川勝知事の暴走を止められない静岡県議会|小林一哉

川勝知事の暴走を止められない静岡県議会|小林一哉

川勝理事の「命の水」を熱狂的に支持してきた共産党が、先の静岡県議選で県議会から消えた。しかし、まだ川勝知事の暴走を止めるにはいたらない。静岡県議会が弱体化している理由。


川勝県政は安泰に

自民党県議団をボコボコにした川勝知事の会見(静岡県庁、筆者撮影)

静岡県議会臨時会が2023年5月19日開かれ、新たな正副議長の下、常任委員会などの所属が決まり、新たな県議会がスタートする。

4月9日投開票の県議選で、最も注目を集めたのが、川勝平太・静岡県知事を支える第2会派「ふじのくに県民クラブ」の議席数だった。

今回、選挙前の17より1つ増えて18議席となった。この結果、今後2年間、よほどのことがない限り、川勝県政は安泰とみていい。つまり、県議会は川勝知事の暴走を止められないのだ。

2021年10月の参院静岡選挙区補欠選挙の応援演説で、川勝知事は、元・御殿場市長の自民党公認候補を揶揄して、「御殿場にはコシヒカリしかない」などと発言した。この発言が報道されると、御殿場市民はじめ県民の怒りを買い、御殿場市民を傷付けたとして、静岡県議会が問題にした。

「御殿場コシヒカリ」問題で、自民党県議団は、川勝知事の議会解散あるいは自身の失職かの選択を迫られる「不信任決議案」提出を目指した。

自民に加え、公明党県議団、一部無所属議員の計48人が賛同したが、ふじのくに県民クラブの壁を切り崩すことができず、68議席のうち、可決要件の4分の3、51人の賛成票を集めることができなかった。

大山鳴動したが、県議会は「辞職勧告決議案」を賛成多数で可決して終わった。決議に法的拘束力は一切なく、川勝知事は「陳謝して、反省する」と述べただけだった。
 
ただ「不信任決議案」が可決されても、自民党県議団は川勝知事に対抗する有力な候補を立てることはできなかっただろう。つまり、「不信任決議案」を目指したのも単なるパフォーマンスだった可能性がある。
 
新たな県議会で「不信任決議案」提出の事態になったとしても、ふじのくに県民クラブ18人、前回、反対に回った無所属議員1人の19人が反対票に回るはずである。「不信任決議案」成立の可能性は限りなく小さい。

県議会から消えた共産党

静岡県議選ポスター。共産党県議候補はあえなく落選した(静岡市内、筆者撮影)

関連する投稿


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


川勝知事の「嘘」の根源は静岡県庁の機能不全|小林一哉

川勝知事の「嘘」の根源は静岡県庁の機能不全|小林一哉

新年早々、川勝知事はリニア妨害宣言をし、リニアにとっては苦難の一年になるだろう。 なぜ、川勝知事は、平気で「嘘」を繰り返すのか――。


新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

「難航している南アルプスの自然、生態系の保全とリニアとの両立は2037年までに解決すればいい」 新年会見で、真っ向からリニア妨害に徹することを宣言した川勝知事。 しかも、JR東海側の発表を曲解し……。


岸田首相の「政治力」では、川勝知事に太刀打ちできない理由|小林一哉

岸田首相の「政治力」では、川勝知事に太刀打ちできない理由|小林一哉

パーティ券問題が自民党を揺るがし、自民党県議団は知事辞職に求める政局がらみの騒ぎを起こしている余裕がなくなってしまった。 しかし、それ以前に、岸田首相は、本気でリニアを進めようとしているのか……。


「リニア建設反対派と言われるのは明らかに誤解」と発言、川勝知事は“リニア推進派”だった!?|小林一哉

「リニア建設反対派と言われるのは明らかに誤解」と発言、川勝知事は“リニア推進派”だった!?|小林一哉

あらゆるごまかしと虚偽を並べ立てて、リニア妨害に徹している川勝知事が、まさかの「応援をしている」発言。この発言がいかに白々しいか、徹底批判!


最新の投稿


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されるニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!