川勝知事の暴走を止められない静岡県議会|小林一哉

川勝知事の暴走を止められない静岡県議会|小林一哉

川勝理事の「命の水」を熱狂的に支持してきた共産党が、先の静岡県議選で県議会から消えた。しかし、まだ川勝知事の暴走を止めるにはいたらない。静岡県議会が弱体化している理由。


今回の県議選で特筆すべきは、川勝知事を強く支援してきた共産党が議席を失ったことである。浜松、静岡で有力な候補を立てたが、両候補とも一歩及ばなかった。

選挙前、静岡市の共産党現職候補は新聞チラシ号外で、(県民のために国のひどい政治にもたちむかう)として、「『リニア建設中止』、浜岡原発は廃炉」を訴えていた。「リニア建設中止」が党是であり、県議会でも「リニアより“命の水”」を訴える川勝知事を共産党は熱狂的に支持してきた。

その象徴が2021年6月の県知事選だった。共産党はそれまでの知事選とは異なり、独自候補を擁立せず、川勝支持に回ったのだ。
 
もし、2年前の知事選挙に自民党の有力候補が立っていれば、共産党の12万から15万票が当落の行方に大きく左右した可能性は高い。
「反リニア」川勝知事を推す熱狂的な支持勢力、共産党が県議会から消えたことの意味は大きい。

なぜなら、自民党県議団は2025年6月の県知事選に準備しなければ、間に合わないからだ。新たな県議会の体制スタートとともに、県知事選の幕が切っておろされた。万が一の「不信任決議案」提出に備えて、有力候補を用意しておくべきである。

 
2019年冬に戻ってみよう。
 
2019年12月19日、JR東静岡駅南口に整備を進めていた「文化力の拠点」施設に、自民党県議団が見直しを求めていることに不満を持った川勝知事が、自民党県議団を念頭に、「やくざの集団」「ごろつき」などと発言、大騒ぎを招いた。

 
自民県議団は「『やくざの集団』『ごろつき』はどこの集団、誰を指すのか」「『やくざの集団』『ごろつき』発言をいまだに撤回しないのはなぜか」などという質問状を川勝知事に送った。発言をきっかけに川勝知事肝煎りの「文化力の拠点」事業は雲散霧消した。

ただ川勝知事は発言の撤回、陳謝で事を終えた。次の一手を打つにも自民党県議団には有力候補の当てがなかったからだ。

さらに2020年10月の会見で、今度は当時の菅義偉首相を「教養レベルが露見した」「学問をした人ではない」「学問立国に泥を塗った」などとめった切りにして、こちらも大騒ぎを招いた。このときも自民党県議団はなす術もなく、事の収拾を図ったに過ぎない。

実力派の国会議員は皆無な理由

なぜ、静岡県議会がこれほどまでに弱体化しているのか?
 
その大きな理由は、他県に比べて、静岡県が非常に恵まれているからなのだろう。

年間を通じて温暖であり、駿河湾、浜名湖、伊豆の温泉地などとともに東名高速道路、新東名高速道路、新幹線の交通網が整備され、何よりも湧水に恵まれた「富士山」が企業誘致や観光業などで多大な利益をもたらしてきた。日本で最も恵まれた自治体と呼ばれている。

このため、歴代知事は中央政府への要望など必要性は非常に少なく、結果、県議会も大きなテーマを持たなかった。

5月19日からのG7広島サミット関連のニュースを見てみれば、それがはっきりとわかる。G7に合わせて15の閣僚会議を全国各地で開催しているが、静岡県は最初から蚊帳の外である。県民はそんなものと考えるかもしれないが、実際は自民党の国会議員、県会議員らの力がないから、静岡県内での閣僚会議を招致できなかったのだ。

静岡県内の国会議員を見れば、全国的に名前さえ知られていない議員ばかりだ。現大臣どころか経験者もほとんどいない。国会議員というバッジをつけていればそれで満足しているとしか思えない。
激しい物言いをする、京都出身の川勝知事に面会して、リニア問題で丁々発止、鋭い苦言を呈する実力派の国会議員は皆無だ。
 
今回、静岡市長となった難波喬司元副知事も岡山県出身で、川勝知事が個人的に招聘した。難波市長も同じく激しい物言いで、上から目線で職員たちに指示するはずである。それだけ、静岡県民はおとなしく、人が良いのである。
 
となると、川勝知事に負けない人材を探すしかない。

いまから川勝知事の対抗馬を探せ

ことし2月の静岡県議会で川勝知事の答弁(筆者撮影)

関連する投稿


難波静岡市長に騙されるな!リニアの“救世主”ではない、これだけの理由|小林一哉

難波静岡市長に騙されるな!リニアの“救世主”ではない、これだけの理由|小林一哉

リニア問題解決の“救世主”のように扱われて難波市長。 しかし、当事者たちからは新たな“厄介な存在”と警戒の声も。 難波市長の“真意”はいったいどこにあるのか。 地元記者が、難波市長のリニア妨害の“前科”を暴く!


