「伊藤詩織」は性被害者なのか【シリーズ第2弾】|小川榮太郎

「伊藤詩織」は性被害者なのか【シリーズ第2弾】|小川榮太郎

「伊藤詩織」シリーズ第2弾!月刊『Hanada』11月号(完売御礼!)で、大反響を呼んだ小川榮太郎氏の「『伊藤詩織』は性被害者なのか」の完全版がついに公開!性暴力に抗議する「フラワーデモ」で、突如、「同意のない性行為はレイプ」との見解を述べた伊藤詩織氏。彼女は根っからの大嘘つきなのか、それとも、ただの操り人形なのか。真っ黒な女王とそれに群がる面々の「嘘」が次々に暴かれる――。


シリーズ第1弾!性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体

毎日新聞

あの時と同じ服――伊藤詩織という「偶像」

悪魔に魂を売ったとは、こういう人たちのことを言うのであろう。
 
9月11日付の日刊スポーツの記事に、私は心底、人間としての絶望と嫌悪を覚えた。言うまでもなく、日刊スポーツは朝日新聞系列のスポーツ紙だ。

〈ジャーナリスト伊藤詩織さん(30)が11日、都内で行われた性暴力に抗議する「フラワーデモ」に、約4年前に性暴力被害を受けた当時、着ていた服を、その時以来、初めて着用して参加した。
伊藤さんは、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)から15年4月に性的暴行を受けたとして、損害賠償を求めた民事訴訟を起こしている。【村上幸将】〉
 
記事の全てが常軌を逸している。

「ジャーナリスト」と書いているが、そもそも伊藤氏は性被害者の役柄を演じる以外、何かジャーナリストと呼べる仕事をしているのか。彼女を「ジャーナリスト」と呼称することにより、彼女の主張に正当性を感じさせるための確信犯的な肩書の付与ではないのか。

が、それはこの記事に限らない。伊藤氏支援者全てに共通するプロパガンダへの無恥な加担である。何よりの驚きは、この記事が伊藤氏が「性暴力被害を受けた」と断定している点だ。伊藤氏が山口氏を告発したこの件は、刑事訴訟としては不起訴になっている。

第1弾に詳しく書いたように、伊藤氏の主張には、第3者の証言や物証、カルテも1つも存在しない。

それどころか、彼女の主張を否定する証人、監視画像、カルテは多数残っているうえ、言い分そのものがコロコロ変わり、そもそも彼女が本当はどんな被害にあったと主張したいのかが分からないのである。
 
山口氏を難ずる人たちは、山口氏への逮捕状が執行される直前に上層部からの圧力で執行が停止となったのは怪しい、山口氏が安倍晋三首相をはじめとする政権幹部と親しいから事件が揉み消されたのではないかという、根拠のない主張を繰り返している。

だが、話は逆なのだ。物証がなく、証言の信憑性の全く定かでない伊藤氏の訴えで、なぜ、事が逮捕状の請求まで進んでしまったのかのほうこそが、寧ろ問われるべきであろう。

反論しない、おかしな面々

毎日新聞

伊藤氏の著書『Black Box』(以下BB)によると、伊藤氏は担当の捜査官から詳細な捜査情報を数多く聞かされている。事実なら、言うまでもなく警察官として違法行為、それも警察の信用の根幹にかかわる情報漏洩だ。

刑事事件が成立しなかったのは当然であろう。それを、日刊スポーツの記事は性暴力が実際にあったとの前提で山口氏の実名まで出している。
 
刑事事件として山口氏の無罪は確定したのだから、性暴力の犯罪者だとの前提で山口氏の名前を出すのは名誉毀損、人権侵害そのものである。
 
さらに「民事訴訟で訴えた」とあるが、その訴状の中身がどれほど杜撰かは、第1弾で詳細に論じた。
 
ところが、その私の論考も、並行して出した「ファクトチェック」動画4編も、多大な反響を呼んだにもかかわらず、伊藤氏側も、『週刊新潮』をはじめ、山口氏を貶める大々的なキャンペーンを張ってきたメディアも、今日まで全く音無しの構えだ。

