染めるのか。悪人幹部の一人ひとりではなく、その幹部の家族全員が揃いも揃って悪人となって悪事を働くようなことが、なぜ普通のこととなっているのだろうか。  

実は、まさに上記のような疑問への回答にこそ、中国人の道徳観と行動原理を理解するための最大のカギがある。それについて、本欄の次回で読者の皆様に克明に解説する。(初出:月刊『Hanada』2021年1月号)

中国の電撃侵略 2021-2024

関連する投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

先週、中国が占領下に置いているウイグルの砂漠地帯に、自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)の模型が設置されていることが衛星写真で判明した。中国の狙いは何か。台湾をはじめとするアジアの平和を守るために日本がすべきことは何か。日本はいま、大きな岐路に立っている――。


最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!