習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【前編】|小滝透

習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【前編】|小滝透

習近平の目指す一帯一路は、思惑通りには進まない。その理由は、以下の3つの障害のためだ。


習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【後編】

一帯一路を阻止する3つの地政学的障壁

中国の“地政学的弱点”

①マラッカ・インド・パキスタン

習近平の目指す一帯一路は、思惑通りには進まない。

その理由は、以下の3つの障害のためだ。第1に海のシルクロード。中国は「真珠の首飾り戦略」として、海南島を起点に南シナ海、マラッカ海峡を経て、ミャンマーのシットウェ、バングラデシュのチッタゴン、パキスタンのグワーダル、スリランカのハンバンドタ、モルディブのマラオ、ペルシア湾や東アフリカ諸国(ジプチ・スーダン・ケニア・タンザニア)、さらにはスエズ運河を経た地中海に至る海洋ルートの確保を目指しているが、そこで最大のチョーク・ポイント(要衝)となるのがマラッカ海峡である。

現在、中国は世界1位の石油輸入国で、世界2位の石油消費国である。その輸入ルートの8割がマラッカ海峡を通過する。これが中国の最大のネックとなっていて、アメリカにここを押さえられている限り、海のシルクロードは絵に描いた餅となる。胡錦涛(前中国共産党総書記)が「マラッカ・ジレンマ」と呼んだ所以(ゆえん)だ。

さらにインドが障壁として立ちはだかる。インドは今、日本・アメリカが唱えるインド太平洋自由圏の主要国となっている。インド洋は、その名の通り、インドの内海である。ここに新参の中国がインドを取り囲む真珠の首飾りをもって割り込んでくる──それを唯々諾々と見過ごすことはできない。実際、インドのモディ首相は総選挙で圧勝したことを背景に、モルディブ、スリランカを訪問し、中国に対する巻き返しを図っている。

真珠の首飾り戦略で特筆すべきは、中国がスリランカを債務漬けにし、ハンバンドタ港の99年間にわたる港湾運営権を獲得したことである。かつて帝国主義時代に、香港の租借で味わったのと同様の屈辱を他者に与える行為を、中国は今現実に行っている。そのため、海のシルクロードに位置する諸国は警戒を強め、中国の開発援助を撤回する動きに出ている。

親中国のパキスタンでさえ、中国が提案したインダス河流域のディアメル・バハシャダム建設を断った。ダム建設に伴う水利権(所有・運用権)を中国が握ることが条件であったためだと思われる。パキスタンにとり、国家の生命線たるインダス川の水利権を失えば、致命傷になりかねない。そのため、いくら中国の支援を必要としていても、これだけは飲めなかったのであろう。

一方、パキスタンはカシュガル(新疆ウイグル自治区)からグワーダル(カラチ近郊の港湾都市)に抜ける中パ経済回廊のインフラ整備で合意したが、これも後述の対中国テロ等で実現するかどうか不明である。それと似たケースがネパールやミャンマーの水力発電事業でも見受けられる。

両国ともパキスタン同様、親中国の立場だが、いずれの発電事業も棚上げになっており、その理由もはっきりしている。こうした事業が、中国の一方的な利益になり、地元国の利益につながらないからである。

関連する投稿


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

わが国は現在も中国に国土売却を続けている。エネルギーの源である電力網にさえ中国資本の参加を許している。


「白紙の乱」で犯した習近平の致命的失態|石平

「白紙の乱」で犯した習近平の致命的失態|石平

「白紙の乱」を巡って習近平はある致命的な失態を犯した。中国の「繁栄と安定」の時代が終焉し、国全体は「動乱の時代」を迎える。 習近平政権は崩壊の危機から逃れるためには対外戦争に打って出る以外にないだろう。台湾有事が予定よりも早まる危険性がある。


最新の投稿


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。