1つとして有意な反論、反証もなければ、私に対する取材も1件もない。

私にとっては、朝日新聞による5,000万円訴訟、『新潮45』廃刊事件などで毎度の経験だからいまさら驚きもしないが、攻撃するだけ攻撃はするが、反証に対しては黙殺し、主流メディアも週刊誌も取材さえせずに、私の反証そのものをなかったことにする異様な言論状況の、これもまた一環であるのは明らかだろう。
 
では、私への反論が一切ないまま公に顔を出した伊藤氏は、フラワーデモで何と発言したのか。
 
伊藤氏はマイクを手にすると、
「今日、一番話したいことは、同意についてです」と切り出したという。
 
私は椅子から転げ落ちそうになった。

伊藤氏は、最初の刑事訴訟で準強姦=つまり寝込んでいたところを山口氏に姦淫されたと主張して不起訴になったあと、現在進行中の民事訴訟では、山口氏から強姦、暴行、傷害致死未遂の数々の暴力を受けたと主張しているのである。

一連の過程において、性交渉における同意が争われたことは1度としてない。準強姦にせよ強姦にせよ、同意の有無以前の話だからである。
 
伊藤氏はいつから「暴行・強姦」の被害者から、同意の有無を争うことに話をすり替えたのか。

私が「虚偽」と断定した「山口氏の強姦、暴行、傷害致死未遂」はどこに消えたのか。

同意のない性行為はレイプ

「現在、英国に拠点を置くという伊藤氏は、性暴力を受けた被害者の女性が、裁判で黒い下着などを着けていたから同意のうえ性交渉をしたんだろうと糾弾されるのが、国内外における現状だと指摘した。そのうえで『どんな服、下着であっても絶対に、それが同意になるわけはないです。どんなに飲んでも、どんな場所に行っても、どんな時間に歩いていても、それは性的同意とは見られない』と訴えた」(日刊スポーツ)
 
馬鹿馬鹿しい。
 
派手な下着も過度の飲酒も、それだけで一意的な性的同意に当たるわけはないに決まっているではないか。私も、また法廷における山口氏側弁護人も、下着や飲酒を性的同意の証拠だ、などという主張は微塵もしたことはない。

なぜなら、彼女の側が同意を主題にしたことなど1度もないからだ。
 
伊藤氏は、このスピーチでスウェーデンの例を持ち出したようだ。スウェーデンに限らず、EUではすでに10カ国で明確な同意のない性行為をレイプとみなす何らかの法制定がなされている。
 
このこと自体、人類が長年作り上げてきた法理と常識からみれば、人類の辿り着いた病理と言うべき異常事態だが、背景には移民政策による有色人種系の犯罪、集団暴行、宗教間の性意識の違いによる強姦の多発など、EUにおける性被害の深刻な実態がある。
 
それでも私は疑問に思う。寧ろ、悪質な性暴力を真に予防するには、曖昧で反証可能性に欠ける同意条項の制定よりも、凶悪な性暴力に対する極刑の強化のほうが、遥かに意味があるのではないか。
 
ヨーロッパで、夫婦間でさえ性交渉の同意の有無が問われ、強姦としての告発が多発するようになっているのは、女性の人権の拡張として喜ぶべきことでは到底ないだろう。

女性側が同意なき性交渉をされたと主張さえすれば、物証も状況証拠もなくとも強姦の認定になるとすれば、どのような無理な訴えも可能になる。

私の見知らぬ女が、同室した証拠さえないのに、ある時間ある家屋に連れ込まれ強姦されたといきなり私を訴えた時、監視カメラもアリバイもなければ、私にはそれを否定する根拠はない。

「人権」という名の欺瞞

そこまで拡張された「人権」は、最早暴力と専制に他ならない。

よりによって生物の根幹である「性」が、近代の法と道徳の基本を破壊する反証不可能な犯罪の対象となったとすれば、人類の存続そのものが問われ始めていると言ってさえよいだろう。男性の暴力性がそこまで放置されてきたのはなぜかを含め、根はあまりにも深い。
 