川勝知事の“錯乱”ぶりがヤバすぎる!|小林一哉

川勝知事の“錯乱”ぶりがヤバすぎる!|小林一哉

2022年8月に『知事失格』が出版され、「命の水」の嘘が明らかになってから、川勝平太静岡県知事のリニア妨害はなりふり構わなくなってきている。 地元記者が、そのヤバすぎる錯乱ぶりを徹底レポート!


川勝知事の「欺瞞」から目覚めた大井川流域市町|小林一哉

川勝知事の「欺瞞」から目覚めた大井川流域市町|小林一哉

思い違いやトンデモ科学でリニア工事にイチャモンをつけ続ける川勝知事。 そんな川勝知事の欺瞞に、いよいよ気付き始めた人々が!


リニア妨害、川勝平太知事の新たな“難癖”|小林一哉(静岡新聞元記者)

リニア妨害、川勝平太知事の新たな“難癖”|小林一哉(静岡新聞元記者)

「62万人の『命の水』を守る」とリニア工事を妨害してきた川勝知事。地元記者・小林一哉氏が『知事失格』(飛鳥新社刊)で、その「命の水」の嘘を暴いたが、川勝知事は頬かむりを続けている。それどころか、リニア工事について、新たな“難癖”をつけて妨害する始末……。リニアは沿線都府県だけの問題ではなく、日本経済全体の問題。川勝知事のエゴで止めていいはずがない!


地元記者が暴く川勝平太静岡県知事の正体|小林一哉

地元記者が暴く川勝平太静岡県知事の正体|小林一哉

静岡県の川勝平太知事は、6月の知事選の期間中、富士市で開かれた集会で、「(静岡文化芸術大の学生は)8割ぐらい女の子。でも、11倍の倍率を通ってくるので、みんなきれい」などと女性蔑視とも受け取れる発言した。一応、川勝知事は記者団の取材に「撤回して謝罪する」と述べたが、川勝知事のトンデモ発言はこれだけではない! 地元記者として、川勝知事をウォッチしてきた筆者が、徹底追及!


最新の投稿


【赤いネットワークの闇】仁藤夢乃の師匠と〝西早稲田〟|池田良子

【赤いネットワークの闇】仁藤夢乃の師匠と〝西早稲田〟|池田良子

〝西早稲田〟をはじめとする赤いネットワークの危険を察知していた安倍元総理。だが、自民党議員の多くは無関心か無知である。北村晴男弁護士は言う。「詐欺師に一見して『悪い人』はいない。『いい人』だと思われなければ人を騙すことなどできないからだ」。(サムネイルは仁藤夢乃氏twitterより)


【ファクトチェック最前線「特別編」】共同親権の核心を〝報道しない自由〟|新田哲史

【ファクトチェック最前線「特別編」】共同親権の核心を〝報道しない自由〟|新田哲史

虚偽事実にしろ、偏向報道にしろ、オモテに出ている〝ファクト〟は検証しやすい。しかし世の中には、メディアが存在をひた隠しにするファクトも。ネットでは「報道しない自由」と揶揄するが、最近筆者がその対象になっていると感じるのが共同親権の問題だ。


親権制度はイギリスを見習え!|デービッド・アトキンソン

親権制度はイギリスを見習え!|デービッド・アトキンソン

後を絶たない実子誘拐の被害。どうすれば、止められるのか。 そのヒントは、イギリスの親権制度にあった!


【読書亡羊】必読、対中国「政治戦」の教科書を見逃すな!  ケリー・K・ガーシャネック著、鬼塚隆志監修、壁村正照訳『中国の政治戦 -「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略』(五月書房新社)

【読書亡羊】必読、対中国「政治戦」の教科書を見逃すな! ケリー・K・ガーシャネック著、鬼塚隆志監修、壁村正照訳『中国の政治戦 -「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略』(五月書房新社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


林外相に問う!  エマニュエル大使の「LGBT関連発言」は内政干渉ではないのか|和田政宗

林外相に問う! エマニュエル大使の「LGBT関連発言」は内政干渉ではないのか|和田政宗

我が国における法整備は、我が国の国民や国民から信託を受けた国会議員が決めることであり、外国から何かを言われて進めるものではない!(サムネイルは「アメリカ大使館・領事館 US Embassy Tokyo & Consulates in Japan」チャンネルより)