習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【前編】|小滝透

習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【前編】|小滝透

習近平の目指す一帯一路は、思惑通りには進まない。その理由は、以下の3つの障害のためだ。


習近平の致命傷となる、中国の“地政学的弱点”【後編】

一帯一路を阻止する3つの地政学的障壁

中国の“地政学的弱点”

①マラッカ・インド・パキスタン

習近平の目指す一帯一路は、思惑通りには進まない。

その理由は、以下の3つの障害のためだ。第1に海のシルクロード。中国は「真珠の首飾り戦略」として、海南島を起点に南シナ海、マラッカ海峡を経て、ミャンマーのシットウェ、バングラデシュのチッタゴン、パキスタンのグワーダル、スリランカのハンバンドタ、モルディブのマラオ、ペルシア湾や東アフリカ諸国(ジプチ・スーダン・ケニア・タンザニア)、さらにはスエズ運河を経た地中海に至る海洋ルートの確保を目指しているが、そこで最大のチョーク・ポイント(要衝)となるのがマラッカ海峡である。

現在、中国は世界1位の石油輸入国で、世界2位の石油消費国である。その輸入ルートの8割がマラッカ海峡を通過する。これが中国の最大のネックとなっていて、アメリカにここを押さえられている限り、海のシルクロードは絵に描いた餅となる。胡錦涛(前中国共産党総書記)が「マラッカ・ジレンマ」と呼んだ所以(ゆえん)だ。

さらにインドが障壁として立ちはだかる。インドは今、日本・アメリカが唱えるインド太平洋自由圏の主要国となっている。インド洋は、その名の通り、インドの内海である。ここに新参の中国がインドを取り囲む真珠の首飾りをもって割り込んでくる──それを唯々諾々と見過ごすことはできない。実際、インドのモディ首相は総選挙で圧勝したことを背景に、モルディブ、スリランカを訪問し、中国に対する巻き返しを図っている。

真珠の首飾り戦略で特筆すべきは、中国がスリランカを債務漬けにし、ハンバンドタ港の99年間にわたる港湾運営権を獲得したことである。かつて帝国主義時代に、香港の租借で味わったのと同様の屈辱を他者に与える行為を、中国は今現実に行っている。そのため、海のシルクロードに位置する諸国は警戒を強め、中国の開発援助を撤回する動きに出ている。

親中国のパキスタンでさえ、中国が提案したインダス河流域のディアメル・バハシャダム建設を断った。ダム建設に伴う水利権(所有・運用権)を中国が握ることが条件であったためだと思われる。パキスタンにとり、国家の生命線たるインダス川の水利権を失えば、致命傷になりかねない。そのため、いくら中国の支援を必要としていても、これだけは飲めなかったのであろう。

一方、パキスタンはカシュガル(新疆ウイグル自治区)からグワーダル(カラチ近郊の港湾都市)に抜ける中パ経済回廊のインフラ整備で合意したが、これも後述の対中国テロ等で実現するかどうか不明である。それと似たケースがネパールやミャンマーの水力発電事業でも見受けられる。

両国ともパキスタン同様、親中国の立場だが、いずれの発電事業も棚上げになっており、その理由もはっきりしている。こうした事業が、中国の一方的な利益になり、地元国の利益につながらないからである。

関連する投稿


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!