移民の犯罪の激増、男性の暴力性、合意形成の破綻……。
 
だが伊藤氏の場合、彼女が「性被害者」として、のこのこと人前に登場してスウェーデンの例を持ち出すこと自体が、許されざる不道徳、恥知らずという他はないのである。
 
なぜか。
 
被害を主張する彼女の信憑性そのものが全く担保されていないからだ。
 
彼女が今日まで証言してきたことのほとんど全ては「嘘」である。
 
彼女の証言は、実証や合理的推論で「嘘」だと証明できることばかりで構成されている。
 
そのような女性が、ただ1点、性的同意の有無という、厳密には当人同士にしかわかりようのないことについてのみ真実を語っているのだから信じろ、とある日突然言い始めて、どうして信じられようか。

「嘘」のオンパレード

実際、彼女がここまで証言してきた発言内容がどれほどであったかを、以下に一覧する。

◯伊藤氏の主張:山口氏とともに飲食した店でビザや仕事の話を山口氏は全然してくれなかった(『BB』47~48頁)→小川による検証:「とよかつ」店主によると、しつこいほどビザの話が出ていた。あまりにしつこいのでよく覚えている。

◯酒量は「たった数杯と2~3合のお酒で意識を失うことはあり得ない」(『BB』68頁)。→民事訴状では1軒目ではワイン1杯、2軒目で2合ほど→訪問店二店舗の主人の証言では、1軒目でビール、梅しそサワー、ワイン数杯、2軒目で日本酒6、7合。

◯酒とドラッグに関する証言は再三変わっている。
・刑事訴状では、山口氏が「酔いのため意識不明の状態に陥れて抗拒不能にさせた」と、意識を失った理由を酒量に依拠。
・『BB』92頁では「この程度の酒量では意識を失わない」という主張を根拠に、ドラッグが使用されたと思うと主張。
・民事訴状では、「2軒目の鮨屋に移動後、日本酒2合程を飲んだだけだったが、2度目のトイレに立ったあと頭がくらくらし、蓋をした便器に腰掛けて休んだきり、その後の記憶が翌朝強姦に遭っているところまで途切れた」とあるが、ドラッグについては一切記載せず→伊藤氏は数カ月間可能なドラッグの毛髪検査さえ1度も受けていない。一方、状況証拠から山口氏がドラッグを服用させることはほとんど不可能だ。そのうえ伊藤氏の証言では、山口氏は午前5時、薬が切れている状況で伊藤氏を強姦したことになり、ドラッグを使用する意味がない。

〇監視画像について「歩くこともできず抱えられて運ばれる私の姿を、ホテルのベルボーイが立ったまま見ていた」(『BB』79頁)→監視画像の伊藤氏は泥酔状態と思われるが自ら歩き、山口氏は手を添えてもいない。

◯山口氏暴行による膝の大怪我を主張:民事訴状では、「事件後、原告は右膝の痛みを感じており、平成27年4月5日に友人と会った際には、痛みのために歩行が困難な状況となっており(略)整形外科に行ったところ、『凄い衝撃を受けて、膝がずれている。手術は困難だし、完治まで長い時間がかかる』と言われ、『右膝内障、右膝挫傷』との診断を受けた」→監視カメラ画像は平常の大股、スマートフォンを操作しながらピンハイヒールで力強く歩行している。しかも整形外科のカルテによれば、レントゲン検査、痛みを緩和する処方も一切なし。

◯数日間に及ぶサポーター装着:民事訴状では、「その後膝の痛みのために、数カ月間にわたってサポーターをつけて生活することとなった。」→整形外科での処方なし。再診もなし。

◯山口氏の暴行による全身の痣を主張する(『BB』74~75頁)→5日後の警察への被害届の際には暴行への言及なし。刑事告訴状でも、準強姦より遥かに立件が容易な傷害に全く触れず。

