習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【後編】

習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【後編】

小滝透


習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【前編】

両生国家を選んだ習近平の重大失策

中国の未来を地政学的に見てみると、国家方針たる一帯一路(海陸のシルクロード)はランドパワーとシーパワーの確保があって初めて可能になることに注意しなければならない。思い出されるのは『海上権力史論』を唱えたアルフレッド・マハンのテーゼである。彼は「大陸国家であることと海洋国家であることは両立しない」と述べ、両生国家の在り方を否定する。

このテーゼは、他の史家も唱えるところで、東アジア史の泰斗・岡田英弘も、経済的側面から大陸国家たるモンゴルの経済的弱点を指摘して「陸上輸送のコストは海上輸送のそれよりもはるかに大きかった」と述べている。大陸国家は陸続きであるために、必然的に強大な陸軍が求められ、現中国を例にとっても115万もの陸上兵力を有している。これを日本の14万、アメリカの49万と比較すると膨大な数である。しかもこの数は、近年の兵力削減を済ませた後の数なのだ。

他方で、海上国家は防衛にかけるコストが少ない。また、膨張する場合でも、大陸国家に見られるような他国領をすべて治める必要はなく、シーレーンのチョーク・ポイント(要衝)のみを押さえておけばそれで済む。とりわけ、地政学的な要衝と物資の集まる集積地を押さえれば、相手の死命を制することが可能となる。大英帝国はこのようにして7つの海を支配した。

では、大陸国家と海洋国家が衝突すれば、どうなるか? 両国家がきわめて相性が悪いことは、ハルフォード・マッキンダーの次の言葉からもよく分かる。「人類史は、ランドパワーとシーパワーの衝突の歴史である」 と。

このテーゼは、両者(海洋国家と大陸国家)の性格傾向から見て正鵠(せいこく)を射ているように思われる。そのテーゼをさらに深めたのが、ニコラス・スパイクマンのリムランド論である。「リムランドを支配するものがユーラシアを制し、ユーラシアを支配するものが世界の運命を制する」とした上で、スパイクマンはこう述べる。

「自分たち(アメリカ)の安全を守るためにはヨーロッパとアジアの政治に積極的に協力しなければならない」(『平和の地政学』)と。海洋国家は、リムランド制圧に動く大陸国家の動向を見過ごすことはできないのだ。日米が中国の海洋進出に対抗して「開かれたインド太平洋自由構想」をぶつけている現状は、まさにそのことを示している。

そもそも、中国にはこれといった与国がいない。とりわけ、大国は皆無である。ロシアが唯一それに当たるが、そのロシアを離反させれば、ほぼ与国は皆無となる。EUは中国と経済的利害をもってつながっていたが、2012年あたりから関係が冷え込み始めた。

中国の弱点は、他国に輸出できるソフトパワーを持っていないことである。人民中国が思想的に唯一輸出できたものは毛沢東思想であったが、その毛思想は中国の伝統をことごとく壊してしまい、かつその毛思想も自ら放棄したため、今や文化的に誇れるものは皆無である。かつてのローマ帝国と比較すれば、さらに実態が明らかになる。

「ローマは3度世界を征服した。1度は武力で、1度はキリスト教で、1度は法で」(ドイツの法学者イェーリングの言葉)。では、現中国はいったいどうか。上の言葉で言えば、武力しか持っていない。キリスト教(宗教・思想)や法(普遍的法体系)に当たるものがまるでないのだ。これは、他国を真に魅了するものがまったくなく、経済と軍事のみで自己アピールしなければならないことを意味している。

ここが、過去の中華帝国とまったく違う。かつての中華帝国も周辺国への恫喝と侵攻を繰り返したが、その高度な文明の故をもって尊敬も勝ち得ていた。それが現中国にはないのである。これは、世界帝国として台頭するには致命的な欠陥となるであろう。

現在の中国は鄧小平が劉華清(中国海軍の父)を登用し、海洋進出を目指した時から両生国家の道を歩み始めた。そして今、それは習近平に引き継がれ、陸海併せ持つシルクロード戦略として提示されるに至っている。だがこれは、マハンの「両生国家は成り立たない」とするテーゼに抵触し、失敗に終わるであろう。

事実、両生国家が成功裏に終わった例はほとんど、ない。海洋国家たる日本は、大陸に侵攻し両生国家になったため滅亡した。大陸国家たるドイツも海洋進出を目指したため2度にわたる世界大戦で滅亡した(ドイツ第2、第3帝国の崩壊)。ソビエト帝国の場合も同じである。よもや、中国のみがそれを免れることはないであろう。一帯一路を進めれば進めるほど、地政学的ジレンマに陥り、崩壊への道を早めてゆく。

中国共産党政権の未来は限りなく暗いのである。

 

小滝透『一帯一路が中国を亡ぼす――習近平も嵌った、地政学的限界の罠』より一部抜粋

電子書籍(飛鳥新社刊)で発売中!購入は下記リンクより

【内容紹介】

米中冷戦で追い詰められた習近平と中国に異変! 膨張が止まれば、共産党政権はもたない。中華帝国が収縮サイクルに入ると、歴代王朝は終焉に向かった。なぜ習近平は大陸国家と海洋国家の両方を目指すという戦略ミスを犯したのか。世界史上、乗り越えられたことのない地政学的限界の壁に、中華人民共和国もまたはね返されようとしている。歴史が反復する中国の暗い未来を重厚に検証した、渾身の長編書き下ろし。

