【読書亡羊】「どうしてウクライナは降伏しないの?」という前にまずはこれを読もう 鶴岡路人『欧州戦争としてのウクライナ侵攻』(新潮選書)

【読書亡羊】「どうしてウクライナは降伏しないの?」という前にまずはこれを読もう 鶴岡路人『欧州戦争としてのウクライナ侵攻』(新潮選書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


三日で終わると言われながらの一年

三日で終わる、と言われながらひと月続き、半年が過ぎ、一年が経ったロシアのウクライナ侵攻。メディアでは節目を前に、改めて情勢を伝えるとともに、この一年を振り返り、今後の展望を分析する解説が報じられている。

しかし実際には、ロシアのウクライナ侵攻は2014年を起点として考えなければ、その実態は分からない。

そう指摘するのが、今回、取り上げる『欧州戦争としてのウクライナ侵攻』(新潮選書)だ。

筆者の鶴岡路人氏は慶應大学准教授で、欧州政治・国際安全保障を専門としている。この一年、さまざまなメディアで欧州政治から見るウクライナ情勢を解説してきた。本書はその「中間報告」だ。

ロシアのウクライナ侵攻に関してはさまざまな視点から、多くの記事や書籍が刊行されてきた。中でも本書は、今回の戦争を「欧州戦争」の視点から分析している。まさに「この視点からの解説が読みたかった!」という待ってましたの一冊なのだ。 

本書は、侵攻開始からその時々に書かれた解説を時系列的にまとめたものでありながら、それぞれのトピックが独立して読めるスタイルになっている。

それゆえに、頭から読めば「この頃は停戦協議もやっていたが、こういう経緯で破綻したんだな」「最初はウクライナ支援に及び腰だった欧州各国は、どのあたりから積極姿勢に転じたんだっけ?」という状況の変遷をつかめる。ロシア自身のスタンスの変遷をも抑えており、後出しの自己正当化を許さない。

さらにトピックごとに見ても特に論争になりやすいテーマを扱っており、例えば「ロシアがウクライナに攻め込んだのは、NATOの東方不拡大の約束を破ったからでしょ?」「プーチンの戦争か、ロシアの戦争か、政府と国民の関係について、どう考えればいいのか」など、迷った時には本書の該当部分を開けば判断材料となる解説に辿り着ける、というわけだ。

欧州戦争としてのウクライナ侵攻

明らかにプーチンのオウンゴール

侵攻開始一年の節目を前にした2023年2月22日、プーチン大統領は年次教書演説で〈ウクライナ紛争を煽り、拡大させ、犠牲者を増やした責任は、すべて西側エリート、そしてもちろん、キエフの現政権にある〉とし、侵攻の責任はロシアではなく、西側諸国とウクライナにあると断言した。

だが本書は、欧州が結束し、フィンランド・スウェーデンがNATO入りし、ウクライナが決定的に西側に立つことになったのは「ロシアにとってのオウンゴールというほかない」と断言する。

〈こうした事態を招いたのは、2014年のクリミア併合以降のロシアの行動であり、最終的には2022年2月以降のウクライナ侵略である〉

そもそもウクライナにしても、元は親露派の住民もいて、親露派の大統領が誕生してもいた。しかし〈200万もの人口を擁するクリミアと、ロシア(ロシアが支配する勢力)が占領したドネツク、ルハンシク両州の一部地域の人口200万名以上が、人口4300万名程度のウクライナから「切り離された」〉ことで、ウクライナの親露派が減り、親露派大統領が勝利する見通しがなくなり、さらに今回の侵攻でウクライナの「ロシア離れ」は決定的なものとなった。

それは西側の責任では全くない。〈プーチンは、自ら作り出した敵と戦っている〉という鶴岡氏の指摘は、プーチンにとって最も耳の痛いものに違いない。

関連する投稿


【読書亡羊】前代未聞! 北朝鮮アニメの全貌が明らかになるまさかの一冊  大江・留・丈二『北朝鮮アニメ大全――朝鮮民主主義人民共和国漫画映画史』(合同会社パブリブ)

【読書亡羊】前代未聞! 北朝鮮アニメの全貌が明らかになるまさかの一冊 大江・留・丈二『北朝鮮アニメ大全――朝鮮民主主義人民共和国漫画映画史』(合同会社パブリブ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】1200万人のアメリカ人が「トカゲ人間」を信じている マーク・カランスキー『大きな嘘とだまされたい人たち』(あすなろ書房)

【読書亡羊】1200万人のアメリカ人が「トカゲ人間」を信じている マーク・カランスキー『大きな嘘とだまされたい人たち』(あすなろ書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】戦国日本にやってきた「中国人ルポライター」の正体とは!? 上田信『戦国日本を見た中国人』(講談社選書メチエ)

【読書亡羊】戦国日本にやってきた「中国人ルポライター」の正体とは!? 上田信『戦国日本を見た中国人』(講談社選書メチエ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】河野大臣に勧めたい!? ソフトウェア設計「虎の巻」 倉貫義人『人が増えても早くならない』(技術評論社)

【読書亡羊】河野大臣に勧めたい!? ソフトウェア設計「虎の巻」 倉貫義人『人が増えても早くならない』(技術評論社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】いつの間にかロシアの宣伝マンになっている! 諜報国家・ロシアの思考回路とは  保坂三四郎著『諜報国家ロシア』(中公新書)

【読書亡羊】いつの間にかロシアの宣伝マンになっている! 諜報国家・ロシアの思考回路とは 保坂三四郎著『諜報国家ロシア』(中公新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


【レジェンド対談】出版界よ、もっと元気を出せ!|田中健五×木滑良久

【レジェンド対談】出版界よ、もっと元気を出せ!|田中健五×木滑良久

マガジンハウスで『BRUTUS』『POPEYE』などを創刊した名編集者・木滑良久さんが亡くなりました(2023年7月13日)。追悼として、『文藝春秋』で「田中角栄研究」を手掛けた田中健五さん(2022年5月7日逝去)との貴重な対談を『Hanada』プラスに特別公開! かつての出版界の破天荒さ、編集という仕事がどれだけおもしろいのか、そして木滑さんと田中さんがどのような編集者だったのかを知っていただければうれしいです。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


ロシア外務省から激烈な抗議|石井英俊

ロシア外務省から激烈な抗議|石井英俊

「日本は報復措置を覚悟しろ!」――ロシア外務省はなぜ「ロシア後の自由な民族フォーラム」に対して異常ともいえる激烈な反応を示したのか。


【今週のサンモニ】日本国民に対する卑劣なヘイトと差別|藤原かずえ

【今週のサンモニ】日本国民に対する卑劣なヘイトと差別|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週はやたらと「ヘイト」「差別」といった言葉が飛び交いました。


イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者|石井陽子

イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者|石井陽子

米史上最年少の共和党大統領候補者にいま全米の注目が注がれている。ビべック・ラマスワミ氏、38歳。彼はなぜこれほどまでに米国民を惹きつけるのか。政治のアウトサイダーが米大統領に就任するという「トランプの再来」はなるか。