◯乳首からの出血→唯一洗濯していなかったブラジャーを警察に提出するも、鑑定結果から血液反応の報告なし。

◯午前5時台にレイプと暴行を受けたと主張→宿泊した部屋は、ドアから室音が筒抜けで、5メートル先にラウンジ、7メートル先にエレベーターホール、10メートル先に従業員室があり、早朝には新聞配達がある。暴行の室音や叫び声の証言はゼロ。

◯伊藤氏はピル服用後3日間の出血による不妊を産婦人科で確認のあと、山口氏に再三「妊娠の恐怖に怯えている」との脅迫メールを送信している(裁判所提出資料の診断書とメール記録の日時を突合することで判明)。

新しい「性被害者」の誕生

要するに、伊藤氏が証言する山口氏による強姦・傷害事件は狂言だったのである。
 
その彼女が、第1弾(月刊『Hanada』10月号)と一連の「ファクトチェック」動画での私による異議申立てに一切反証せぬまま、「性的同意」の有無を語る新しい「性被害者」として公の場に登場したわけだ。
 
卑怯千万と言う他はない。ここまで散々山口氏について強姦暴行犯罪者という致命的な悪評を流布しておいて、それらが反証された途端、それを黙って引っ込め、実証不可能な同意の有無を言い立て始める。

一体、どちらが本当なのか。
 
山口氏は強姦、暴行の凶悪犯罪者だったのか。それとも、そんなことは一切なく性的同意があったかなかったかだけが問題だったのか。
 
伊藤氏は「性被害者」の役割を演じ続ける前に、この点をはっきりさせなさい。
 
伊藤氏は「性被害者」を演じるだけだから気軽かもしれないが、山口氏はその間、凶悪な「性暴力加害者」との風評を世界中で受け続けねばならないのだ。
 
が、伊藤氏やその支援者らに、そんな言葉は届きようもないのであろう。
 
伊藤氏の驚きの豹変に先立ち、伊藤氏の弁護人である角田由紀子氏の長大な独占インタビューが、9月6日付の朝日新聞オピニオン欄に掲載された。
 
題して『性暴力が無罪になる国』。
 
その一節に、「ジャーナリストの伊藤詩織さんが実名で『性被害を受けて警察に届けたのに不起訴にされた』と告発し」と出てくる。
 
性暴力を糾弾する正義の人は、こういう嘘をついてはいけないだろう。
 
伊藤氏は「性被害を受けて警察に届けたのに不起訴にされた」ことを告発したのではなく、「山口氏に強姦、暴行の数々の凶悪犯罪行為をされた」と告発したのである。
 
この角田氏の1面記事が掲載される10日前に、私は第1弾(月刊『Hanada』10月号)で、伊藤氏の主張を虚偽だと検証している。この角田氏の記事の1面全面掲載も、伊藤氏のフラワーデモ出席での発言も、私の本誌論文への反応であろう。
 
だが、彼女たちは直接の言及・反証は一切しない。具体的な疑問の提示は黙殺して、伊藤氏は「性的同意の有無」に話をすり替え、弁護人の角田氏は「警察が不起訴にしたことを告発した」ことに話をすり替えている。

伊藤詩織を従軍慰安婦と同列視

日本共産党
『赤旗』の広告塔、角田由紀子弁護士

性暴力を糾弾する正義の人は、具体的な反証者を黙殺して、自説を都合よく垂れ流してくれる大手メディアとグルになって議論をすり替えるような詐欺行為をしてはならないだろう。
 
もっとも、角田氏のインモラルな姿勢は確信犯のようである。角田氏は、8月1日に行われた伊藤詩織氏を応援する会で次のような発言をしているからだ。

「被害者のAさんではなくて、このケースだと伊藤詩織ですというふうに言うことがどれだけ説得力を持つかというのは、91年の韓国の元従軍慰安婦だったキム・ハクスンさんがね、最初に名乗り出たでしょう? あのインパクトですよ。それまでは、そんな人いないというふうに言われていたんだけども、彼女が出てきて『いいえ私です』というふうに言ったことでね、世界が揺らいだってことがあったと思うんですね」

