夫婦間レイプで禁固11年! 不同意性交罪という悪夢|荻原岳彦(東京拘置所被収容者)

夫婦間レイプで禁固11年! 不同意性交罪という悪夢|荻原岳彦(東京拘置所被収容者)

私は妻への夫婦間レイプを否認しましたが、2018年3月22日に英国で有罪判決、11年の実刑となってしまったのです。最終的には4年8か月を英国で服役したのち、昨年、2022年11月11日に釈放、日本への帰国となりました。しかし、11月12日に成田空港に到着すると、警視庁愛宕署の刑事がおり、その場で逮捕されました――。


被害者の証言のみで十分

私の名は、荻原岳彦。45歳男性で、現在、小菅の東京拘置所にいます。

私の氏名をインターネットで検索すると、おそらく複数の記事が出てくることでしょう。私がロンドンで「女性」をレイプし、禁固11年の判決が下されたとされる話で、これらは2018年春頃に複数の週刊誌(『週刊新潮』 『FLASH』など)に出た記事のネット版です。

記事掲載当時、私はすでに英国の刑務所におり、事情を説明することもできず、〝死人に口なし〟でした。

私は大学卒業後、日本銀行、リーマン・ブラザーズ証券、メリルリンチ証券を経て、野村證券に転職。駐在員としてロンドンに在住していた2013年9月24日、日本人女性と日本法にて結婚しました。ネット記事に出ているレイプ被害者のCAというのは、当時の妻のことなのです。

「監禁した」などと書かれていたようですが、我々は当時、ロンドンで婚約者、そして新婚夫婦として同居していたのであって、監禁も何も、ただの同居であり、当然ながら、通勤や買い物のための外出も普通に行われていました。

英国では夫婦間でもレイプが成立し、レイプの証明は「あれは同意ではなかった」などという被害者の証言のみで十分なのです。

いわゆる、不同意性交罪ということなのですが、そこに細かい構成要件があるわけではなく、たとえば、英国における私の弁護人は私に会うなり、こう言いました。

「イギリスの刑事裁判は、陪審員から見て被害者と被告人のどちらが好きか、それだけ。証拠ではなく、感情。明確な証拠の出ない不同意性交(レイプ)では、特にそうだ」

また、陪審員が有罪・無罪の判決を議論するにあたって裁判官が陪審員に示したインストラクションは、「あなた方がこれをレイプだと思ったなら、レイプなのです」ということのみでした。なお、英国では陪審員は一般市民のみにより構成されており、そこに職業裁判官は入りません。

そういうことなので、ある日の性交渉は不同意(つまりレイプ)、しかしその翌日の性交渉は同意、ということでも話として受け入れられてしまうことが、英国における私の公判結果からもわかります。

そもそも、レイプがあったという2013年9月14日の10日後である9月24日に、我々は結婚しているのです。とんでもない矛盾ではないでしょうか。

ちなみに、英国では性犯罪に時効がないため、刑務所で会った英国人受刑者で、たとえば70歳代の人は50年前の20歳代だったころに交際していた女性から50年の時を経て訴えられ、刑務所に入れられていました。このようなことは珍しいことではなく、むしろザラでした。

東京拘置所

「警察に駆け込んだ」は嘘

ここで、簡単に時系列を振り返ります。

・2013年7月10日 ロンドンでの合コンで彼女と出会う。彼女は日本人で、英国在住の客室乗務員
・同年8月6日 婚約、ロンドンにて同居開始
・同年9月14日 私が彼女をレイプしたとされる日
・同年9月24日 結婚(彼女が日本へ行って区役所に婚姻届提出)
・同年9月下旬から10月下旬 パリへ新婚旅行、ロンドンでのお披露目会等
・同年10月23日 芝公園プリンスタワーにてDV傷害事件があったとされる日(日本で現在、公判中の事案)。この週は夫婦それぞれの用件で日本に滞在しており、同じホテルに宿泊
・同年10月26日 妻、ロンドンの自宅に戻る(予定どおりのフライト)
・同年10月27日 私もロンドンの自宅へ戻る(予定どおりのフライト)。家はもぬけの殻
・同年11月末 妻の日本法の弁護士より離婚請求(理由はDVのみ)と、離婚慰謝料(600万円、のちに800万円に増額)請求がされる

私はロンドンでこの内容証明を受け取りましたが、書面には「さもなくば日英警察に暴行で被害届を出す」と書かれていました。同年12月上旬、私は妻サイドへこう伝えました。
「離婚には応じるが、そんな法外な慰謝料は払わない」

これで交渉決裂となり、2014年3月11日、妻側はロンドン市警に被害届を提出しました。「暴行」ではなく、「レイプ」にエスカレートさせて……。

『週刊新潮』には「監禁が解かれると、その証拠を持って警察に駆け込みました」とする記述があり、『FLASH』は「2013年、英国で発生した監禁レイプ事件は、被害者である客室乗務員(CA)の女性がロンドン中心部、パディントン・ポリスステーションに駆け込んだことで発覚した」と報じました。

私が彼女をレイプしたとされる日は2013年9月14日であり、彼女が警察に行ったのは2014年3月11日です。「駆け込んだ」のではないことは、これで一目瞭然ではないですか。捏造はこれだけではありませんが、そのレイプ被害者なるCAが当時の妻であることをなぜ両誌ともに隠したのか、いまだに憤りを禁じえません。

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