志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

誤りを一切認めない独善的体質は党史『日本共産党の百年』の編纂でもいかんなく発揮された!志位委員長による歴史の偽造を元党員で『日本共産党 暗黒の百年史』の著者・松崎いたる氏が指弾する。ここが変だよ日本共産党第7弾!


優生保護法は1948(昭和23)年6月29日の衆議院本会議で、他の8本の法案と共に一括採決が行われた。一括されたのは議会運営委員会で共産党も含めて各会派間で賛否が分かれていないことが確認されていたからにほかならない。

共産党は最近まで、同法による強制不妊(断種)手術の被害者団体などから、この議事録を示され謝罪を要求されて際にも「採決時には共産党は退席していた可能性もある」などという言い訳をしていたともいわれている。しかし、9本もの議案すべての採決に共産党が退席することはあり得ない。もし優生保護法に共産党が「退席」を考えていたのなら、9議案一括の採決方法にはならなかった。

『百年』史が「誤り」として記載した1952年の法改定時の議事録には参院厚生委員会において、同改定案について共産党と日本社会党の2党が賛成討論を行い、のちの参院本会議で全会一致で可決成立したことが明記されている。1948年と1952年の議事録中の表記の違いは賛成した党の党名が明記されているか否かだが、党名がなくても議事録をよく読めば、1948年にも共産党が賛成していることはわかるはずだ。

「病弱者の妊娠中絶を」――優生思想普及の決議で賛成討論

しかも、共産党は優生保護法やその元になった優生思想を〝黙認〟という消極的姿勢ではなく、積極的に賛成、推進する立場だった。

優生保護法成立の翌年1949年5月12日の衆議院本会議において、「人口問題に関する決議」が全会一致で採択された。この決議は「健全な受胎調節思想の普及に努力すること」を掲げ、その具体的方法として「優生思想及び優生保護法の普及を図ること」が明記されていた。優生保護法推進のための国会決議である。

この決議への賛成討論を行ったのも日本社会党と共産党の2党だけである。全会一致となることが分かっている決議案に野党でありながら、わざわざ賛成討論を行うところに共産党の並々ならぬ積極性が見て取れる。

共産党を代表して討論を行った砂間一良議員は「病弱者の妊娠中絶をはかりまして適当に人口の自然増加を抑制することは、現在の状態のもとにおきましては必要にしてやむを得ない手段と考えるのであります」などと述べている。共産党にとって「病弱者」は淘汰すべき対象と考えられていたのである。

女性議員によるあからさまな優生思想の表明

1952年の優生保護法改定時の賛成討論を行ったのは、苅田アサノ参院議員だった。苅田は「これは単に悪質の遺伝を残さない、あるいは暴行等の不幸な災害から婦人の妊娠を拒絶する権利を守るということだけではありませんで、これは明らかに経済的な理由に基づいておるものであります」と述べたうえで、「根本的にいえば、まず第一番にこういう(再軍備を肯定する)政府を倒して、自主的に平和産業を拡大し、積極的につくることにあるのであります。しかし、それまでの過渡的な方法といたしまして、私たちは優生保護法によるこういう産児制限とか受胎調整に対しては、やむを得ないこととしてこれを承認するわけであります」と優生保護法に賛成したことを合理化した。精神疾患 や「悪質な遺伝」を持つ人の断種は当然であり、「経済的な理由」がある人=貧困者の産児制限も、共産党が政権を獲得するまでは「やむを得ない」とするあからさまな優生思想の表明であった。

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

今回の仙台市議選において自民党は5つの選挙区で、現職の公認候補3人が落選した。私が選挙戦を通して感じたのは、岸田内閣の政策への厳しい評価である。“サラリーマン増税”について岸田総理は否定したものの、「岸田政権では増税が続く」と考えている方がとても多かった。


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!