習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【前編】|小滝透

習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【前編】|小滝透

習近平の目指す一帯一路は、思惑通りには進まない。その理由は、以下の3つの障害のためだ。


習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【後編】

一帯一路を阻止する3つの地政学的障壁

中国の“地政学的弱点”

①マラッカ・インド・パキスタン

習近平の目指す一帯一路は、思惑通りには進まない。

その理由は、以下の3つの障害のためだ。第1に海のシルクロード。中国は「真珠の首飾り戦略」として、海南島を起点に南シナ海、マラッカ海峡を経て、ミャンマーのシットウェ、バングラデシュのチッタゴン、パキスタンのグワーダル、スリランカのハンバンドタ、モルディブのマラオ、ペルシア湾や東アフリカ諸国(ジプチ・スーダン・ケニア・タンザニア)、さらにはスエズ運河を経た地中海に至る海洋ルートの確保を目指しているが、そこで最大のチョーク・ポイント(要衝)となるのがマラッカ海峡である。

現在、中国は世界1位の石油輸入国で、世界2位の石油消費国である。その輸入ルートの8割がマラッカ海峡を通過する。これが中国の最大のネックとなっていて、アメリカにここを押さえられている限り、海のシルクロードは絵に描いた餅となる。胡錦涛(前中国共産党総書記)が「マラッカ・ジレンマ」と呼んだ所以(ゆえん)だ。

さらにインドが障壁として立ちはだかる。インドは今、日本・アメリカが唱えるインド太平洋自由圏の主要国となっている。インド洋は、その名の通り、インドの内海である。ここに新参の中国がインドを取り囲む真珠の首飾りをもって割り込んでくる──それを唯々諾々と見過ごすことはできない。実際、インドのモディ首相は総選挙で圧勝したことを背景に、モルディブ、スリランカを訪問し、中国に対する巻き返しを図っている。

真珠の首飾り戦略で特筆すべきは、中国がスリランカを債務漬けにし、ハンバンドタ港の99年間にわたる港湾運営権を獲得したことである。かつて帝国主義時代に、香港の租借で味わったのと同様の屈辱を他者に与える行為を、中国は今現実に行っている。そのため、海のシルクロードに位置する諸国は警戒を強め、中国の開発援助を撤回する動きに出ている。

親中国のパキスタンでさえ、中国が提案したインダス河流域のディアメル・バハシャダム建設を断った。ダム建設に伴う水利権(所有・運用権)を中国が握ることが条件であったためだと思われる。パキスタンにとり、国家の生命線たるインダス川の水利権を失えば、致命傷になりかねない。そのため、いくら中国の支援を必要としていても、これだけは飲めなかったのであろう。

一方、パキスタンはカシュガル(新疆ウイグル自治区)からグワーダル(カラチ近郊の港湾都市)に抜ける中パ経済回廊のインフラ整備で合意したが、これも後述の対中国テロ等で実現するかどうか不明である。それと似たケースがネパールやミャンマーの水力発電事業でも見受けられる。

両国ともパキスタン同様、親中国の立場だが、いずれの発電事業も棚上げになっており、その理由もはっきりしている。こうした事業が、中国の一方的な利益になり、地元国の利益につながらないからである。

関連する投稿


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!


習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

生理食塩水をワクチンと偽って販売などは日常茶飯事の相次ぐ悪質な偽ワクチン事件。そして今や第三国の途上国を実験場にするワクチン外交に対しても批判が続出。中国人自身も信用しない中国製ワクチンの深すぎる闇。


発電プラント製造能力は存亡の危機|奈良林直

発電プラント製造能力は存亡の危機|奈良林直

実利を冷徹に追求する中国。その一方でマスコミ受けを狙う日本の閣僚。彼らの幼稚な発言で国の基幹産業の盛衰が決まってしまう。このままいけば日本は中国や韓国に頭を下げ、原発やリプレースの技術を輸入する日が確実にくる。エネルギー安全保障の欠落した政治家の体たらく。まさに国難だ!


「2021年7月号」新聞広告大公開!

「2021年7月号」新聞広告大公開!

2020年12月号、●●ウイルス以来のNGあり!NGを出したのは、読売新聞。「尾身茂は『〇〇』だ!」の○○がダメとのこと。話は変わりますが、武漢ウイルスはNGで、なぜインド株はOKなのか…。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!