川勝知事の「嘘」の根源は静岡県庁の機能不全|小林一哉

川勝知事の「嘘」の根源は静岡県庁の機能不全|小林一哉

新年早々、川勝知事はリニア妨害宣言をし、リニアにとっては苦難の一年になるだろう。 なぜ、川勝知事は、平気で「嘘」を繰り返すのか――。


昨年もリニア妨害宣言

「南アルプス保全は2037年のリニア全線開通までに解決すればいい」

静岡県の川勝平太知事は、ことし1月1日付新聞各紙の新春インタビュー記事でそう述べた上で、1月4日の新年会見、15日の定例会見でも「(リニア開業は)2027年のくびき(縛り)がなくなった。2037年がデッドライン(最終期限)」だから、「南アルプスの問題は2037年までに解決すればいい」と発言した。

すなわち、知事任期中(2025年7月まで)はリニア問題の解決はなく、静岡工区着工の許可を棚上げすると宣言したのである。
2024年もリニア妨害に徹することは、1月12公開の『新年早々、川勝知事の「リニア妨害」宣言!』で詳しく紹介した。
 
ただもう一度、今回の知事発言を確認してみると、そうか、これでは昨年と全く同じではないか、と気づかされた。筆者は昨年、一昨年の取材メモを取り出してみた。

昨年1月4日の新年会見では、田代ダム案をやり玉に挙げて、川勝知事は「(水利権について)当事者でもない(JR東海が)、水利権について当時者である東京電力との関係を明らかにされる必要がある」など、やはり年頭からリニア妨害に徹することを宣言していた。

つまり、リニアの水環境問題解決でカギを握る田代ダム案は、水利権に絡むから河川法違反に当たるとして、認めない姿勢を明確にした。
 
この結果、2023年1年間を通じて、田代ダム案が何度も議論の中心となり、静岡県とJR東海の間でいたちごっこが繰り返された。

田代ダム案とは、山梨県側からのトンネル掘削工事で、湧水が県外流出する約10カ月間、東京電力RPに田代ダム取水分の約5百万トンを抑制、大井川にそのまま放流してもらう、川勝知事の要求する「全量戻し」の解決策である。

東電RPは毎秒4・99トンの水利権を有し、単純に計算すれば、日量約43万トン、月量約1300万トンという膨大な水を静岡県から山梨県に放出している。リニア工事による県外流出など取るに足らない量でしかない。

田代ダム案は、毎秒0・2トン程度の取水抑制だから、東電RPにとって何らの問題も生じない。
こうした状況を踏まえた上で、JR東海は2022年4月、東電RPの内諾を得た上で田代ダム案を提案した。

東電RPは、田代ダム案が「水利権」に絡まないことを利水者らに理解してもらう条件をJR東海に託した。

川勝知事の「嘘」に踊らされ

2022年夏、田代ダムを視察した川勝知事(静岡市、筆者撮影)

しかし、提案直後から、川勝知事は「JR東海は関係のない水利権に首を突っ込んでいる」、「突然、水利権の約束を破るのはアホなこと、乱暴なこと」などとんでもない勘違いをしたかのように、田代ダム案に強く反発した。

同年8月に田代ダムの現地視察を行い、川勝知事は「田代ダム取水抑制案はJR東海の地域貢献であり、リニア工事中の全量戻しにはならない」という発言に終始した。

その後の会見の度(たび)に、「全量戻しとはトンネル掘削中に出る水を戻すということ」など訳の分からないことを繰り返して、田代ダム案を否定した。

JR東海は同年10月31日、12月4日の2回にわたる県地質構造・水資源専門部会で「田代ダム取水抑制案」が水利権にからまないことを詳しく説明した。また国土交通省が、田代ダム案が水利権に関わる河川法に触れないとする政府見解を示した。

さらに、流域10市町の首長らが加入する大井川利水関係協議会でも田代ダム案を高く評価する意見が続出した。

当初、川勝知事が単なる“勘違い”をしているだけなのだろう、と思われた。担当の森貴志副知事はじめ事務方がちゃんと説明すれば、川勝知事の誤解も解けると甘く見ていた。

県専門部会はじめ大井川利水関係協議会の議論を、担当者が丁寧に説明すれば、知事も理解できるはずだと期待した。
しかし、川勝知事は、同年12月16日の会見で、「田代ダム取水抑制案は別の事柄(JR東海の地域貢献)、南アルプストンネル工事と結びつくものではない」とし、さらに12月27日の会見で、「全量戻しは掘削中に出る水をすべて戻すことであり、田代ダム取水抑制案は全量戻しとは違う認識」などとあらためて否定した。
 そして、2023年1月4日の新年会見で、田代ダム案は水利権と絡む河川法違反を繰り返したのだ。ここまで来ると驚き、あきれて言うべき言葉もなくなった。
ついには川勝知事の「嘘」に踊らされていることに気づくしかなかった。
 
この結果、2023年の1年間、同じような議論が繰り返された。その度に、川勝知事が決まりきったように田代ダム案を水利権と結びつけて否定した。

意味のない、らちのあかない状態を招き、1年間を終えた。

川勝知事に事務方が何らの進言もできない状況だけが明らかになった。県庁組織は機能不全に陥っているのか、川勝知事の「嘘」をそのまま受け入れることで、機能不全の状態をよしとしているのかのいずれかである。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)