購入はこちらから〈アマゾン〉

著者略歴

小滝透

1948年京都生まれ。ノンフィクション作家。京都市立紫野高校卒業。金沢大学法文学部中退。サウジアラビア・リヤード大学文学部アラビック・インスチチュート卒業。宗教・文化・歴史等幅広い分野で活躍。



関連するキーワード


中国 小滝透 著者 国際

関連する投稿


日本と台湾が韓国の生命線 今こそアジア反共自由同盟の結成を|邊熙宰(ピョン ヒジェ)

日本と台湾が韓国の生命線 今こそアジア反共自由同盟の結成を|邊熙宰(ピョン ヒジェ)

歴史を振り返れば韓国にとって日本と台湾がいかに重要かは一目瞭然だ。いまトランプ大統領は中国を牽制するために日本と台湾を中心とする「反共自由主義ネットワーク」を構想しているが、中国にすり寄る文在寅大統領の韓国はこの構想から完全に除外されている。このままでは韓国は確実に危機に陥る。韓国政府がまずすべきはこれまで日本と台湾に犯してきた外交的非礼を糺すことだ。


北海道札幌市・ツキネコカフェにて

北海道札幌市・ツキネコカフェにて

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第8回


イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

1964年から73年までベトナム戦争に出兵した約32万人の韓国軍兵士たちが、12歳の少女を含む数千人のベトナム人女性を強姦し、5,000人から30,000人の混血児が生まれた――韓国が、文在寅大統領が、今もひた隠す戦争犯罪に対して国際社会が遂に怒りの声を上げ始めた。日本では報じられない歴史戦の最前線を徹底レポート!


「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」初の実体験レポート!月刊『Hanada』2019年10月号(完売御礼!)に掲載され、大反響を呼んだ門田隆将氏のルポを特別に全文公開!本日の午後、「表現の不自由展・その後」が再開されましたが、門田隆将氏のルポは8月3日、つまりは中止になる前日の模様を描いた希少な体験記です。


朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

「驚いたことに、朴槿恵大統領弾劾訴追案の国会成立まで、直接的な捜査はもちろん証拠を収集する努力さえなかった。 法典にもない『国政壟断』という罪に問われ、その国政壟断の『スモーキングガン(動かぬ証拠)』はJTBCのタブレットPC報道だった。」


最新の投稿


金正恩最大のタブー「母は在日朝鮮人」|李英和

金正恩最大のタブー「母は在日朝鮮人」|李英和

「重大な実験」を繰り返すなど挑発行動を活発化させる北朝鮮。実は国内で今もなお金正恩委員長の神格化作業が足踏みを続けていることはあまり知られていない。なぜなのか? そこには金正恩の生母にまつわる「不都合な真実」という決して乗り越えられない絶壁がある。国家機密にまで指定された金正恩体制の「アキレス腱」にして最大のタブー!その真実に迫る。  


『ルトワックの日本改造』訳者解説|奥山真司 

『ルトワックの日本改造』訳者解説|奥山真司 

最強の戦略家、最新書き下ろし! 最新情報に基づく、日本人のための戦略的思考。『日本4・0』の続きとして、この難局を切り抜けるのに必要な「柔軟かつ反応的(リアクティブ)」な戦略の要諦を徹底指南。長期かつ全体的な視野で、具体的なプランを次々と提示し、日本に本気の改革を迫る。本書に掲載されている訳者・奥山真司氏の解説を、『Hanada』プラスで特別公開!


黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

雑誌『新潮45』の廃刊が一つのきっかけとなり議論が巻き起こったLGBT問題。メディアでは一部の活動家の声があたかも「LGBT当事者の声」であるかのように取り上げられ、野党議員も政権批判の道具、パフォーマンス材料としてそれに群がった。ところが騒ぎが静まると、まるで「用済み」と言わんばかりにメディアも野党もLGBTについては何ら関心を示さず今日に至る。 『新潮45』廃刊騒動とはいったい何だったのかー―。報じられなかった真の当事者たちの声をベストセラー『でっちあげ』、『モンスターマザー』(ともに新潮社)の著者であるノンフィクション作家の福田ますみ氏が追った。


「2020年1月号」新聞広告大公開!

「2020年1月号」新聞広告大公開!

「違い」がわかるみなさまへ。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!あなたが読みたい記事が、そこにはある!


月刊『Hanada』2020年1月門松号

月刊『Hanada』2020年1月門松号

右でも左でもない。大手マスコミが報じない「ファクト」が1月号も満載!文在寅の「反日種族主義」(総力大特集)、万年野党へのブーメラン(総力特集)、朝日新聞からの抗議の手紙への反論(上念司)、魂を揺さぶる憂国の大演説(百田尚樹)、「伊藤詩織事件」(小川榮太郎)、香港と中国の深層、首里城焼失の「真犯人」、黙殺された公開質問状(河村市長)、高橋純子をつまらせろ!(桑原総)、永久保存版の「グラビア特集」などすべて必読!爆笑問題をはじめ豪華連載陣も魅力のひとつ。