【読書亡羊】必読、対中国「政治戦」の教科書を見逃すな!  ケリー・K・ガーシャネック著、鬼塚隆志監修、壁村正照訳『中国の政治戦 -「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略』(五月書房新社)

【読書亡羊】必読、対中国「政治戦」の教科書を見逃すな! ケリー・K・ガーシャネック著、鬼塚隆志監修、壁村正照訳『中国の政治戦 -「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略』(五月書房新社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「戦わずして勝つ」国の戦略

文章生成AIであるChatGPTに注目が集まっている。

うまく指示を出せば、人間が書いたのと見分けがつかないほど流暢な文章を出力してくれる性能の高さに、期待と同時に懸念も生じている。

安全保障に関する分野で言えば、フェイクニュース記事の量産が思いつくところだが、「中国版ChatGPT」が登場し、世の中に浸透するとなれば、さらにややこしい事態が生じる。

「中国版ChatGPT」は当然のことながら、中国共産党体制に対する否定的な文章を生成することはない。そうと知らず使っているうちに、ユーザーはいつの間にか中国に都合の良い情報ばかりを吸収することになりかねないのだ。まさに、プロパガンダ発生装置を自分の端末に呼び込んでしまうことになる。

中国の安全保障機関と結びつきの強い中国企業・テンセントがさっそく「中国版ChatGPT」の開発に着手しているが、当然、開発目的は企業としての営利だけでなく、中国という国家そのものの利益に資することになるだろう。

ケリー・K・ガーシャネック著、鬼塚隆志監修、壁村正照訳『中国の政治戦――「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略』(五月書房新社)を読んで、その意を強くした。

本書は、元米海兵隊将校でCSISの広報部長を務めたほか、台湾やオーストラリアの大学やタイの兵学校でも安全保障関係の教鞭を取るケリー・K・ガーシャネックが、中国の浸透工作や世論工作を「政治戦」というくくりで徹底的に調査・研究した成果をまとめたものだ。

その「政治戦」には当然、SNSやアプリなども含まれる。「中国版ChatGPT」が席巻する悪夢は、もうすぐそこまで迫っているのだ。

中国の政治戦 -「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略

「目に見えぬ侵略」東アジア版

対オーストラリアや対EUに関しては月刊『Hanada』本誌でもおなじみ、クライブ・ハミルトンの『目に見えぬ侵略』『見えない手』(飛鳥新社)があるが、本書も、タイや台湾で展開された「中国による目に見えぬ侵略」を詳細に、具体的に明らかにする。

そして驚くべきことに、冷戦後のアメリカがすっかり「政治戦」能力を失ったことをも嘆いている。

海兵隊員時代に防諜将校として中国やソ連が手がけた政治戦を研究してきたというガーシャネック氏だが、中国が依然として政治戦を展開している中、アメリカはすっかり政治戦の観点を失っただけでなく、近年まで「中国はパートナーである」との考えがあらゆる階層に浸透していた、と述べる。

その影響はあまりに大きく、ガーシャネック氏は「はじめに」でこんなエピソードを紹介している。

2016年、ガーシャネック氏はバンコクの米大使館で米国下院のスタッフ代表団に「中国の対タイ政治戦」についての解説を行った。その内容は本書の第五章、第六章に詳しいのだが、中国系のタイ市民を伝っての政界への浸透や、莫大な資本の投下、「西洋の理想への抵抗」を煽るなどの手法だったという。そしてその目的は、タイが中国の台頭を支持するとともに、タイと米国との同盟関係を完全に破壊することにあった。

しかしこうした内容を話し始めて10分後、米大使館の外交官たちが動揺し始め、涙目になり、25分後にはヒステリーを起こし、代表団を退去させようとし始めたのだという。講演が「あまりに中国に厳しい」内容だったためにそうした事態に至ったというが、アメリカの外交官がこんな状況では、中国にやられ放題になってしまうだろう。

〈もし我々が、中国の全体主義的な支配と、国家を分裂させ破壊する計画に挑戦しなければ、我々は危険な未来に直面することになる。もしそうしなければ、私たちの子供やその子供たちが、私たちの重大な怠惰の代償を払うことになるであろう〉

そう警鐘を鳴らすのも無理はない。

関連する投稿


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」  湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」 湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)