岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

「このままでは先島諸島の防衛は不可能」……元陸自トップが衝撃の告白。37年間の自衛隊勤務経験に基づく豊富な事例と教訓から、自衛隊という組織と人に本気の改革を迫る一冊。「新しい戦争」の世界的変化についていけない日本人に向けて、ハイブリッド戦による侵略の脅威を完全解説した本書の書評です。


中国、日本侵攻のリアル

台湾総統選をめぐるもう一つの戦い

12月14日、台湾総統選挙の選挙戦が始まった。一月十一日の投開票日に向け、候補者同士の対立はもちろんのこと、もう一つの「戦い」も激化する。

現総統で次期選挙の候補者でもある蔡英文は12月19日、「中国が『毎日のように』台湾の総統選に介入し、圧力をかけ、威嚇し、台湾の民主主義にダメージを与えようとしている」と批判している。
(ロイター https://jp.reuters.com/article/taiwan-election-idJPKBN1XT2G2

台湾総統選に対する中国の「圧力」と言えば、一九九六年の「第三次台湾危機」を想起する方も多いだろう。中国は選挙直前に台湾の港に向けてミサイル発射実験を実施。「民主化と台湾独立を志向する李登輝に投票すれば戦争が起きる」と台湾国民を脅したのだ。

今回はまだ表立った軍事行動はとっていない中国だが、その分、台湾に対する圧力や威嚇は形を変えた方法で行われている。それがサイバー領域での「攻撃」であり、台湾国民の世論に直接影響を与えようとする「浸透工作」だ。

すでに、「中国の元スパイ」であると告白し、オーストラリアへの亡命を求めている中国人男性が、台湾総統選への中国の介入を告発してもいる。中国が親中派候補の当選を後押しする情報戦を展開しているというのだ。
(ニューズウィーク日本版 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/post-13518.php

その影響は計り知れないが、問題はそのような工作を行っても中国の思惑通りに事が運ばなかった場合、中国がどのような行動に出るかだ。

中国が「ハイブリッド戦」で台湾併合を目論む

陸上自衛隊で陸上幕僚長を務めた岩田清文氏は、『中国、日本侵攻のリアル』(飛鳥新社)で「台湾総統選後の中国の狙い」に警鐘を鳴らす。

間もなく行われる台湾総統選を期に、中国がサイバー領域や浸透工作と言った非軍事的手段と軍事的手段を掛け合わせた「ハイブリッド戦」によって「台湾併合」を目論む行動に出るのではないか、と指摘。時系列を明らかにした侵攻シミュレーションを行っているのだ。その一部を紹介したい。

〈一月十一日、台湾総統選で民主派・独立派のS総統が勝利→直後から台湾国内の反対デモ、SNSでの不正選挙を指摘する投稿が拡散され、台湾は騒擾状態に。

一月十二日、台湾国内でテロ発生。さらなるテロ予告も行われ、台湾政府は軍に指示を出すも、軍事基地間の通信が妨害されて混乱。

一月十三日、台湾政府が利用する情報通信衛星が中国のものとみられるミサイル攻撃を受け機能停止。SNSでは「中国の軍事攻撃を前に、総統らが国外逃亡を企てている」といったフェイクニュースが飛び交い、台湾国民の混乱は極まる。その後、S総統が行方不明に――。〉(同書第二章「シナリオⅠ 台湾へのハイブリッド侵攻・解説)

このシナリオは岩田氏が自衛隊最高幹部としての経験や知識から「実現が懸念されるシミュレーション」として提示するものだ。中国の台湾侵攻に際しては、サイバー領域だけでなく、通信の妨害や衛星の破壊と言った宇宙空間での攻防さえも考慮しなければならない。

まさにサイバー・宇宙・電磁波領域に及ぶ「新しい戦争」のシナリオだが、実は前例がある。2014年に起きたロシアによるクリミア併合とウクライナ侵攻だ。

関連する投稿


多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

「一族中心主義」と並んで、実は多くの中国人を動かすのにもう一つの伝統の行動原理がある。それは「実利中心主義」である。日本人と同じ価値観で中国人に接すると必ずや手痛い目にあう!


米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

バイデン政権が掲げる国際協調、国際機関重視が、台湾をいかなる場合でも排除しようとする北京の策動を黙認することを意味するなら、独裁体制との戦いという時代の要請に逆行する。


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(下)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(下)|石平

中国共産党幹部は大半が幹部本人だけでなく一家全員がグルとなって腐敗に励む(全家腐)。一体なぜなのか?それを理解する一つのカギが、中国古来の「宗族」という家族制度にある。「宗族中心主義」を知らずして中国はわからない。


菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権の支持率が下がり続けている。報道各社の1月の世論調査で菅政権を支持しない「不支持率」が支持率を相次いで上回った。 その要因はいったいどこにあるのか――。 菅政権が進める“入国フリー政策”の闇を徹底批判!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


最新の投稿


多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

「一族中心主義」と並んで、実は多くの中国人を動かすのにもう一つの伝統の行動原理がある。それは「実利中心主義」である。日本人と同じ価値観で中国人に接すると必ずや手痛い目にあう!


Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

トランプ支持者を一括りに「陰謀論者」と決めつけ、危険な「カルト集団」と見なして排除しようとすることは、実に危険で馬鹿げた行為だ。敵とみなす人々を一緒くたにし、レッテル貼りして糾弾するやり方は「ネーム・コーリング」という伝統的なプロパガンダの手法である。「デマはどのように拡散されたのか」のリサーチを行い、「Jアノン認定」も行った、コーネル大学のモア・ナアマン教授にその真意を問う!


韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

北朝鮮は敵でない、中国は戦略的協力同伴者と定める一方で、「韓国軍にとって協力への障害があるのは、世界で日本だけ」―日本を敵国認定した韓国国防白書。文政権下の韓国が今どこへ向かおうとしているのが一目瞭然だ。


英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母部隊の東アジア来航時、これにドイツ海軍のみならずフランス海軍も加わったら、英仏独というNATO主要海軍国が揃い踏みすることになり、クアッド(日米豪印4カ国)との共同訓練で中国に対しては強烈なメッセージを発することができる。


あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。