私が稲田朋美議員を批判する理由|島田洋一

私が稲田朋美議員を批判する理由|島田洋一

日本の政治史を見渡しても、稲田朋美氏ほど、保守派の期待をここまで裏切った政治家は他にいないのではないか。


「侮辱罪で刑事告訴」の動き

稲田朋美衆議院議員(自民党、福井一区)に対する私の不満を要約すると、左翼活動家の利権を増進する法案にのみうつつを抜かし、元防衛大臣でありながら外交・安全保障問題にはお座なりな関心しか示さず、経済発展を無視して増税に走る財務省の広告塔を演じている、ということになる。

なお消息筋によると、稲田氏は今、私を侮辱罪で刑事告訴する方向で動いているという。

あるいは福井の政界、経済界で注目度が高く、有力企業や地方公共団体が軒並み広告を出す季刊誌『北陸政界』2023年盛夏号が次のように書いたことも、氏の行動に影響しているかもしれない。

〈極左に利用されるような人間が「自民党公認」ではさすがにマズいとばかり、県連内でも、「候補者を差し替えるべきだ」との声が日に日に高くなっている。……福井を代表する保守論客として知られ、「反稲田」の急先鋒でもある島田洋一県立大教授に維新から打診があったらしく、このクラスが対抗馬に立ったら今の稲田にはまず勝ち目がない〉

選挙云々は別として、私は確かに稲田議員の政治姿勢を厳しく批判してきた。しかし、罵詈雑言の類を連ねたことはない。告訴するのは自由だが、本人がさらに評価を落とすだけだろう。

日本の政治史を見渡しても、稲田氏ほど、保守派の期待をここまで裏切った政治家は他にいないのではないか。転落の度合いにおいて他の追随を許さない「落差女王」と言える。

以下、稲田氏の何が問題なのか、整理しておこう。

タガが外れていった

Getty logo

衆議院議員稲田朋美を誕生させ、実力を遥かに超える地位にまで昇らせた「大恩人」は、共に今は亡き保守派の厳父と安倍晋三元首相だろう。

稲田氏の実父、椿原泰夫氏は福井や京都で高校教師や校長を務め、保守派の活動家として関西では知られた存在だった。

かなり以前になるが、稲田夫妻と、稲田議員の後援会長を務める高池勝彦弁護士、私の4人で会食したことがある。やや酒も回った頃、稲田氏が「私はお父さんが大嫌い。色々うるさいから」と言った。

その時は、半ば冗談と受け止め、一同苦笑で終わったが、2016年に厳父が亡くなるのと前後してタガが外れていった稲田氏を見ていて、あの言葉は真情を吐露したものだったのかと思うようになった。

2016年と言えば、安倍首相が稲田氏を防衛大臣に起用した年であり、翌2017年、国防を預かる者とは思えない軽い振る舞いや失言、答弁の不手際が重なって辞任に至った経緯は記憶に新しい。
よく「稲田朋美はなぜ変節したのか」との問いが発せられるが、元々「節」が無かったと見るべきだろう。どちらかと言えば浮薄な女性が、父の厳しい鞭によって、一時的に姿勢を正していただけだったと思われる。

安倍首相はその後も、稲田氏を見捨てず、正常軌道に戻そうと努めたが、徒労に終わった。安倍氏にできないことが、他の誰かにできるはずもない。

ジャーナリストの山口敬之氏が月刊 『Hanada』2023年8月号で、安倍首相の言葉を紹介している。

〈防衛大臣時代にアベ友と呼ばれて激しいバッシングを受けた稲田は、「左翼が喜ぶ政策に舵を切ればマスコミに持ち上げてもらえる」と思って宗旨替えしたんだろうね。朝日新聞や東京新聞に褒められる日々は、稲田にとってはさぞ居心地がいいんだろう。本当に残念な存在になっちゃったね〉

私自身、少人数の懇談の場で、安倍氏が稲田氏について、困ったものだという表情を浮かべつつ、「自民党内の『性的マイノリティに関する特命委員長』か『整備新幹線等鉄道調査会長』のどちらか一つを選べと言ったところ、稲田は後者を選んだ。LGBTについては、稲田が外れ、改めて一から議論し直す仕組みを作ったので、当面心配する状況にはない」と語るのを聞いた。

その数カ月前、私は『アメリカ解体』(ビジネス社)という本を出し、LGBTをめぐるアメリカの状況を論じつつ、日本の動きにも触れた。「LGBT法案で暴走する稲田朋美」と題する節も含まれている。安倍氏はその事を充分承知の上で、拙著を推薦するツイートを発してくれた。それも稲田氏に対する警告の一つだったろう。
 

関連する投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


山口敬之さんの連載『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった理由を説明します|花田紀凱

山口敬之さんの連載『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった理由を説明します|花田紀凱

「連絡がないままボツにした」「いくらでも直しますから、ボツはやめてくれ」……。『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった件について、山口敬之さんは自らの番組その他であれこれ発言していますが、事実と異なる点が多々あるので、以下、経過を説明します。


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

自衛隊に入隊する多くの人は、誰かの役に立ちたい、家族や国民の命を守りたいという思いをもっている。しかし自衛隊は隊員を大切にしない。入隊時には説明されていなかった無数の職務が課され、休養を取る時間すらないのが現実だ。(サムネイルは「防衛省統合幕僚監部」のXより)


最新の投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。