角田氏が例に出した元従軍慰安婦のキム・ハクスン氏は強制連行されておらず、証言がコロコロ変わることで、寧ろ支援者内で問題視された人物だ。
 
だがそれ以前に、従軍慰安婦の強制連行説は朝日新聞自身の誤報であり、朝日新聞への国民の不信を決定づけた事件ではないか。

いま、現に深刻な被害者が多数出ている「性暴力」問題の弁護に当たって、従軍慰安婦問題を持ち出すなど不適切も甚だしくはないか? 両者を結び付けたが最後、多くの日本人はこう思うだろうからである。

「性暴力の訴えと従軍慰安婦が同じ話なんだって? じゃあ、証拠もないのに日本を貶めるメディアのキャンペーンなんだな。真面目に聞く気がすっかり失せたよ」

怪しげな文書でも証拠に?

性暴力被害は生涯にわたる残酷な傷となる。真摯に向き合い、国民にその残忍性を共有させるべき大切な主題だ。
 
なぜそうした主題を、よりによって虚偽のキャンペーンの代名詞とさえなっている従軍慰安婦問題と結びつけるのか。それが、どれほど真の性被害者への理解や同情を妨げることになるか、この人は気づいていないのだろうか。
 
だが、角田氏の発言における極めつきは次の一節であろう。

「刑事事件でやったら、これはなかなか勝ち目がないというような事件たくさんあるわけですね、本件もそうだと思うんですけども、そういう場合には、じゃあ法的な救済がゼロかというとそうではなくて、もうちょっと緩やかな民事裁判で損害賠償を払わせるという形で責任追及することはできるという、こういう関係になっております。
 
なんだか怪しげな文書であってもですね、民事事件では証拠になりうるということなんです。誰が作ったかわからないという、作成者の名前がはっきりしない文書であっても、それがどれだけ信用できるかどうかは別として、証拠として持ってきてはいけないというふうにはなっていないということです」
 
驚くべき発言という他はない。
 
刑事訴訟に比べ民事訴訟では「怪しげな文書」でも訴えを起こせると、担当弁護士が公の場で発言しているのである。
 
だが、この民事訴訟は、「怪しげな文書」で起こしていいようなものだったのであろうか。この訴訟で、山口氏は準強姦、強姦、暴行、傷害致死未遂の凶悪犯罪者として告発されているのである。
 
非力な被害者を極悪な生き地獄から救うために、「怪しげな文書」であっても使えるものは使うというならまだ話は分かる。だが、今回の民事訴状は、私の検証では「怪しげな文書」でさえなく、虚偽そのものだった。

何度も殺せる「情報レイプ」

しかもどこから金が出ているのか知らないが、6名の弁護人が付き、この訴訟によって、凶悪な性犯罪がまるで事実であるかのような印象を社会に与え、その虚偽の風評は反日左翼ネットワークを伝わって、NHK、BBC、ニューヨーク・タイムズ、ル・モンドをはじめとする世界の主要メディアに流布され続けている。

1人の人間とその家族を精神的、社会的に何度殺害できるか分からぬほどの情報レイプであろう。それを角田氏は、いとも簡単に「民事は怪しげな文書でも訴えられる」と言ってのけた。

「性暴力」を糾弾する正義の人は、「怪しげな文書」による「情報暴力」で人を殺すことには何の良心の痛みもないのか。
 
虚偽の「性被害者」演技で、真の性被害者への理解を歪めても、何の良心の痛みもないのか。
 
私の道徳的怒りは尋常ではない。
 
角田由紀子よ、大手メディアという壊れた檻のなかでこそこそ逃げ隠れしながら正義を振りかざすのでなく、私の前に出てきて堂々と公開討論に応じなさい。
 
逃げ隠れしながらの言論=情報暴力犯罪者を、私は最早放置し続ける気はない。
 
覚悟しておきたまえ。

小川榮太郎 | Hanadaプラス

https://hanada-plus.jp/articles/208

文藝評論家、社団法人日本平和学研究所理事長。昭和42(1967)年生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修了。第18回正論新風賞を受賞。主な著書に『約束の日―安倍晋三試論』(幻冬舎)、『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)など。公式サイト→http://ogawaeitaro.com

関連する投稿


性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【後編】|小川榮太郎

性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【後編】|小川榮太郎

「伊藤詩織」シリーズ第1弾!月刊『Hanada』10月号(完売御礼!)で、大反響を呼んだ小川榮太郎氏の「性被害者を侮辱した『伊藤詩織』の正体」の完全版がついに公開!伊藤詩織氏は本当に性被害者なのか。それとも――。マスコミがまったく報じなかった「事実」の扉が、いま開かれる――。


性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【前編】|小川榮太郎

性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【前編】|小川榮太郎

「伊藤詩織」シリーズ第1弾!月刊『Hanada』10月号(完売御礼!)で、大反響を呼んだ小川榮太郎氏の「性被害者を侮辱した『伊藤詩織』の正体」の完全版がついに公開!伊藤詩織氏は本当に性被害者なのか。それとも――。マスコミがまったく報じなかった「事実」の扉が、いま開かれる――。


最新の投稿


黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

雑誌『新潮45』の廃刊が一つのきっかけとなり議論が巻き起こったLGBT問題。メディアでは一部の活動家の声があたかも「LGBT当事者の声」であるかのように取り上げられ、野党議員も政権批判の道具、パフォーマンス材料としてそれに群がった。ところが騒ぎが静まると、まるで「用済み」と言わんばかりにメディアも野党もLGBTについては何ら関心を示さず今日に至る。 『新潮45』廃刊騒動とはいったい何だったのかー―。報じられなかった真の当事者たちの声をベストセラー『でっちあげ』、『モンスターマザー』(ともに新潮社)の著者であるノンフィクション作家の福田ますみ氏が追った。


「2020年1月号」新聞広告大公開!

「2020年1月号」新聞広告大公開!

「違い」がわかるみなさまへ。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!あなたが読みたい記事が、そこにはある!


月刊『Hanada』2020年1月門松号

月刊『Hanada』2020年1月門松号

右でも左でもない。大手マスコミが報じない「ファクト」が1月号も満載!文在寅の「反日種族主義」(総力大特集)、万年野党へのブーメラン(総力特集)、朝日新聞からの抗議の手紙への反論(上念司)、魂を揺さぶる憂国の大演説(百田尚樹)、「伊藤詩織事件」(小川榮太郎)、香港と中国の深層、首里城焼失の「真犯人」、黙殺された公開質問状(河村市長)、高橋純子をつまらせろ!(桑原総)、永久保存版の「グラビア特集」などすべて必読!爆笑問題をはじめ豪華連載陣も魅力のひとつ。


朝日新聞が誘導する成年後見制度の地獄|長谷川学

朝日新聞が誘導する成年後見制度の地獄|長谷川学

使ったが最後、ある日突然、赤の他人の弁護士や司法書士、社会福祉士らがあなたと家族の財産・権限のすべてを奪う――いま現実に起きている悪夢の実態を報じず、ひたすら制度推進者の側に立ったトンデモ報道を続ける朝日新聞。「家に帰りたい」「人生を返してほしい」「こんな制度利用しなければよかった」と切実に訴える被害者の叫びをなぜメディアも行政も聞こうとしないのか。全国で深刻な被害が続出している成年後見制度の闇を暴く!


中村時広愛媛県知事の大罪!【告発レポート第3弾】|長谷川学

中村時広愛媛県知事の大罪!【告発レポート第3弾】|長谷川学

県庁と四国最大の中核市を掌握、県議会と松山市議会をも抱き込み"中村王国"を築き上げた中村時広愛媛県知事。70億円もの血税が投じられた大規模環境汚染に対して、「法的には問題がなかった」と居直り本誌記事を批判。中村知事の法的な問題は本当にないのか? 嘘がまかり通る異常県政の惨状を追及した告発レポート第3弾!